2016/03/28

FREETELでんわで通話し放題!楽天でんわと比較

4つ前の記事で、いよいよMVNOでも「通話し放題」サービスが始まった件をご紹介しました。


今回は、その流れに追従するように、新たに始まったFREETELの通話し放題サービス~「FREETELでんわ」をご紹介します。

freetel_denwa001.jpg



こんにちわ。


現在、FREETELのSIMを使っているワタシにとって、FREETELが通話し放題プランをリリースしたのは喜ばしいことです^^


これまでは、FREETELSIMを使いながらも、電話は「楽天でんわ」を利用してきました。


通常の電話アプリの料金「20円/30秒」は高すぎますよね^^;


「楽天でんわ」なら、10円/30秒で通話できますので、だいたい半額で通話できることになります。


でも、そんなに通話する機会はないので、通話し放題にはしていませんでしたが、今回、FREETELでんわが登場したことで、両者を比較してみたいと思います。





今回リリースされたFREETELの電話アプリもサービス内容や料金は、「楽天でんわ」とほぼ同等のサービスになっていますが、最大の違いは、基本料金の部分です。


楽天の通話し放題プランは、月額850円(税別)を支払うことで、5分以内の国内通話が何回でも無料でかけられるサービスで、従来からある「楽天でんわ」のオプションとして登場したサービスです。


一方、「FREETELでんわ」の方は、従来からある「いきなり通話料半額アプリ」とは、アプリも別、サービスも別に提供されますが、基本料は3種類あるのが特徴です。



  1. 月額840円(税別)支払うと、5分間以下の通話がかけ放題に。

  2. 月額399円(税別)支払うと、1分以内の通話がかけ放題に。

  3. 月額無料で、通話料が半額(10円/30秒)でかけられる…といった3種類です。



(3)については、従来からある「いきなり通話料半額」アプリと同等のサービスですので、後述します。



「楽天でんわ」との最大の違いは(2)の存在です。


「楽天でんわ」では、月額850円単一の提供ですが、「FREETELでんわ」では、840円/399円の2種類から選ぶことができます。


「楽天でんわ」も「FREETELでんわ」も、5分/1分のかけ放題枠を超えても、10円/30秒(いわゆる半額通話)で通話を続けることができますので、枠を超えたらいきなり20円/30秒の通話料になってしまうことはありません。




スポンサーリンク






実際問題としてどうなんでしょう…。


例えば、友人との待ち合わせて「もうすぐ着くよ」ぐらいなら1分で十分ですが、「どこにいるの?」「××にいるよ」「えー、わかんないよ」的な会話になると、1分ではちょっと怪しくなってくるかもしれません。


お店への電話でも、「今日営業してますか?」ぐらいなら1分でOKですが、「予約したいのだけど」「では予約状況を確認しますので少々お待ちください」なんてことになると、確実に1分はオーバーしてしまいそうです。


やはり、通話の全てを「かけ放題」の中に収めようとすると、5分のプランの方が安心かもしれませんね。




でも、使い方によっては「1分かけ放題」の方がお得になるケースも…。


例えば、月に5回しか通話しなくて、その通話がどれも2分以内だとすると、

  1. プラン(5分)・・・基本料金840円(税込みだと907円)のみ

  2. プラン(1分)・・・1分以内は無料+超過1分で40円×5回 


これに基本料399円(税込みだと430円)で、合計200円+430で、合計630円になります。

※海外回線を経由するので、通話料には消費税がかかりません



つまり、1分を超えても、通話時間と回数によっては、(2)のプランの方がコストが安くなるケースもあるんですね^^


1分かけ放題以外の超過分が、1か月に23分(通話時間×回数の合計)以内なら、(2)1分かけ放題の方が安くなる計算です。


そう考えると、「楽天でんわ」にはない「1分かけ放題」プランも、なかなか使えるかも?と思えてきますね^^




そんなわけで、1分かけ放題でお得になる方は、「FREETLでんわ」しか選択肢がありませんが、FREETELのSIM(スマホセット含む)の契約者向けのサービスなので、他社SIMの方は利用できないのが残念なところです。


「5分かけ放題」の方がお得になる方は、FREETEL SIMの契約者さんなら「FREETELでんわ」、「楽天モバイル」の契約者さんなら「楽天でんわ」を利用することができます。


「楽天でんわ」は、10円/30秒の「通話料半額アプリ」としてであれば「楽天モバイル」の契約者以外でも利用できますので、他社SIMを使っている方も利用することができますが、オプションである「かけ放題」は「楽天モバイル」ユーザーのみ、利用できる仕組みになっています。


「1分じゃ使い物にならないんじゃない?」


と思って検証してみたら、案外、使えそうなのでちょっと驚きました@@


さて次に、FREETEL SIMの契約者さんは、同じFREETELが提供する「いきなり通話料半額アプリ」との比較も必要ですね。




スポンサーリンク





「いきなり通話料半額」は、いわゆる「通話料半額アプリ」で、10円/30秒の料金での通話を、基本料なしで利用することができます。


「FREETELでんわ」の(3)の内容と、「いきなり半額」アプリのサービス内容は同等です。


違うのは、「FUREETELでんわ」は、無料で手に入れることができない…ということです(「いきなり半額」は無料アプリ)。


「FREETELでんわ」を利用するには、910円のパッケ購入する必要があるんです。


パッケージを購入すると、最初の3か月間に、請求額から各月400円ずつの値引きが行われて、少しお得になる計算です(基本料は別途かかります)。


あなたがもし、10円/30秒の通話料で電話したいだけの場合、あるいは、毎月の通話が合計20分までの方は、「FREETELでんわ」のパッケージを購入する必要はないと思います。


毎月の通話20分を10円/30秒で利用すると、

10円×2(1分換算)×20分=400円

となり、「FREETELでんわ」の1分かけ放題の基本料420円(税込)より安く済むからです。



まとめると以下のようになります。


■月間の通話時間が合計20分以内のFREETELユーザー

 お勧めアプリ=いきなり通話料半額アプリ


■月間の1分超の通話が23分以内のFREETELユーザー

 お勧めアプリ=FREETELでんわ(1分かけ放題)


■月間の1分超の通話が24分以上のFREETELユーザー

 お勧めアプリ=FREETELでんわ(5分かけ放題)



※ただし、「楽天でんわ」「FREETELでんわ」「FREETELいきなり通話料半額」アプリからは緊急通報等、発信できない番号もありますので、ご注意ください。


参考記事:今オススメの通話サービスはコレ!~通話料節約にG-Call

g-call_300x250.jpg


関連記事

コメント

非公開コメント