素人目線のスマホライフ 格安SIM篇 > iPhone6・iPhone5s SIMロック解除 > 「iPhone6」の実質費用が月額2700円だった件

2015/10/12

「iPhone6」の実質費用が月額2700円だった件

先ごろ、「iPhone6s」を購入し、それまで使用していた「iPhone6」はオークションで売りに出しました。

1週間の出品の結果、無事に落札され、新たな持ち主のところへ旅立ってゆきました。

iphone6s_001.jpg



どうも。


年食ってるクセに、モノを擬人化するところがあって、1年間使用した「iPhone6」が新しい持ち主の元へ旅立っていったのが妙に寂しいワタクシです^^;





「iPhone」を持たない理由の1つによく聞くのが、「iPhoneは高いから」というのがあります。


確かに、世界的に見てもAndroidは普及品であり、iPhoneは高級品の位置づけです。


しかし、日本は世界でも珍しいiPhoneを、Androidと同等の価格で購入できる国です。


AppleのSIMフリーだと、さすがに同等…というわけにはゆきませんが…。





私の「iPhone6」は、発売直後に購入したので、67800円でした。


最初は安かったんですよねー^^;


円安って、大企業にはいいかもしれないけど、外国製品を購入する際には困りますね…




その後、円安の影響等で、2度の値上げが行われましたが、私は、最初の価格で購入することができました。


これにアップルケア(9700円)を付けて、消費財上乗せでトータル83,376円を支払いました。

iphone6_order.jpg




昨年9月に予約し、商品が到着したのは10月になってからでした。


そして今回「iPhone6s」を購入し、旧「iPhone6」をオークションに出品~落札されたのは今年の10月でしたので、実質的な使用期間は、ちょうど12か月ということになります。





オークションに出品した「iPhone6」は、私が思っていたより少し少ない金額で落札されてしまいました^^;


金額は、送料、消費税なしの51,000円でした。


私的には、55,000~57,000円ぐらいになるかなーなどと、期待も込めて待っていたんですが、ちょっと残念な結果になってしまいました。


オークションは出品のタイミングや、商品説明の書き方などで数千円は普通に違ってきますので、もう少し、小技(少ない料金を払って目立たせるオプションを買うなど)等で目立たせれば良かったか?と少々反省です^^;


まあ、でもそれは贅沢ですね。いくらiPhoneだとはいえ、1年使った中古端末がそんなに高額で落札されるなんて^^;


すでに落札者さんに入金も頂いて、商品も発送済で、取引を終了しています。





さて、ここで実質的な1年間使用に要した「iPhone6」購入のための費用を算出してみると…


83,376円-51000円=32,376円となり、12か月割りにすると、2,698円/月となり、約2,700円だったことがわかります。


さらに、アップルケアを除いた端末代金のみで考えると、


73,224(67800円+税)-51000=22,224円となり、月額換算すると、1,852円だったことになります。



冒頭で、iPhoneは高い…という話しを書きましたが、この月額で端末をリセールできるもの、逆にiPhoneならでは…ではないでしょうか。





Appleが「アップグレード・プログラム」の導入を開始し、米本国で「iPhone6s 16G」が32ドルだそうです。


日本でも同価格レベルで導入されると仮定し、為替120円レートで換算すると、3840円になり、今回、私の購入金額と旧端末のリセール額との差額の方が小さい…という結果になりました^^


つまり、「iPhone」の中古端末の価値というのは、非常に高いという事であり、これは裏を返せば、購入時に高い買い物であっても、再販して差し引きすると、実質的な使用期間の購入額は意外に小さくなる…ということです。
(もちろんオークションでの再販価格が必ずしも望むような金額にならないケースもあると思いますが)


(注)

ただし、実際の「アップグレード・プログラム」は、上記の比較とは少しニュアンスが異なります。


というのは、「アップグレード・プログラム」は、端末の購入金額と、旧端末の再販価格を差し引きするのではなく、新たな端末との交換を前提に、月額32ドルな訳ですから、今回の私の事例で言えば、「iPhone6s」の購入金額106,704円(アップルケアなし、税込み)と差し引きする形です。


それをすると、差額は55,704円となり、月額換算では4,642円となるので、前回記事でも触れたようにアップルの「アップグレード・プログラム」はかなり費用負担を抑えられる仕組みだと思います。





ま、現時点で日本にはアップルの「アップグレード・プログラム」はありませんので、あくまでも、1つの端末の買値と売値の差額の月額割り…という意味で、約2,700円という金額を導き出していますので誤解なきよう…^^



そんな訳で、再販を検討するならば、iPhoneは決して高額な負担を強いられない…そんな結論で結びたいと思います。


※以上は、あくまで私の考えでの「負担額」の算出です。





にほんブログ村 車ブログ マツダへ

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

宜しければ応援お願いいたします



関連記事

コメント

非公開コメント