2016/03/09

Y!mobileのiPhone5sを買わない2つの理由

ふて猫のTVCMでお馴染みのY!mobileから、ついに待望の「iPhone5s」が発売になりました!これまで格安SIM会社で購入できるのはAndroid端末のみでしたから、飛びつきたいiPhoneファンもいるかもしれませんね。

iphone5s.jpg

でも、ちょっと待ってください。

今このタイミングで「iPhone5s」を購入していいものなんでしょうか…。

逸る気持ちを抑えて少し考えてみましょう^^

※本記事は2016年3月9日に執筆され、後日、改稿・加筆されたものです。

スポンサーリンク

===目 次===

1.プラン料金と端末代金
2.iPhone5sの人気とは?
3.iPhone5sをお勧めしない理由
4.Y!mobileお勧め まとめ

プラン料金と端末代金

これまでは、格安SIMでiPhoneを使おうと思うと、AppleのSIMフリー端末を購入するか、MVNOと同じ回線のキャリア端末を使う(中古端末購入も含む)しかありませんでした。

でも、AppleのSIMフリーiPhoneを買うのは経済的な負担が非常に大きく、なかなか手を出しにくいのも事実で、最新機種でも旧型機でも10万円出して返ってくるオツリはあまり多くありません。

リセールバリューも高値を維持しているため、中古市場やオークション等でも1~2世代前のモデルがAndroid普及機の新品端末と同程度のプライスをぶら下げているケースも珍しくありません。

従来の大手キャリアの端末購入支援(購入サポート)による「実質無料」や「大幅値引き」等に慣れていると、SIMフリー端末が異常に高いように感じてしまいますが、実際にはキャリアとMVNOの月額料金の差額は、端末購入費用を補って余りあるほど大きいのです^^:

つまり、大手キャリアでは見かけは端末が安く買えているように感じますが、実は端末代金を上回る料金を支払わされている事はうまく誤魔化されている現実がある…というわけです。

そうした状況の中、Y!mobileが「iPhone5s」の取扱いを開始した事は大きなニュースですし、コスト的にも買いやすい価格設定で人気を博すのも頷けます。

今回は、そんなY!mobileの「iPhones」について購入すべきかどうか、あるいは購入しても損はないのか…等々、確認してみたいと思います。

Y!mobile公式サイト

スポンサーリンク

iPhone5sの人気とは?

前述の通り、iPhoneは高価で簡単には手を出しにくい高級機です。

実は、日本では大手キャリアが購入サポートを付ける等して、Android端末と同等の負担で購入する事ができるのであまり意識されませんが、そういう国は珍しく、世界ではAndroid=普及機、iPhone=高級機の棲み分けができています。

つまり、iPhoneは元々高価な端末なのに大手キャリアが大きな割引を付けて販売しているので、いざ端末だけ購入しようとすると非常に割高に感じてしまう…という訳です。

とは言え、iPhone5sはもう3世代も前の端末で、日進月歩の進化をするスマホで3年前に発売された端末の性能・機能はさすがに最新のものとの差が目立ってきていますが、それでも大きな話題となり人気を博しているのには訳があるようです。

小さなiPhoneとしてのサイズ感

現行iPhoneの液晶サイズは4.7インチですが、5sは4インチと小さく、日本人の小さい手にフィットするサイズである事も人気の大きな理由の1つです。

特に女性が片手で操作しようとする場合、4インチが限界の大きさ…と言われていて、巨大な液晶を搭載するAndorid人気に引っ張られて、iPhoneも大型化した訳ですが、それを歓迎しなかったユーザーも少なくありませんでした。

すでに3世代前のモデルとしてAppleのラインナップから落ちて新品を購入する事ができなかった状況下で、Y!mobileが5s(もちろん新品)の販売を開始した事は非常に歓迎されたんですね。

手にスッポリ収まる小さくて可愛いiPhone5sの新品端末を購入できる唯一の方法…として歓迎された訳です(後日UQmobileも取扱いを開始しました)。

当ブログでも小さなiPhoneの人気は高く、5sよりもさらに1世代前の「iPhone4s」をSIMフリー化する記事にも、一定数以上のアクセスを頂いていますので、如何に小さなiPhoneに愛着を持つユーザーさんが多いのか、実感として伝わってきます(*^▽^*)

参考記事:au iPhone4sをドコモ系MVNOで使っちゃう!

もう1つ、小さなiPhoneが歓迎される理由があります。

それは文字の大きさ…です。

大きなiPhoneが発売された際によく見かけたのは、画面が大きくなってより見やすくなった…という表現です。

元ネタを書いた方はちゃんと分かって書いたはずですが、それを参考に二次ネタを書いた方は、もしかするとご自身で画面の確認をしなかったかもしれません。

と言うのは、実はiPhoneは画面の大きさでは文字の大きさは変わりませんので、「文字が大きくなったので見やすい」訳ではないんです。

20170403_iphone_text2.jpg

↑は、4インチと4.7インチのiPhoneで同じページを表示して並べたものですが、文字の大きさは同じでしょう?

違うのは、画像の大きさと、テキストの表示領域なんです。

つまり元ネタを書いた方は画像が大きく、大きな領域を見渡せるので「見やすい」と書いたのではないかと思います。

つまり言い換えると、iPhoneは液晶が小さいからといって、文字が小さくなり見づらいという事がないのが長所だ…と言う事になる訳です。

Y!mobile
動作確認端末一覧

価格的な敷居の低さ

前日の通り、本来のiPhoneは高価で金銭的な負担の大きな端末ですが、今回、Y!mobileが取扱うiPhone5sはかなりリーズナブルです。

スマホ端末と言うのは、使いこなせる人にとっては最新鋭機がベストとなりますが、初心者さんや子供/年配者向けには、機能がシンプルで、なおかつ金銭的な負担の小さな入門機が適しているケースもあります。

ほぼ1年ごとに進化するiPhoneは、新型機投入時に性能も機能も大幅に進化し、今までにない様な体験をさせてくれるのが大きな魅力ではありますが、そうした新機能・高性能以前に、まず基本操作を覚えたり、日々の使用に差し障りがない程度に使いこなす事も重要です。

そうした意味で、Y!mobileの5sはそうした入門機・練習機としての使われ方に対するコストとしては、非常にリーズナブルだ…という点でも大きなメリットがあると思います。

結局使いこなせなくても、何とか諦めのつく価格というか…、そんな意味合いでのメリットもあるのかなと思います。

Y!mobile Onlineストア

iPhone5sをお勧めしない理由

前項で、小さくて手の小さな日本人によく馴染み、女性でも片手操作が可能で、しかも小ささによる見づらさがなく、なおかつ価格的な負担も少ない…等々、Y!mobileのiPhone5sは、なるほど人気を博すのも分かりますね(*^▽^*)

しかし、それでも私は「お勧めできません」と言わせて頂きます^^;

端末の古さという事

iPhoneの美点の1つに、モデルライフが長い事が挙げられます。

1つの端末が最新モデルとして登場してから、約4~5年間は「iOSバージョンアップ」というカタチで、最新のOS(オペレーションシステム)を随時インストールする事で、最新の機能やセキュリティに対応させる事が可能です。

これにより、毎年新モデルを買い替えなくても、常に最新機能を利用でき、最新のセキュリティ対策を端末に施す事ができるのは、iPhoneに大きな安心と満足感を感じる部分です。

現行の最新のiOSバージョンは「10.3.2」ですが、すでに「iPhone4s」は発売から6年目にあたる2016年の「iOS9.3.5」を最終バージョンとして、それ以降のiOSアップデートでは対象外となっています。

さらに、今秋にも発表される「iOS11」ではついに「iPhone5」「iPhone5c」が対象外となる由が発表されており、次はいよいよiPhone5sがiOSバージョンに非対応となる順番があまり遠くない事は確実となっています。

モデルライフが長い事がiPhoneの美点である一方では、iOSアップデートの対象外となった場合には、セキュリティ面で非常に大きな不安を抱える事になります。

セキュリティ面で家族や友人に迷惑をかけてしまう可能性を考えれば、現時点でこれから新たに「5s」購入というのは少々無謀かもしれないと思います。

以前は、iPhoneはウイルス等には無縁の安全なスマホだ…と言われた時代もありましたが、現在ではiPhoneも決して例外ではなくセキュリティの脅威にさらされている事は周知の事実です。

小さなiPhoneという事

先にも小さなiPhoneが人気である事を書きました。

それは確かですが、モデルとしての古さから安全面での不安がある…と言う事も書きました。

では、小さなiPhoneを低コストで持つことはできないのか…というと、実はそんな事はありません。

2017年3~4月にかけ、Y!mobile/UQmobileの2社で「iPhoneSE」の取り扱いを開始したんです。

「iPhoneSE」はちょっと特殊なモデルで、外観はまんま「5s」ですが、中身は「iPhone6s」相当となっています。

小さなiPhoheへの要望は日本だけではなかったようで、莫大な開発費を抑えつつ「新しい小さなiPhone」を、筐体(ボディ)は5s用を流用、スマホの中身は発売当時最新だった「iPhone6s」相当(一部機能省略・未対応)として、新たな小さいiPhoneを発売したんです。

Appleでの販売価格も、iPhoneとしては異色の(安い)プライスタグを掲げましたが、それでもAndroid高級機並みの価格だったんです。

しかし、それをY!mobile/UQmobileが取り扱う事で、2年契約プラン限定で24回分割支払いが可能となり、なんと月額1,000円+αの価格で購入できるようになってしまったのには驚かされました。

Y!mobile/UQmobileのiPhoneSEのお勧め度に関しては別記事に譲りますが、これまでiPhone5s5sがお勧めできない…としてきた理由であったiOSバージョンへの対応も、まだ4~5年は問題ないでしょうし、それに伴う機能のアップグレードやセキュリティ性能の問題等を払拭した「iPhoneSE」は、逆に超オススメ機種だ…と言う事ができます。

今からあえて「5s」ではなく、「SE」を検討すべき時期にきているのではないでしょうか。

参考記事:Y!mobile~iPhoneSE大幅値下げ!~月額540円からの破壊力(2017/07/15)

Y!mobileはキャリアだという事

Y!mobileはMVNOじゃないってご存知ですか?

Y!mobikeは、元をただせばイーモバイルやウィルコムを前身とした、自前の回線を持つレッキとしたキャリアなんです。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、運営会社は「Softbank」ですが同社内に2つの通信ブランドを持っていて、1つが白い犬の「Softbank」、もう1つがフテ猫の「Y!mobile」と言うわけです。

例えるなら、トヨタという会社に「トヨタ」と「レクサス」があるようなもの…でしょうか^^;要するに1つの会社の中の第2のブランド(サブブランド)だという理解で良いと思います^^

そんなY!mobileですから、仕組みにはキャリア臭さが随所に見られます。

例えば「2年縛り」。

MVNOの多くが音声SIMで1年間、データSIMだと最低利用期間(縛り)なし…としている中で、キャリアであるY!mobileとの契約は「2年縛り」が課せられてしまいます。

もし、大手キャリアを離れてMVNOへの乗換えを検討した理由が「2年縛りが嫌」という事であれば、Y!mobileは残念ながらその希望を果たせません。

また「違約金」に縛られる日々が訪れます(Y!mobileにも解約違約金があります)( ;∀;)

もう1つ大きな問題が端末の「SIMロック」の問題です。

MVNOはSIMフリー端末との組み合わせが基本ですので、MVNOで購入した端末は基本的にはSIMロックされておらず、端末の周波数帯さえ合致していれば他社へ持ち込んでも利用可能ですが、Y!mobileはキャリアですからきっちりSIMロックをかけてきます。

今回ラインナップされた「iPhone5s」は2015年5月以前の発売なので「SIMロック解除」の対象になりません(※)。

Y!mobileを使い続けるならいいのですが、他社へ乗換える場合にはせっかくモデルライフが長いiPhoneを使っていながら、SIMロックが解除できないために他社では継続利用ができないんです。

※スマホのSIMロック解除は2015年5月以降に発売された端末が対象…というルールがあり、「iPhone5s」は2013年の発売なので対象外なのです。因みに、iPhoneでSIMロック解除対象となるのは、2015年9月発売の「6s」以降となります。

その点でも、2016年春の発売である「iPhoneSE」であればSIMロック解除可能ですので、他社での利用も可能となります。

こうして見ると、大手キャリアからの乗換えであれば、現在よりも月額利用料が削減できる…というメリットの裏に、不自由なキャリアの仕組みを受け入れることになってしまう上、すでに「SE」がラインナップされた現在、「5s」購入は常道とは思えくなっています。

例えば、お子さんや高齢者の練習用として、WEB閲覧等のセキュリティ的に危険な外部との接触をしない前提での利用等であれば、性能・機能としてはまだまだ十分に現役で利用できると思いますが、SIMロック解除ができませんので、使捨て端末になる事や、2年縛りを受けることなども考え合わせて慎重にチョイスすべきではないか…と思います。

そんなわけで、様々な不利なハードルを乗り越えてでもiPhone5sを使う理由は、前にも増して希薄になっているように思います。

Y!mobile
iPhoneをチェック

Y!mobileお勧め まとめ

Y!mobileはキャリアである…という事をまず念頭に検討されてください。

プランや「iPhoneSE」取扱い、学割・家族割などを見るとソックリな「UQmobile」は、実は自前のモバイル回線を持たないMVNOであり、2年縛りの「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」の他に、1年縛りの「データ高速+通話プラン」を提供しています。

少なくとも「2年縛りが嫌だ」という事であれば、Y!Mobileをメイン回線(音声通話付き)で利用する事はできない(できるがコストが嵩む)事は覚えておいてください。

その上で「Y!Mobile」との契約へ進む場合で、小さなiPhoneが希望であれば「5s」ではなく「iPhoneSE」をお勧めします。

理由は上記で書いていますので繰り返しませんが、少なくとも3年落ちの旧型機と、発売から1年少々のモデルとを同列で比べるべきではないでしょう。

もちろん、端末の安さの点では「5s」にアドバンテージがありますが、その安さと引き換えに、もう直やってくるセキュリティ面での脅威や、SIMロック解除不能や、リセールバリューの低さ等を受け入れることになってしまいます。

SEであればそうした心配もなく、今後4~5年は機能・性能・セキュリティいずれの面でも安心して利用できると思います。

参考記事:Y!mobile~iPhoneSE大幅値下げ!~月額540円からの破壊力(2017/07/15)

Y!mobile
料金プランをチェック

今回は、Y!mobileのiPhone5sがお勧めできない件を力説しました(笑)。

と言うのも、実際にUQmobileの「5s」を購入して非常に後悔している知人がいる事からなんですが、いつになく力説してしまいました^^;

誤解なきよう念を押しておきますが、5sは決して悪い端末ではありませんし、私自身も今でも時々使用していますが通常の使用であれば問題なく実用になる端末です。

しかし、サブ機ならそういう使い方もありますが、メイン機で使うには様々な面で古い故のデメリットが生じ始めているのもの事実です。

小さなiPhoneを使いたい…と言う事であれば、Y!mobile/UQmobileのiPhoneSEを検討してみては如何でしょう?

参考記事:UQmobile~iPhoneSEを大幅値下げ!~32GBが13,000円の衝撃

ご参考になれば…と思います。

Y!mobile公式サイト

UQmobile iPhoneSE
32GB 128GB

関連記事

コメント

非公開コメント