2015/10/17

CX-5 2000km走行時の平均燃費が15.6km/Lだった件

2015年式CX-5を購入して3か月、2000km超を走行しました。今回の給油でわずかに6回目、燃費の良さが給油頻度を下げていますね^^

nenpi_002.jpg



気に入っています、CX-5。


従来型2012年式に乗っていた頃でも、特に不満はなかったですし、燃費についても満足していました。

だから、車検の時期が近づいていても、新型を買おう…とは思っていなかったんです。

でも、新しく出たCX-3に興味~どんな車なんだろう~で乗ってみて、その比較に新型CX-5にも乗ってみて、それで一気に買い替えへ気持ちが動きました^^

ほとんど違うクルマみたいでした。

外見こそ大きな違いは見られず、乗り込んでみても若干の違いに目がいくのみで、特に新鮮さはなかったのですが、ギアをドライブに入れて、アクセルを踏んだ瞬間に、まったくの別モノだと思いました。

2012年式CX-5の下取りが思いのほか良かった(200万円超)こともあって、話しはトントン拍子に買い替えへと進み、車検満了日の2週間前を切るタイミングでの注文となりました。

白ボディに、白内装を注文したせいで実車がなく、注文生産みたくなって、車検日当日ギリギリの納車で我が家にやってきた2015年式CX-5。

スポンサーリンク

さてそんなCX-5ですが、納車からおよそ2か月かかって、やっと2000kmを走破したので、トータル燃費を確認してみようと思いました。

nenpi_001.jpg

15.1km/L。

あれ?でもこれって現在の燃料タンクに入っている分の燃費だよね…、ありり?




ワタクシ、基本的に取説の類は読まない人でして、さらに言えば、今回は、2012年式→2015年式の乗り換えだったものですから、まったく取説を開いたことがなかったのです^^;

今回、平均燃費が知りたくて、初めて取説を読んでみたんですが、な、なんと、トリップAをリセットすると、燃費計算もリセットされるんですって(@@)

あちゃー、やっちゃいました。

車載燃費計は、もうこの車の乗りだしからの平均燃費は計測・表示できないんですね^^;




これでは、この記事の主旨も全然違がっちゃいます。

本当は「車載燃費計による2000km走行時点での平均燃費」という記事を書きたかったんですよね。

案外、車載の燃費計も信憑性がありますね…的な(笑)。

でも、表示されている数値を使うと、5回目の給油時の満タン燃費…になってしまいます。




仕方がないので、手計算でメモした記録を使って書くしかありません^^;
(記録しといてよかった^^)

以下は、走行距離÷給油量で手計算で算出した「実燃費」です。

・2回目給油時(1回目の給油分)の燃費・・・・14.26km/L

・3回目給油時(2回目の給油分)の燃費・・・・14.38km/L

・4回目給油時(3回目の給油分)の燃費・・・・18.42km/L

・5回目給油時(4回目の給油分)の燃費・・・・15.86km/L

・6回目給油時(5回目の給油分)の燃費・・・・15.07km/L



最初の1~2回は、ほとんどが街乗りで、長距離は川崎~三浦程度の短い距離のドライブのみでした。

3回目給油分の燃費が良かったのは、関西までの帰省で片道460kmと市街地をほんの少し走っただけだったので、非常によい燃費が記録されました。

途中、東名阪と西名阪の間に、アップダウンのきつい国道(高速みたいな一般道^^;)が挟まるので、若干燃費の悪化があったかもしれません。

4回目給油分も関西から同じルートで復路460kmを走っていますが、他に、燃料いっぱいまで市街地走行をしています。

ちなみに、復路の西名阪~西名阪国道~東名阪~東名高速の車載燃費計は、横浜青葉IC到着時点で「19.5km」を表示していました。

このとき、往路と同じく途中の一般道も通りましたが、高速では交通量が多く、90km/Hでオートクルーズ設定し、先行車に追従する形で、平均車速80~90km/Hで走行して帰ってきていますので、燃費が伸びたものと思います。




余談ですが、この「19.5km/L」の表示に関しては、カタログデータよりいい燃費なんてどうなの?と、内心ほとんど信用しておらず、何割か割り引いて考えないと…と思っていました。

でもその後、数日を街乗り(買い物や送迎)で使用して給油した際には、車載では「15.9km/L」を表示していましたが、給油量と走行距離から実燃費を計算してみると、なんと「15.86km/L」だったんです。

その差、わずか「0.04km/L」!

車載の燃費計、案外精度が高いのかもしれません。






5回目給油分は、自宅川崎から伊豆まで、一般道主体でドライブにいった分の燃費になります。

川崎~第三京浜~横浜新道~一般道~西湘バイパス~一般道(135号線)~伊東のルートで、信号や渋滞でのストップ&ゴーもありますし、70~80km/H程度で流す有料道路も含まれます。



CX-5の燃費は、走行条件や運転にも左右されますが、高速燃費は100km/Hまで出すと、燃費は悪化します。基本的に80km/Hぐらいが最も良い燃費を出すようですが、それはあまり現実的ではないので、私的には90km/Hでオートクルーズをセットすることが多いです。

また、箱根などで気持ちよく走り抜けてしまうと、当然ですが燃費は全く期待できません(笑)。

トルクがあり、ディーゼルとしてはよく回るので、楽しいのは確かなんですが、登り切って燃費計を見るとガックリくることになります^^;

街中でも、運転次第でそう悪くない燃費が出せます。とにかく「急」なアクセス操作をしないこと…に尽きますね。

じんわり踏むようにすれば、驚くような悪い燃費にはならないようです^^




上記のように、購入以降、6回目の給油までの平均燃費は、「15.598km/L」≒15.6km/Lとなります。

今までのところ、想定していたより約1km/Lほどよい結果が出ているので、嬉しいですね^^




最近は、円安の影響を吹っ飛ばすほどの原油安の恩恵で、80円台(最安で89円/Lのスタンドを発見)に突入している軽油価格を併せて勘案すると、その燃費性能は抜群の感があります。

仮に、軽油の価格を平均95円/Lとし、2000kmを平均燃費15.5kmで走行したとすると、トータルの燃料費は≒12,258円になります。

ちなみに、平均125円のガソリンを入れたハイブリッド車の燃費が20km/Lだったとすると、トータルの燃料費は12,000円。

ほとんど変わりませんね^^




これだけの数字を出してくれれば、燃費という項目での満足感は満点に近いですね。

おまけに、ドライバビリティに関しては、圧倒的にデーィーゼル車が優れていると思うので、正直、私的にはハイブリッド車を購入する選択肢がまったくありません^^

先日、同じマンションに住む知人がクルマを買い換える…ということでしたが、候補にプリウスと、アクセラが入っていて、知人友人一同、猛反対をしたものでした(笑)。

本人も、そうした反応は想定済だったようで、「冗談だよ」とばかりに、アクセラ(もちろんXD)を購入していました^^




なんだか取り留めなくなってしまいましたが、今回の記事のテーマは燃費です。

前述のとおり、2000km経過時点での平均燃費の表示は「≒15.6km/L」でした。

この数字には、十分満足いっています。

繰り返しになりますが…、気に入っていますねー、CX-5♪

スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント