記事一覧

UQmobile×Y!mobile比較~本当にお勧めなのはどっち?

熾烈なライバル関係が続く「UQmobile」と「Y!mobile」ですが、どちらかに決めなくてはならないとしたら、果たしてどっちなんでしょう…。

uqxsb002.jpg


「UQmobile」の「ぴったりプラン」「たっぷりプラン」と、Y!mobileの「スマホプランS」「スマホプランM」のサービス内容や料金がそっくりなので、ガチンコライバル…と言われていますが、細かく見て見ると以外に違いがあるんです。

今回は、そんな「UQmobile」と「Y!mobile」のどちらかを選ぶとしたらどっちなの?…にワタクシなりの答えを出しちゃおう!と思います。

え?答えは見えてる?

まあ、常々「UQmobile」推しを明言していますから、当然、「UQmobile」がいいですよ~という着地点になるんだろうな…と当ブログが初めてではない方は皆さんそう思うでしょう。

まあ、もしそうだとしても、細かく違いを見ておくのも一興かと思いますので、少しの間、駄文にお付き合いくださいませ(≧▽≦)




スポンサーリンク





意外に違うUQmobile×Y!mobile



「ぴったり・たっぷりプラン」と「スマホプランS・M」がそっくり…と言うのは誰もがパッと見で分かりますが、実はこれ、先行していたY!mobileに、UQmobileが寄せていったから故のライバル関係なんですね。

簡単にいってしまうと、顧客流出の止まらない「au」の流出先No.1が「Y!mnobile」だった…というところがそもそものスタートです。

ドコモやSoftnbankの大手キャリアどうしなら、打つ手もありますが、「Y!mobile」ってほとんど反則じゃないですか?(笑)

Softbank自体が運営しているクセに、料金は「格安」にしちゃった訳ですからねえ。

で、どうせ「au」以外に流出しちゃうなら、せめて「au」グループの「UQmobile」に留まって欲しいな…って事で、思い切りライバル意識むき出しのプランを出してきたって次第です(超端折っていますがだいたいそんな感じです^^;)。

だから似ているのは当たり前なんですが、見た目のそっくりさとは違って、中身は結構な違いがあるので見てゆくことにしましょう。


Y!mobile UQmobile
プラン(※1) スマホプランS/M(※2) ぴったり/たっぷり 通常プラン
料金1年目 1980/2980 1980/2980 1680
料金2年目 2980/3980 2980/3980 1680
月額平均 2480/3480 2480/3480 1680
データ容量 2G/6G 2G/6G 3G
縛り 2年 2年 1年
低速モード なし(※3) 300kbps 200kbps
切替アプリ なし あり あり
かけ放題 10分(※4) 5分(※5) なし
通話パック なし 60/120分(※6) なし
通話料 20円/30秒 20円/30秒 20円/30秒
VoLte 対応(無料) 対応(無料) 対応(無料)
セット端末 13機種(※7) 17機種(※7) 17機種(※7)
セット割引 あり あり なし
動作iPhonee 5s/6/6s/SE/7(※8) 5s/6/6s/SE(※9) 5s/6/6s/SE(※9)
動作iOS 10.0.2 10.2 10.2
iPhoneテザリング 不可

※1:掲載プランは全て音声プランです。
※2:スマホプランLもあります。
※3:任意で設定できる「低速モード」はありません。速度制限時の低速は128kbpsです。
※4:2017/02月より回数制限を撤廃
※5:2017/02月よりかけ放題開始
※6:2017/02月までは90/180分に増量中
※7:iPhone5s含む
※8:iOS10.1未対応のためApplePayは使用できません
※9:5sは自社販売端末のみ 「6」はSIMフリー/au版のみ なお、6/6s/7には各々「Plus」も含まれます。



Y!mobileは2年縛りのスマホプランS/M/Lのみですが、U!mobileは、2年縛りの「ぴったりプラン」「たっぷりプラン」と、1年縛りの通常プラン(データ高速+音声通話プラン)があります。

因みに、通常プランの「データ専用プラン」であれば、縛りはありません(最低利用期間なし・違約金なし)。


通話に関しては、2年縛りのプランには、「通話パック」や「かけ放題」の通話の割引プランが付属していますが、UQmobileの通常プランにはありません。

一見、通話をする場合は「通常プラン」は損に見えますが、通話時間によっては「通常プラン」の方がお得な場合もあります。

実は、「ぴったりプラン」の2年間の基本料の平均月額は2480円になり、通常プランとの差額は800円ありますので、月間の通話料金がこの差額未満であれば通常プランの方が安くなる計算なんです。

その差額分を「料金半額通話アプリ(10円/30秒)」などを利用してかけた場合、40分ぶんの通話パックが付属しているのと同じ感覚です。


通話料は、両社とも「20円/30秒」で、パックやかけ放題の上限を超えた場合に料金を安くする「通話アプリ」の用意はありません。

サードパーティの「G-Call」等の半額アプリを自分で用意する必要があります。

関連記事:『今オススメの通話サービスはコレ!~通話料節約


UQmobileのみに用意されている60/120分ぶんの「通話パック」は、通話回数は少ないが、1回の通話が長めの方には、5/10分かけ放題より重宝するかもしれません。

一方、10分間のかけ放題を提供するY!mobileは、仕事等で短めの通話を何回もかける方に向いているかもしれません。

用途によって、「通話パック」か、「かけ放題」か、「かけ放題」なら「5分」か「10分」か…をチョイスできます。


格安SIMにおいて、高速通信容量の節約に大きな効果を持つ「低速モード」は、Y!mobileには用意はありません。

キャリアであるY!mobileは、Softbank本体と同様な考えで、常に高速通信垂れ流しで、使い切ったら128kbpsに制限されますが、ベストエフォートですので、実際にはもっと遅い可能性大です。

関連記事:『Softbankの低速が惨い件~MVNOは低速運用が大事!


一方、MVNOであるUQmobileには「低速モード(節約モードと言います)」が用意されており、ぴったり/たっぷりプランの場合は低速時300kbps、通常プランの場合は200kbpsでの「低速モード」を任意で設定できます。

専用の切り替えアプリはUQmobileのみに用意されており、1タップで簡単に高速⇔低速を切替えられます。

関連記事:『低速モード活用~ちょっと差が付く低速300kbps


セット購入できる端末数は、両社とも同等数ですが、この秋から急速に充実度をましたUQmobileのセット端末は、新し目のものが多いようです。

両社とも、端末にはSIMロックがかかります。Y!mobileはキャリアなので当然ですが、UQmobileはMVNOでありながら一部機種とは言えSIMロックを施すのは違和感があります(UQmobileはSIMフリー端末もあります)。

関連記事:『UQmobile~SIMロック端末が判明した件

ただし、「Y!mobile」には「Android One」が用意されています。


セット購入時の端末割引については、両社とも用意されていますが、UQでは2年縛りプランでのみ割引が適用されます。

iPhoneに関しては、最新モデル「7」に対応しているのはY!mobileですが、iOS対応がが「10.0.2」まで(7sPLUS除く)です。

UQmobileは、「5s/6(Plus)/6s(Plus)/SE」のみの対応ですが、ドコモ回線以外の格安SIMで唯一、iPhoneでテザリングが可能です。

なお、UQmobileの「5s」は「UQ版」のみ、「6/6Plus」は「SIMフリー版」「au版」のみサポートとなり、いずれも専用SIMでの運用となります。




スポンサーリンク





UQmobile×Y!mobile 結局どっち?



こうして見て見ると、同じように見える両社のプランにも違いが多い事がわかりますね。

特に、「縛り期間」の問題や、「低速モード」の有無、「通話パック」の有無はちょっと気になる違いですよね。



Y!mobile

Y!mobileの強みは、キャリアありながら格安料金で利用できること…です。

キャリアでありながら…には、通信品質や速度の点で大きなアドバンテージを持っており、実際、ワタクシも利用者の1人として、その速度と品質の安定性に関しては文句のつけようがありません。

昼12時台でも平然と20Mbps超の速度をコンスタンとに出せるのは、さすがキャリア…と言わざるを得ません。

さらに、料金支払いを本人以外(=家族)にできる事などは、キャリアならでは…と言えるメリットかもしれません。


しかし一方で、Y!mobilleはキャリアならではの品質の良さと引き換えに、キャリアのデメリットも受け入れなくてはならない事を忘れてはいけません(≧▽≦)

「低速モード」「切替アプリ」がない事や、全プランが「2年縛り」のみである事などは、利用してゆく上で若干気になる事ではあります。


Y!mobile公式サイトはこちら





UQmobile

通信速度で言えば、今秋以降、非常に速度に関して安定してきておりY!mobileに遜色ない速度と安定性を見せています。

昼12時台を含め、Y!mobileに遜色ない速度を利用でき、非常に満足度が高いと言えます。

MVNOでありながら、この速度と安定性を維持できているのは驚異的だと思います。

この通信速度・品質を利用しない手はない…と思います。


プランでは「2年縛り」ではない通常プランの用意もあり、ワタクシのように「2年縛りこそが大手キャリアの象徴」ぐらいに思っている者にとっては、納得できるプランとなっています(笑)。

前述の通り、通話が多くないユーザーにとっては、「ぴったりプラン」との差額を通話料に充てることで、月間の通話時間合計が短い人にとっては、「ぴったりプラン」より料金を安く抑える事ができるのも大きなメリットです。

また、「ぴったり/たっぷりプラン」でも、Y!mobileにはない「通話パック」をチョイスできる事もメリットでしょう。

来年2月からは「5分かけ放題」サービスも開始になりますが、その際に、「通話パック」も廃止しなかったのは英断だとワタクシは内心拍手しています^^

さらに、ドコモ系以外では唯一、「テザリング」を可能としているのも選択理由としては大きいのかな…と思います。

キャリアに負けず劣らずの通信速度を生かして、出先でのパソコンやタブレット等をテザリング接続する事でその速度を一層生かす事ができます。

「iPhone7/7Plus」は現時点では正式サポートされていませんが、ワタクシの手元の実機+UQsimでは、テザリング以外の機能について支障なく利用できていますので、「7/7Plus」で利用できない…という事はないようです(あくまでワタクシ個人のレベルでの話ですが)。



UQmobile




最後にUQmobileについて1点。

現時点のUQmobileの公式サイトでは、「ぴったり/たっぷりプラン」の2年後はどうなるのか…とか、機種変更(端末追加購入)などの「将来」に関する記述がほとんどありません。

時々、「ぴったりプラン」は2年したら解約して再契約、あるいは電番を生かすなら他社へMNP…等というネガティブな噂話も散見されますが、ワタクシ自身はあまり心配していません。

auのサブキャリアだ…と言われ、auに非常に近いポジションにいるUQmobileがそのままな訳はない…とワタシは思っています。

近々のタイミングで何らかの対応がなされるのはないでしょうかねぇ(あくまで想像ですが…)^^

関連記事:『ぴったりプランの2年後を妄想してみる

家族名義の料金支払い(例えば配偶者や子供など)や、プラン変更、データ容量の大きなプランの導入など、まだまだ足りない部分が多い「UQmobile」ですが、早くそうした対応に踏み出して欲しいと思います。

2017年後半には「ぴったり/たっぷりプラン」で2年を迎えるユーザーが出てきますので、早ければ春、遅くとも夏過ぎまでには、何らかの対応を発表せざるを得ないと思うのですが…。

どんな対応になるのか、楽しみです^^



結局のところ、案の定、UQmobile推しに落ち着きそうですが、こうして細かく見て見ると、結局のところ「キャリアのメリットを取るか、キャリアのデメリットを捨てるか」って事になるのかもしれません。

キャリアのデメリットがデメリットと感じない方はY!mobileのキャリアっぽさが「選択基準」になるのでしょうし、ワタクシのようにキャリアぽさが嫌いな方は、UQmobileをチョイスする…と言うことになるのかもしれません。

速度面で言えば、「ユーザー数が少ないから当然だ」と言われて、サービスインから3ケ月経過した現在でも速度が低下していない「LINEモバイル」も、独自のカウントフリーとも相まって、気になる存在ではありますが、まだその速度に関しては未知数…というところもあり、現状はやはり「UQmobile」推し…と言う結論にしたいと思います(やっぱり~笑)^^;



ただ、いわゆる「ワンキュッパ」を選ぶ場合には、どこから乗り換えるのか…が問題になります。

初年1000円割引は、UQmobileもY!mobileも、同系列の通信会社からの乗換えでは適用されません。

つまり、UQmobileでは、au本体や、mineo/IIJのauプランがそれに当たりますし、Y!moboileの場合は、Softbank本体やYmobileの他社プラン(U-mobileプレミアム等)がこれに当たります。

ワンキュッパをチョイスする方は、初年1000円引きが大きな魅力だと思いますが、MNP元によっては適用されないので、注意が必要です。

もしアナタが、ドコモ系、Softbannk系のユーザーであれば、UQmobileをイチオシにしたいと思いますが、上記一覧表で、桃色のマスが最も多いのは、意外にもUQmobileの「通常プラン」だ…と言うのが面白いですね^^;



UQmobile
UQmobile


Y!mobile




関連記事

コメント

Ymobileは+1000円で時間無制限の完全通話し放題にできますが、UQはできませんね。kaz555さんはあまり通話されないとのことなので、無関係かと存じますが長電話を頻繁にされる方にとっては魅力的かもしれません。

Re: タイトルなし

こんばんわ>将軍さん

いつもご訪問&コメントありがとうございます。
昨日は、終日忙しくお返事が遅れまして申し訳ありませんでした。

> Ymobileは+1000円で時間無制限の完全通話し放題にできますが、UQはできませんね。kaz555さんはあまり通話されないとのことなので、無関係かと存じますが長電話を頻繁にされる方にとっては魅力的かもしれません。

2月からは回数制限も撤廃されますしねえ。
ただ、嫁に言わせると10分だと、なぜか必ず数分過ぎてしまう…といていました(笑)。
嫁は、UQの通話パックの方に魅力を感じているようです。

人それぞれ、使い方それぞれですね^^;
ま、どっちにしろワタクシにはぜっんぜん関係ないお話しです(≧▽≦)

コメントの投稿

※広告宣伝と思われるコメントは承認しませんのでご了承ください

検索フォーム

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーリンク

お勧め格安SIM&スマホ

お勧め格安SIM(2017.03月編) new!

■新登場!Softbank SIM «U-mobile S»
 管理人お試し中!
日本通信提供のSoftbank回線MVNOがU-mobileから登場!
U-mobileS契約・開通

■お勧め第1位 «UQmobile»
 管理人使用中!太鼓判!昼時ランチ検索も余裕でOK!
【UQ mobileご契約促進プログラム】格安スマホのUQモバイル
3/25~iPhoneSE発売!「ぴったり/おしゃべりプラン」で月額1,000円で現役iPhoneが買える!⇒「iPhoneSE
UQmobile記事一覧

■お勧め第2位 «Y!mobile»
 管理人使用中!太鼓判!昼時ランチ検索も余裕でOK!
3/25~iPhoneSE発売!32G/128G/4カラーから選べて月額1,000円から買える!⇒「iPhoneSE
Y!mobile記事一覧

■お勧め第3位 «IIJmio»
 管理人タイプA使用中!
IIJmio(みおふぉん)
技術力NO.1。リーダー的存在でMVNO業界を牽引!
IIJmioo記事一覧

■お勧め第4位 «LINEモバイル»
 管理人使用実績あり!昼時ランチ検索も余裕でOK!
ドコモ系ではダントツの通信速度とカウントフリー!
LINEモバイル記事一覧

■お勧め第5位 «mineo(マイネオ)»
 管理人使用実績あり
足りないパケット無料で貰える!?ユーザーフレンドリーNo.1
mineo記事一覧

お勧め格安SIM(2017.03月編) new!

応援お願いいたします!

ご訪問ありがとうございます!
宜しければ応援お願い致します
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安スマホへ
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ
次の記事への励みになります^^

お役立ちアイテム

通話料半額!

g-call_300x250.jpg
通話料半額!通話音質良好!通話料節約!
関連記事