2016/04/04

iPhoneを購入できるMVNO~もしもシークス

iPhoneを格安SIMで運用したいと思うと、必然的に「Apple SIMフリー」端末…という形になると思いますが、実は、iPhone端末を購入できるMVNOがあるんです^^

iphone6_001.jpg


こんにちわ。


冒頭にも書きましたが、iPhoneを格安SIMを運用しよう…と思うと、ごく普通に「SIMフリー」端末の購入前提の話しになりますよね。

実際、ワタシも「6」・「6s」と、SIMフリー端末を購入しています。

でも、あまり有名ではないんですが、実は「iPhone」を販売しているMVNOがあるんです。

「もしもシークス」って聞いたことありますか?



「もしもシークス」は、エックスモバイル㈱という会社が運営する格安SIM・スマホサービス。

MVNOという言葉よりは、「携帯電話のLCC」(ローコストキャリア)をアピールしていたり、会社の成り立ちが航空会社のLCCに影響を受けた等々、面白いことが書いてあるのでぜひWEBを見てみてください。

『iPhoneを格安SIMで運用したい』我々が気になるのは、もしもシークスがどんな形でiPhoneを回線を販売しているのか、販売しているiPhoneはどんな生い立ちの端末なのか…その辺ですよね^^


スポンサーリンク




以下はWEBに記載されている内容です。

もしもシークスで販売している「iPhone」は、現時点では「6」と「6s」です(一部カラーに品切れあり)。

で、その端末は「NTTドコモが販売した商品を、当社が独自のルートで調達をしたアウトレット品」。

そして、注釈に「未使用品のみを調達しておりますが、検品時に一度開封を致します」とあります。

想像するに、一旦販売された端末だけど、ちょっと不具合があったとか、キャンセルになったとかの端末を整備して販売してるってことなんでしょうかね?

うーん、WEBに情報だけではちょっと納得するには不足ですね💦



色々探していたら、「ITmedia」さんのインタビュー記事が見つかり、その不足している部分を補ってくれるようなことが書かれていたので、紹介してみます(以下引用内容です)。

まず気になるiPhoneの調達に関しては、販売されている端末は「白ロム」だそうです。

白ロムで「未開封」のもののみを仕入れているそうです。

そして、一番の驚きが、その仕入れや販売について、アップルからの「アグリー(同意)を得ている」と明言していることです!

どこからか勝手に白ロムを調達して販売しているのではない…という事がわかると、かなり安心しますよね(笑)。

さらに、将来的には「SIMフリー版」の販売も申し入れているそうですし、客から要望があれば、SIMフリー版をアップルから仕入れて販売することも可能とのことで、思っていたより、きちんとアップルと向き合っているんだ…と嬉しくなりました^^

ITmediaさんの記事にも書かれてありましたが、白ロムだけでは、安定的に供給するのは難しいと思いますので、今後、どんな展開をしてゆくのかちょっと気になります。

 ⇒引用元「ITmedia」さんの記事はこちら



販売されるiPhone端末は、新品のSIMフリー版より若干安めの設定です。

■iPhone6s

  • 16GB 85,400円(税別)
  • 64GB 91,400円(税別)
  • 128GB 97,400円(税別)


  • ■iPhone6s Plus
  • 16GB 91,400円(税別)
  • 64GB 97,400円(税別)
  • 128GB 103,400円(税別)


  • ■iPhone6
  • 16GB 59,800円(税別)
  • 64GB 72,800円(税別)
  • 128GB 85,400円(税別)


  • ■iPhone6 Plus
  • 16GB 69,800円(税別)
  • 64GB 85,800円(税別)
  • 128GB 98,400円(税別)



  • 「6s 64G」のSIMフリー端末の価格は98,800円ですので、7,400円安いってことですね。

    アウトレット…という言葉から想像する価格より、ちょっと割高に感じるかなあ💦

    でもまあ、未開封品なので完全新品とは呼べないまでも、中古ではないのでこんなものなのかもしれませんが…。

    ただ、WEB内には端末の分割払いの記述がないので、もしかすると、端末は一括購入なのかもしれません。その辺はちょっと気になります。


    スポンサーリンク




    肝心の料金プランには、タイミングよく4/1からの新プランが導入されました。

    基本プランは、データ量500Mbpsが付いて「980円(通話)/380円(データ)」。

    これに、希望するデータ量を組合わせ、さらに通話にかんしても「放題」プランを2つ用意しています。

    データ量と料金は以下の通り。
  • 1GB 600円(税別)
  • 3GB 1,200円(税別)
  • 5GB 1,800円(税別)
  • 7GB 2,400円(税別)
  • 10GB 3,000円(税別)


  • 話し放題プランは2種類で、
    • かけ放題ライト(5分以内無料) 850円(税別)
    • かけ放題フル(完全通話定額) 1800円(税別)


    以上を選んで組合わせることで、毎月の料金が決まる仕組みです。


    例えば、データ量3Gに5分間の通話無料プランといった標準的なプランの料金は…
    • 通話SIM基本料 980円(税別)
    • データ量3Gb 1,200円(税別)
    • かけ放題ライト    850円(税別)
      となり、合計3,030円となります。


    まずまず標準的な料金かな…と思います。

    通話SIM+3ギガで1,500円を切ってくれるといいんですけどね。

    データ量に関しては、通話SIMに付属の500MBのままでも契約できるようですので、通話がほとんどでWEB閲覧や画像・動画は利用しない…と言う方は、基本の980円に、無制限通話し放題を組合わせて2,780円で利用することもできるようです。



    前回の記事で、何かやってくれそうな、期待に応えてくれそうなMVNOが好き…と書きましたが、そういう意味では、「もしもシークス」もかなり気になります^^

    早速、Twitter(社長の木野さん)をフォローしてみました^^


    今日は、ちょっと特徴的な戦略で頑張るMVNO「もしもシークス」をご紹介してみました。

    もしもシークス公式サイトはこちら



    «追記»

    2017年3月より、「Y!mobile」と「UQmobile」にて、「iPhoneSE」(32/128GB)の正式販売が開始になりました。

    端末は、もちろん新品の国内モデルです^^

    詳しくはこちら⇒『Y!mobile・UQmobile~iPhoneSEを販売開始!サブブランドの強み発揮



    関連記事

    コメント

    非公開コメント