2012/03/23

マツダ CX-5 ディーゼル試乗

JUGEMテーマ:マツダ


ディーゼル車の試乗の用意ができました…と、関東マツダから連絡がありましたので、
早速ディーラーに出向いて、試乗してきました。

先日のガソリン車に続き、今回は「本命」とも言えるディーゼル車の試乗です。
あらかじめお願いをしておき、高速を含め、じっくり試乗させて貰う許可を貰ってありました。


借り出したのは、鮮やかな赤色のデーゼル車。
グレードは、XD Lパッケージの2WD車です。

このグレードは、最上級車種で、何から何まで搭載された「全部入り」です^^

ちなみにLパッケージの内容は、「セーフティクルーズパッケージ」と「ディスチャージパッケージ」が一緒になっていて、さらに、オーディオにboseのサウンドシステムが組み込まれています。

セーフティパッケージは、スマート・シティ・ブレーキサポートとAT誤発進抑制制御、
クルーズコントロール、リア・ビークル・モニタリングシステムが含まれます。

ディスチャージパッケージは、雨滴感応ワイパー、オートライト、アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)、ディスチャージヘッドランプがセットになっています。

AFSは簡単に言うと、速度やステアの向きで、最適な光の方向に向けてくれる装置のようです^^;
(ちがったらごめんね~~^^;;)

Boseサウンドシステムは、あのBoseスピーカーが9つも使われているそうです^^



早速乗り込みます。

おぉ、シートは電動アシストです。
前回のガソリン車は手動でした。。。

前回は感じなかったのですが、今回は、シートが身体にフィットする感触が心地よかったです。
聞けば、シートの形状は同じ…らしいのですが・・・。

ダッシュ周りも、心なしか若干高級感が醸し出されていて、乗り込んだ際に受ける感じはかなり良い感じです。



そして発進。
ディーラーの敷地から一般道へ。

ガソリンエンジン車で感じた、出足の押さえつけられた感じはディーゼル車でも感じます。
エクストレイルとは、まったく性格が違って、正直もっさりしたイメージは今回も払拭できず・・・。

比較的早目の速度で流れている市街地道路に出ると、イメージは少し好転。
もっさりしているのは、1速の最初だけで、すぐにパワー感が出てきます。

この辺りは、ガソリン車とはまったく違いますね。
馬鹿みたいなトルクがモノを言っている感じですし、ターボもかなり低目から効きはじめます。



郊外の市街地道路から第三京浜(有料自動車専用道路)へ。

高速に乗ると、さらにイメージは好転しました。

ほんの少しアクセルに乗せた足に力を加えるだけで、するする・・・と加速します。
はっきりと「踏む」と、力感のある太い加速をしてくれて気持ちが良いです。

マニュアル操作にして、2速落としてからアクセルを踏み込んでみましたが、
車の挙動は安定したまま、グイグイと車速を上げて、ガソリン車と区別できない気持ちのよい加速を味合わせてくれました。

ただ、同じディーゼル車ということで比べると、エクストレイルの方が豪快な感じがします。
同時比較ではないので、エクスの方は記憶との比較になりますが、cx-5は気持ちよい加速を運転者に味合わせておきつつも、どこかで燃費を気にしている・・・そんな感じでしょうか。

エクスは、「行くんですか?では燃費はいいんですね?」的な感じ・・・というか^^¥¥



実際、ディーラーで受け取った際のドラコンの燃費表示は11.0km/Lだったのですが、第三京浜を港北インターから乗って、東京料金所(約11km)まで、ガンガン加速、減速、また加速…と繰り返した結果、10.6km/Lに落ちました。

落ちた…と書きましたが、エクスで同じことをしたら、たぶんこんな程度では済まないと思います。
実際、帰路は乗ったICより1つ手前まで(約7km)を、100km/H巡航での回転数を見るなど、巡航スタイルで戻ってきたところ、ディーラーに戻った時点で、12.5km/Hにまで上がっていました。

7kmの巡航と、普通に市街地走行をして、燃費表示が上がる・・・てすごいと思いました^^

この車、試乗に使われだしてから、高速道路も長距離(いつもはせいぜい2~3km)は初めてだったとのことで、燃費が最初の「11.0km/L」だったようですが、普通に乗れば、平均で14~15kmはいくのかな…と思える感じでした。

ネット上の記載を見ると、満タンで1000km以上の走行が可能…らしいので、そうすると、タンク容量は56Lですので、17.86km/Lの燃費でないと出ない数字です。

高速巡航なら、それもあながちいけちゃうんじゃない?と思えちゃいました♪


ちなみに、90km/H時の回転数は、1400回転ぐらい、100km/Hで1800回転ぐらいでした。
2000回転では、110km/Hを気持ち超えるぐらいの速度が出ていました。
エクスは、100km/Hで、2100回転ぐらいです。




ディーゼルというと、心配なのは「音」と「振動」だと思いますが、実際、エクスはまるでダメでした。
私の感覚からすると、街中の信号停止でのアイドリングのガラガラ音は、正直耐えられませんでした。

ところが、cx-5は、ディーゼルであることを意識しないで済んでしまいます。

さすがに、音楽を止めて耳を済ませてしまうと、ディーゼル特有の音は聞こえてきますが、軽く音楽をかけたり、助手席との会話の方に注意が向けば、忘れてしまうほど遮音はしっかりされていました。

振動もほとんどガソリン車と差がない程度に押さえ込まれているようでした。

エンジン音以外の遮音もしっかり施されているようです。
エクスを買って最初の雨天で、水溜りを走行した際に、後席の窓が開いているのかと思うほどの外部音の侵入に驚きましたが、cx-5では(試乗日はたまたま雨天)、そういう感じはなく、遮音に関する心配はないように思いました。



ガソリン車で、ステアリングの感じがなんだか曖昧??と感じたのですが、今回の車は19インチホィールを装着した、225/55R19タイヤだったせいか、ニュートラルもしっかり出ていて、ステアフィールがはっきりしている感じを受けました。



実は今年、エクストレイルの車検がある年です。

買い替えの下見や試乗の皮切りにcx-5が発売されたタイミングだったのですが、実は、買い換えるのは早くても、補助金の終わる来年1月か、三菱のハイブリッド、エクストレイルの新型車の様子を見てから。。。なんて思っていたのですが、一応、見積もりだけ出してもらったんですよね。。。

そうしたら、以外に手が届くかも・・・なんですよ、これが^^;;

預金の中から現金で100万円ほど頭金としてプラスすれば、今の支払い金額同等で買えちゃうみたいなんです。

元々、エクスは今回は車検を通して1年乗って売却・・・と思っていたのですが、ここまで手が届くなら、車検のお金を出して、ローン残債を支払うなら、同等金額で、しかも100%減税ですし、、、買い換えた方がいいのでは?なんて思い始めました。

それと、これはちょっとした情報なんですが、今マツダで提供している「残価設定ローン」の金利は、通常のローン金利より安いんです。1%。

なんだか、予期せぬうちに、条件が揃い始めていて、少々アセリ気味です^^;



買い換えるとなった場合、少々気になる点が2つあります。

1つは足回り。
エクスは最初、足回りの評判が良くて興味を持った車でした。
評判通り、しなやかでいい足だと感じながらこの3年、乗り続けてきました。

コレに対してcx-5は、かなりい硬めです。
特に街中で、マンホールや轍、段差など以外でも、ちょっとした裏面の荒れで身体が常に揺すられている感じです。

帰り道に感じたのですが、エクスは足回りで吸収して身体にはあまり振動が伝わってこないんですね。
それをどう判断するか・・・というのは大きいと思います。
街中で若干硬めの足は、高速走行になるとフラットでタイトないい感じの足に感じられるんで、余計に難しいところです。


もう1つは、外観。

エクスの、あの素っ頓狂な顔つきが好きなんですね^^
冒頭の画像の右奥に写っているエクス、かわいい顔ですよね♪

車自体もすごく気に入っています。
燃費以外に文句はないんです、エクスに。
一番売れたSUVだけあって、よくできた車だと思うんです。

だけど、車は一定のサイクルで乗り換えないと大変・・・というのも知っています。

気に入って、他の車が目に入らず11年乗ってしまったグラチェロ・・・。
どこのメーカーも下取りに取ってくれず、ガリバーだけが唯一10万円の値をつけてくれましたが、次の車の購入には、頭金など相当金額がかかって大変だった覚えがあるんです。

だから、今回車検を通しても、2度目の車検~つまり5年目までは乗らないと思うんですね。
つまり4年目での買い替えということになりますが、それなら、今のタイミングで、車検費用をかけないで下取り価格が高いうちに買い換えた方が得か・・・とか…。


低回転時のもっさりした感じも好きになれませんが、それは燃費のため…と割り切れば、納得できると思いますし、慣れの問題もあると思うんですよね。
今は、エクスが発進でググっと前に出るタイプなので、余計に感じるのかもしれません。




ちなみに、今注文しても納車は2~3ヶ月待ちだそうです。
なので、エクスの車検は7月ですが、今のタイミングで購入か、否かを決めなければならないんです^^;


どうしますかね~~、買いますかねぇ・・・。
色々考えてしまうのです^^


いずれにしても、早めに買い取り店を呼んで査定して貰わねば・・・^^


+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + 
■撮影

 カメラ: iPhone4s

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + 


にほんブログ村 車ブログ マツダへ 人気ブログランキングへ
 Please Click me!!



≪スロットアプリ/恋愛ゲーム/萌えゲーム/他≫





関連記事
2012/02/25

マツダ cx-5 試乗

 

先週木曜日に発売になった、マツダcx-5に試乗してきました。
試乗の際に感じたことなど、書いてみたいと思います。

あくまで私個人の感覚・感想なので、ご理解のうえお読み下さいね~~^^



cx-5は、今話題のスカイアクティブ搭載の初のSUVです。

ハイブリッドじゃないエコカーってことで、嫌が上にも前評判は盛り上がるってもんです。

今回、試乗できたのは、2000ccガソリン車です。
本来の主役たるディーゼル車は、来月中旬にならないと試乗車がないとのことで、今日は、ガソリン車のみ、乗らせて貰いました。

フロントからの外観は画像の通り。
グレードは、下から2番目の、かなりベーシックなグレードらしいですが、うっかり正確なグレードを確認し忘れました^^;;

室内は黒ベースでシックな感じですが、内装は、そんなに高級という感じはなく、逆にどちらかというと必要十分~どちらかというと質素な感じを受けました。



まずはエンジン始動。。。。
「ん?何この音?」と、まず同乗の担当者に聞きました。
モーターが唸るような音がエンジンから・・・。多少温まると消えました。

始動は、ブレーキを踏んでセルボタンを押すという動作。
エクストレイルのシリンダーを回すようなやり方になれていると、ボタン式は車の始動っぽくなくて、なんだか心もとない感じです^^;
始動自体は、特に気難しいこともなく、普通に始動しました。

ディーラーの敷地の前は、そこそこ巡航している郊外の幹線道路です。
(ご存知の方は、港北ニュータウンの関東マツダの前の道のあの道です^^)

道路へ出て、まずは普通に加速してみましたが・・・またしてもあの音が・・・。
1速、2速の間は、ずっとモーター音のような音がしています。
3速で少し小さくなり、4速で聞こえなくなりました。

いったい何の音でしょうね^^;



しかし、問題は音ではありませんでした。

加速、にぶ!
どう表現したらいいですかね。。。
エンジンの回転を無理やり何かが抑えつけているような、ふけの悪い感じです。



今乗っているエクストレイルは、回りたがるエンジンを、抑え抑えで走っている感覚なのですが、cx-5はまるで逆の感じ・・・。非力感を伴って、回らないエンジンをアクセル開度で無理に加速させるような感じって言ったらいいでしょうか。

その非力感は、1速から、3毒ぐらいまで続きます。
前が開けて、先行車がいない状況で気持ち踏み込むと、途端に元気になってエンジンも回り始める感じですが、エコを意識して押さえ気味で走ろうとすると、力のない活気のないエンジンになってしまうようでした。



信号からの発進では、60km/hぐらいまでの、ごく普通の加速(アクセル開度)で5速までシフトアップしていました。
前が詰まったので、アクセルをパーシャルにすると、1速落とし、今度は前が空いたので、気持ち加速すると、今度はまたすぐに1速上げる・・・
といった具合で、頻繁なシフトの上下が忙しなく感じました。

以前、cx-7を試乗した際に、街中で頻繁なシフトチェンジでギクシャクしたことがあって、それを試乗前に担当者に尋ねたところ、アクセラ以降、新型シフトに変更になり進化しているので、そういうことはありません…って言ってましたが、やはり印象は同じでした。

今乗っているエクスがCVTだからかもしれませんが、妙にシフトショックを身体に感じました。



身体に感じる…と言えば、もう一つ。
「i-Stop」

いわゆるアイドリングストップと言われる機能で、停車中の燃料の消費を抑えよう…という仕組みですが、これがまた神経質・・・。

まず不思議なのは、減速して停止した状態ではアイドリングストップしないってことです。

誰もがそうする…と思うのですが、停車する時って、停止直前にブレーキを緩めて、最後の停止ショックを和らげますでしょ?
それでも、ブレーキを放したわけではないので、車は停止しますが、cx-5はその状態だと、エンジン停止しないんです。停止してから、さらにブレーキを踏み込まないとエンジン停止しません。

試乗だから大した回数ではないですが、日々乗った際に、信号でいちいちブレーキを踏み込まなければいけないのは、疲れるんじゃないかなぁ・・・と思いました。



i-Stopの文句は、まだあります。

停止してから、ブレーキを踏み込んでやっとエンジン停止したとしても、その足がほんの少し動くだけで再始動しちゃうんです。

短い試乗で、信号ごとに予期せぬ再始動を何度も経験しました。これでは、燃料消費を抑えるために、運転者はかなり神経を使わなければならない感じですし、停止中に、ブレーキを踏み込んでいる足が疲れてしまいそうです。

アイドリングストップは、以前、日産マーチでも経験していますが、停止時に踏み込むなんてことは必要なかったように思いますし、予期せぬ再始動もなかったように記憶しています。



実は、まだあります。i-Stopへの文句^^;

再始動時の振動が大きくて、思い切り身体に感じます。

前出のマーチの時は、同乗の担当者に「あれ、今、かかった?」と尋ねたことがあり、それだけ、再始動の振動がなかったことになるのですが、cx-5は始動のタイミングも少し遅い気がしますし、始動の振動がはっきり分かります。

エンジンの大きさにも関係するのかもしれませんが、アイドリングストップの存在を感知し過ぎる感じがあまり好きになれませんでした。



乗り心地は、硬めでした。
街中では常にコツコツ感が伝わっていて、身体がいつも揺すられている感じでした。

エクスは、ザックスのダンパー含む足回りの評判が、購入決定の理由の一つでしたが、それと比べると、少々子供っぽい味付けに感じました。

ただ、高速だとフラットなのかなぁ~と思うような硬さなので、不快だということではありません。
また、強めのブレーキを踏んだ際のノーズダイブは少なめでした。



これは奥さんの指摘ですが、カップホルダーが少ない…とのことでした。

エクスは、運転席・助手席にそれぞれ3箇所のカップホルダーがあって、内、1つはエアコンの風で温冷機能付きですが、cx-5は、各1箇所しかありませんでした。



後席や、荷室なども見ようと思いましたが、さすがに話題の新型車で、試乗を終えて戻ったら、次の試乗希望の方が待っていたので、見ることができませんでした。

冒頭の写真1枚撮るのがやっとでした。



私的な総評としては、燃費以外で、エクスより良いと思う部分は、残念ながらありませんでした。


担当者の話しでは、2Lガソリンの実燃費は、11~12km/Lとのこと・・・。
今、エクスの平均燃費は、メーター内表示で、10.9km/Lですので、実燃費は、平均で10kmぐらいかな…と思っています。


だとすると、勝っているはずの燃費でも、1~2kmしか違わないので、250万前後のお金を出して、エクスをcx-5に乗り換える気にはなりません。



もっとも、今回のcx-5の主役は、ディーゼルなのでしょうから、これを待たずに結論は出せないですね。
いい話しばかり聞こえてきます^^
最大トルク42kgとか、広島から神奈川まで無給油で陸送された…とか。。。
高速が気持ちいいとか、室内にはあまりガラガラ音が侵入しない…とか。。。


以前、5200ccのグラチェロに11年乗っていたので、大トルク車の良さは十分知っています。グラチェロはいじっていたので、50kg以上の馬鹿トルクでしたが、42kgでも相当にすごそうですもんね。

それに、エクスのディーゼル車にも試乗していて、日産ディーラーの好意で、高速走行もさせて貰っていますが、ディーゼルとは思えないフケのよいエンジンで、豪快に加速するのが印象的でしたし、高速巡航もフラットで余裕がありました。
街中でのガラガラ音がなかったら欲しかった車です。

なので、cx-5のクリーンディーゼルにも期待できる…というのは頷けます。



広島~神奈川、1200kmを無給油というのも魅力ですね・・・。
毎年2回帰省する奈良の実家、無給油で往復できたらすごいですけどねぇ^^
しかも、軽油はガソリンより若干安いので、トータルの燃料費はかなり差が付きそうですしね。



今回のガソリン車は、ちょっと残念な感じでした。
前評判に踊らされて、期待しすぎたのかもしれません。

是非、ディーゼルに期待したいところです^^


+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + 
■撮影

 カメラ: iPhone4s

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + 


にほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへ にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ 人気ブログランキングへ
 Please Click me!!



≪スロットアプリ/恋愛ゲーム/萌えゲーム/他≫




関連記事