2009/06/04

Canon Power Shot D10

キャノンのPower Shot D10をゲットしました^-^v




6/1は私の誕生日だったのですが、そのプレゼントに奥さんにお願いしたんです♪

購入は自分でネット上で探して、代金だけ貰う…というちょっと夢のない、 でも、一番、現実的で欲しいものが手に入るやり方…デス^^;;

スポンサーリンク

さて…。

私のデジカメの選択理由というか、基準は少しイレギュラーかもしれません。

まずは、「防水」であること。

生活防水ではなく、暴雨の中や、水中でも防水されなくてはなりません。



次に「手ブレ補正機能」。
これまでのPentax Optio W10には手ブレ補正機能がなく、 特に室内等の光量の少ない状況ではブレまくっていたからです。



次は「AF補助光」。

暗闇でも自分で光を出して焦点を合わせる機能です。 すそパのナイターでは、下池最奥の暗闇にいることが多いので、 ちょっと特殊機能ですが、私にとっては必需機能なんです。



これらの3つの、「どうしてもハズせない機能」を併せ持っているのは、 このPower Shot D10と、パナソニックのDMC-FT1でした。

防水といえば、オリンパスであり、ペンタックスでしたが、 このメーカーとも、3つの条件を満たしていませんでした。



IMGP2532_20090603143616.jpg IMGP2533.jpg
本日、午前中に届きました^^





このPower Shot D10は、外観に特徴があります。

「薄型コンパクト」じゃないデザインで、レンズが飛び出しています。

本体の厚みもかなりあり、ポケットにすっぽり…ってタイプじゃないですね。



IMGP2536_20090603144025.jpg IMGP2537.jpg

IMGP2538.jpg





またこのPower Shot D10は、外装のカラーを交換できるんです。

4種類のカバーが付属していて、ネジ2本で簡単に交換できます。

色によって、結構、印象が変わりますね。

オレンジも綺麗だし、迷彩好きとしては迷彩もハズせません。



裏面はこんな感じ。

IMGP2535.jpg





また、携帯に便利なストラップも何種類か付属しています。

IMGP2539.jpg IMGP2540.jpg

ポーチのようなもの、ショルダーストラップ、カラビナストラップ…。



IMGP2541.jpg

ラビナストラップを装着して、ポーチに入れようかな…と思っています。

この辺は、実際に使ってみないと、何が便利で、何が不便かは分かりませんね。




パワースィッチを押した際の立ち上がりは早いと思います。

過去のIXY200、OptioW10と比べるとかなり早いと思います。

でも立ち上がりの早さは、奥さんのソニーのデジカメの方がもっと早い感じです。

フロントカバーを下げると、それでもうスタンバイなので…(あの方式は好きですねえ)。




ちなみに、OptioW10と、Power Shot D-10、それにIXY200の実際の重量は…

IMG_0015.jpg IMGP2550.jpg IMG_0016.jpg

157g/211g/229gでした。




まだ手元に来たばかりなので、使いこなしていないですけれど、1つ気づいたのは、 ズームボタンが、Optioは、右側が望遠、左側がワイドだったんですが、 D-10は、各々独立したボタンなんですが、右にワイド、左に望遠なんですね。

短い間の撮影でしたが、間違えること再三でした。慣れが必要です^^;;

スポンサーリンク

庭の花を撮影してみました。

以下全て、左:OPTIO W10、右:Power Shot D10です。

できるだけ同じアングルで同じものを撮影してみました。

IMGP2548.jpg IMG_0008.jpg IMGP2546.jpg IMG_0004.jpg IMGP2544.jpg IMG_0003.jpg

如何でしょう?



私はカメラには全く詳しくないので、カメラの機能・性能を発揮させているか疑問ですが、

それでも、Optioの画像は、くっきりはっきりしている印象が強いですね。

D-10は、若干、寄った画像でピントが甘いというか、くっきりしていない印象じゃないですか?



レンズが明るい…っていうのもあると思います。

どの画像も、Power Shot D10の方が明るいですもんね。





では、こちらはどうでしょう。
IMGP2549.jpg IMG_0009.jpg IMG_0013_20090603154916.jpg IMG_0014.jpg

上の左は、Optioです。

上の右は、Power Shot D10のオートそのままで撮影したもの。

下の左は、Power Shot D10の「カラー選択」を、「くっきりカラー」に変更したもの。

下の右は、「くっきりカラー」プラス、「露出」をメモリ3つ分マイナスにしたものです。




右下がいいですよね。

クチナシの白い花びらも、飛びが少なく輪郭が出るようになっていますし、 他のD10画像と比べて落ち着いているように思います。



左上、右下の画像であれば、私はOptioの方が見やすくて好きですが、 右下だと、D10の方がいい感じがします。

私の好みの設定はコレかな。
(ナイターなんかだと、また違うのかもしれませんが)




次回、すそパのナイターにOptioと両方を持ち込んで、できれば画像を比較したいと思います。

Power Shot D10には、AF補助光がついているので、真っ暗闇でも「パンフォーカス」ではなく、 ちゃんとフォーカスできた画像を撮影することができます^^

それにしても、デジカメってたまっちゃいますね^^;;

IXYは防水でもないし200万画素なので使い道はなさそうですけれど、 OptioW10の方は、まだまだ充分、現役で使えそうです…^^;;

スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント