2015/09/30

便利さ体感!! iPhone6s 3D Touch編

「iPhone6s」が手元に届いて5日目、使い慣れるにしたがって、徐々にその便利さがわかってきました^^

特に、新搭載の「3D Touch」機能は、使い勝手の面で、大きな変化をもたらしたように思います。

3dtouch_03.jpg



どうも。


先ほど、ツクツクボウシが庭木に来て鳴き始めて驚きました。


ずいぶんと耐寒性能の高いセミだ…と感心してしまいました^^





さて、iPhone6sが届いて今日で5日目になります。


「6」と「6s」は、外見的にはほとんど変化がないので、ちょっとしたマイナーチェンジ程度に思ってしまう側面がありますが、手元に届いてから日を追うごとに、その使い勝手や機能・性能が向上していることを実感しています。


特に新搭載になった「3D Touch」については、そう目立つ存在ではないものの、使用に当たっては随所でその便利さを発揮してくれています。


その機能の全てを使いきれているわけではありませんが、今日は、新しいiPhoneの「3D Touch」の便利さ、使い勝手の良さをご紹介してようと思います。


説明に使う画像の一部に、ワタクシのショボい手が出てきますがご容赦を(笑)。






受信したメールの操作に関して、「3D Touch」が使い勝手を向上させています。



まずは、触るだけの深さで気持ち長押し。


その場合は、「開く・リーディングリストに追加・コピー」のメニューが現れます。

3dtouch_mail_01.jpg

これは、少しデザインが変わりましたが今まで通り。





少し強く押すとリンク先のページがポップアップ式に現れます。


ここからが今までにない機能。

3dtouch_mail_02.jpg

写真で親指の場所が、メールにURLが記載されていた場所です。
(つまりURLをタップし、そのまま押し込むと、こういうポップアップが出る…って訳です)


Appleでは、これを「Peek(のぞき見)」と称しています。


いちいちSafariで開かなくても内容が確認できるので、それで事済むケーズも少なくないので便利です。




そして、「Peek」の状態から、さらに強く押し込むと、URLの場合は実際にWEBにアクセスします。


これを、Appleでは「Pop」と称しています。







上記の例では、メールに記載されたURLでの動作ですけれど、これは、メール一覧でも同様の動作をします。


受信メールの一覧のうちの1つを少し押し込むと、メールの中身が「のぞき見」でき、指を放せば一覧に戻ります。


メールの全てが重要ってわけではなので、メール本文を「のぞき見」すれば、それだけで用が足りてしまうこともしばしばです。


ポップアップで、左にスライドすれば「削除」、右にスライドすれば「未開封」となります。


つまり、中身をチラ見して、必要ないものは一連の動作で削除できてしまうんです。


これ、本当に便利です^^





なーんだそれだけの事か…


と思われるかもしれません。実は私も最初そうでした。


あれば便利かもしれないけれど、なくても問題ないでしょ…って。


でも、日々使ってゆく中で、大した要件でないメールはたくさんありますし、ロクでもないURLを載せてくるメールも数え切れません。


それをいちいちメール本文や、WEBを開いて、閉じて…をしなくても、軽く押し込むだけで内容が把握できるのは、実にありがたい機能であることに気づきます。





以上のような「Peek」と「Pop」の動作は、Safari上でも動作します。


WEBページ内のリンクを軽く押し込めば(「Peek」)、飛び先のページをチラ見することができます。


実際にアクセスしたいページなら、さらに押し込めばいいし、必要なければ指を放せば戻ります。



また、写真でも同じ動作をします。


冒頭の写真は、「すべての写真」一覧から、1枚の画像を押し込んだ状態です。


軽く押し込むことで画像をポップアップさせて確認することができます。





リンクから別のWEBやアプリへ移動した際に戻る場合にも便利になりました^^


従来なら、ホームボタンを2回押してアプリを切り替えていましたが、「6s」では、液晶の左端を軽く押し込むことで、ホームボタン2回押しと同じ動作をします。

3dtouch_02.jpg

親指で押している左端の部分に、「しおり」のように、使った複数のアプリが重なっているのが見えています。


この状態から右へ指を動かせば、アプリの選択ができます。

3dtouch_01.jpg

こちらもデザイン変更~1枚づつではなく、重なった状態で出てきます。


現れるアプリから目的のものを選んだり、アプリを閉じるのは今まで通りです。


もちろん、従来のホームボタン2回押しでも同じ動作をします。





ちなみに、これまでなかった機能として

link_01.jpg link_02.jpg

左上に、移動してくる前のアプリへ「戻る」が表示されるようになり、ここからも戻ることができます。



ただし、私のように「左手方手持ち」を基本で使う方は、そこまで指が届きませんけれど、ホームボタンに2回触れることで画面を半分降ろせばタップすることができます。


でも、それじゃ動作が増えてしまいますから、やはり、液晶左端をぐっと押し込む方が簡素な動作…と言えると思います。


また、こう方法で戻ると、メールからのURLアクセスの場合、メールの元の位置(URL記載の位置)に戻らず、メール冒頭に戻ってしまうのが残念なところです^^;


メールの元の位置に戻る…というのは、細かいけれど、iPhoneの使い勝手の良さの1つだと思うので、これはちょっと残念ですね^^;






世の中的に「6s」は、「6」と大差ない…的な受け止められ方をしている感がありますが、私的には、目立たないけれどかなり便利さや、動作の簡素化という面で進化したように感じています。


ボディカラー(ピンクゴールド追加)や、カメラの画素数の増加などがクローズアップされていますけれど、「6s」の肝は、「3S Touch」と、間髪入れずに反応する指紋認証かな…と思います。


特に「3D Touch」がもたらす新たな操作方法は、今後の大きな流れになるような気がしています。


また、使ってゆく中で感じたこと、記事にしたいと思います。



にほんブログ村 車ブログ マツダへ
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

宜しければ応援お願いいたします



関連記事

コメント

非公開コメント