素人目線のスマホライフ 格安SIM篇 > Y!mobile(ワイモバイル) > Y!mobileのiPhone5sを買わない2つの理由

2016/03/09

Y!mobileのiPhone5sを買わない2つの理由

ふてネコくんのTVCMでお馴染みのY!mobileから、ついに待望の「iPhone5s」が発売になりました!これまで格安SIM会社で購入できるのはAndroid端末のみでしたから、飛びつきたい方もいるかもしれませんね。
2017/03/25追記あり

iphone5s.jpg

でも、ちょっと待ってください。

今このタイミングで「iPhone5s」を購入していいものなんでしょうか…。

逸る気持ちを抑えて少し考えてみましょう^^

これまでは、格安SIMでiPhoneを使おうと思うと、AppleのSIMフリー端末を購入するか、MVNOと同じ回線のキャリア端末を使うしかありませんでした。

でも、AppleのiPhoneを買うのは、経済的な負担が非常に大きく、なかなか手を出しにくいのも事実です。

最新機種だとほぼ10万円ですし、旧型機でも10万円出して帰ってくるオツリはあまり多くありません。

リセールバリューも高値を維持しており、1~2世代前のモデルであっても普及機のAndroidの新品端末と同程度のプライスをぶら下げているのも珍しくありません。

従来の大手キャリアの「端末基本無料」などの施策(購入サポート)に慣れてしまっていると、AppleのSIMフリー端末がめちゃくちゃ高いように感じてしまいますよね(≧▽≦)

でも、実際にはMVNOの月額料金の安いプランとSIMフリー端末の合計は、実は大手キャリアの2年間の合計支払額より割安なんです。

大手キャリアでは、確かに見かけ上は端末が安く買えているように感じますが、実はそれを補って余りあるほどのプラン料金を支払わされているので、24か月間の合計金額は相当な額になってしまいます。

⇒関連記事:iPhone6の月割コストについて

スポンサーリンク

Y!mobileのiPhone5sはどうだろう

大手キャリアの高額なプラン料金を逃れようとすれば、必然的にクローズアップされてくるのがMVNOのいわゆる「格安SIM」です。

まずは割高な月額料金を削減した上で、改めて端末の入手方法を検討してみましょう。

AppleのSIMフリー端末が購入出来れば何よりですが、そうでなくても、手持ちの旧端末や、オークションや中古端末ショップで安価に購入した端末が手に入れば、毎月、格安ですまほを運用することが可能になる訳です。

だったら、せっかくセットになっているんだから、Y!mobleの「iPhone5s」を買えばいいんじゃない?と思われるかもしれませんけれど、それはちょっとお勧めできない…かもしれません^^;

ワタシがY!mobleの「iPhone5s」をお勧めできない理由は2つあります。

「安さ」に焦点をあててみましょう

Y!mobileはMVNOじゃないってご存知ですか?

Y!mobikeは、もとをただせばイーモバイルやウィルコムを前身とした、自前の回線を持つレッキとしたキャリアなんです。

分かりにくいですが、運営会社はSoftbank社で、同社には2つの通信ブランドがあって、1つが白い犬の「Softbank」、もう1つがフテた猫の「Y!mobile」と言うわけです。

例えるなら、トヨタという会社に「トヨタ」と「レクサス」があるようなもの…ですかね^^;要するに1つの会社の中の2つのブランド(名称)だという理解で良いと思います^^

そんなY!mobileですから、仕組みにはキャリア臭さが随所に見られます。

例えば「2年縛り」。

MVNOの多くが音声SIMで1年間、データSIMだと最低利用期間(縛り)なし…としている中で、キャリアであるY!mobileとの契約は「2年縛り」が課せられてしまいます。

もし、大手キャリアを離れてMVNOへの乗換えを検討した理由が「2年縛りが嫌」という事であれば、Y!mobileは残念ながらその希望を果たせません。

また「違約金」に縛られる日々が訪れます(Y!mobileにも解約違約金があります)( ;∀;)

もう1つ大きな問題がiPhoneの「SIMロック」!

MVNOはSIMフリー端末との組み合わせが基本ですので、MVNOで購入した端末は基本的にはSIMロックされておらず、他社へ持ち込んでも利用可能ですが、Y!mobileはキャリアですからきっちりSIMロックをかけてきます。

今回ラインナップされた「iPhone5s」はSIMロック解除対象にならない(※)ので、端末を買い換えない限りずっとY!mobileを使い続けなければならないんです^^;

※スマホのSIMロック解除は2015年5月以降に発売された端末が対象…というルールがあり、「iPhone5s」は2013年の発売なので対象外なのです。因みに、iPhoneでSIMロック解除対象となるのは、2015年9月発売の「6s」以降となります。

iPhoneは、基本OSである「iOS」の最新バージョンをインストールして、新しい機能や最新のセキュリティに対応できるのが大きな魅力の1つなので、メイン端末でなくなったとしても、何年も継続して利用できる下地を持っています(それゆえ、オークション等のリセールバリューも高値を維持するんです)。

しかし、SIMロック解除して貰えないとなると、2年縛り明けに他社SIMで利用しようとしても不可能な訳ですが、そもそも「SIMロック」の目的が、ユーザーの囲い込み(他社へ行かせない)のため…ですから、そのiPhone5sを利用したいと思えば、まんまとY!mobileを使い続けなければならないわけです。

こうしてみてみると、現在お使いのキャリアより、ランニングコストが「安くなる」というメリットの裏に、(私が思うに)不自由なキャリアの仕組みを受け入れることになってしまうのが、どうにも気に入らないんですよね(笑)。

そんなわけで、「2年縛り」「SIMロック解除不可」の不利なハードルを乗り越えてでも、Y!mobileのiPhone5sを使いたいと思う方以外にはお勧めできないなあ…と思う次第です。

「大きさ」に焦点をあててみましょう

実は、iPhone6から大型化したiPhoneに対して、iPhone5sまでの4インチ液晶の小さなiPhoneの方がいい…と考えるユーザーは少なくありません。

特に手の小さい日本人、中でも女性は4インチクラスのスマホが使いやすいとする傾向が強いようですが、実際、ワタシもauのiPhone4s(解約端末)を格安SIMで復活させて利用しているのは、やはり手ごろなサイズの端末…という側面も大きな理由の一つです。

関連記事:au iPhone4sをドコモ系MVNOで使っちゃう!

その点では、「Y!mobileよ、よくぞ小さいiPhoneを発売してくれた」…と思われるかもしれませんが、「iPhone5s」と「iPhone6」、さらに「iPhone6s」とでは性能差がかなりあります。

本記事執筆以降には、同じ4インチサイズの小さな最新iPhoneが発売になっており、しかも2017年3月には「Y!mobile」「UQmobile」の取り扱い端末にラインナップ去れるというビッグニュースがありました。詳細は関連記事をご参照ください。

関連記事:Y!mobile・UQmobile~iPhoneSEを販売開始!サブブランドの強み発揮

実は、単に液晶が大きくなった以外の「差」の方が重要だし、利用する上での利便性の点でも、大きな差があるのは無視できない事実でありますから、いくら安くても旧型機であるデメリットは否めない…という点を考慮しても、どうしてもY!mobileのiPhone5sを契約したい…と思われる方以外にはお勧めできません^^;

そしてさらに、どうしても4インチクラスの液晶搭載のiPhoneが欲しいから…という理由で契約しようと思っている方にはこんな情報を…。

実は、その4インチクラスの小さな液晶を搭載した新型iPhoneが間もなく発売されるんです。

ニュースサイトなどですでに報道されているのでご覧になった方もいると思いますが、名称は「iPhoneSE」になる模様ですが、4インチ液晶に、iOS9を搭載、タッチIDやアップルペイなどの新機能も盛り込んだ、小さな新型機です。

「安いから」と言う理由ではなく、「小さいから」という理由でのY!mobile-iPhone5s契約なんだったら、iPhoneSEの発売を待たないと後悔するかもしれませんね^^;

※注:発売前の記述です。

私が、「小さなiPhoneを安く運用したい」…という条件で検討するとしたら、

1.「安く」を重視した場合

中古端末店やオークションでiPhone5sを購入し、MVNOの格安SIMで運用します。

この場合、MVNOなので音声SIMでも縛りは「1年」です。

2.「小さい」を重視した場合

新型機「iPhoneSE」のSIMフリー端末をAppleから購入し、MVNOの格安SIMで運用します。

この場合も、MVNOなので音声SIMでも縛りは「1年」です。

ちなみに、私のお勧めMVNOは以下の2社です。

■mineo(マイネオ)

当初はau回線のMVNOから始まりましたが、2015年9月からはドコモ回線も選べるようになり、現在ではドコモ回線の方が評価が高いと思います。

速度も十分出ていて、回線の増強も頻繁に行って速度低下対策にも熱心な事業者です。

音声SIMの最少データ量のSIMは、1Gで1600円です。

mineo独特のサービスとして、ユーザー同士でパケットをあげたり貰ったりできる仕組みの提供など、非常にユーザーフレンドリーを感じるMVNOです。

mineo 公式サイト

■FREETEL(フリーテル)

音声SIMが月額999円から…のドコモ系のMVNOです。

「使った分だけ安心プラン」というプランがあり、基本料999円から、1G/3G/5G/8G/10Gと使った分だけ料金が増える仕組みで、使わなかった月は最低999円で済む…という仕組みが好評です。

速度も十分出ていて、速度を遅くしない対策を継続してゆくことを明言しています。

データSIMであれば、基本299円からで利用できます。

 ⇒過去記事:FREETELを契約した経緯など

※本記事をアップしてから時間経過とともに、様々なマイナス要素が表面化しましたので、現在では、逆に「お勧めしないMVNO」として紹介しています。

⇒関連記事:『FREETEL MNP転出(解約)

そんなわけで、正直、ワタシだったらY!mobileのiPhone5sは購入・契約しません。

「安さ」「小ささ」、どちらを取っても、ベストチョイスとは考えにくいためです。

上記のような条件を考慮しても、Y!mobileがいい!と言う方は、回線の速度はやはりMNOだけあって速いですし、大手3社よりかなり安い料金設定も選ぶ理由にはなると思います。

Y!mobileを全面的に否定している訳ではないです。Android端末にはオススメ機種もありますし、速度も速い、大手より安いなど、選ぶ理由は少なからずありますから。

しかし、キャリア品質の高速安定の通信は非常に魅力がありますので、Android端末セット、あるいは、SIMフリーiPhone等で利用されることをお勧めします。

Y!mobileの「iPhone5s」についてのみ、再考の余地あり…と書いてみた次第です。

==(2017/03/25追記)======

2017/03/25(土)、Y!mobileの端末ラインナップに「iPhoneSE」が加わりました。

「iPhoneSE」は、外見は「5s」ですが中身は「6s」同等の現行機種です。

32/128GB・4カラーからチョイスできます。32GBなら月額1,080円から手軽に購入できます!

端末の詳細や料金プラン・購入額などはこちらにレポートしましたので、併せてご覧ください。

⇒『Y!mobile・UQmobile~iPhoneSEを販売開始!サブブランドの強み発揮

「iPhoneSE」、お勧めですよ^^

==(追記ここまで)======

Y!mobile公式サイト

関連記事

コメント

非公開コメント