2016/04/27

データSIM+IP電話でガッツリ格安スマホライフ

電話をかけるなら「通話SIM」の契約が必要。通話はせずにインターネットとメール、SNSのみで済ませるならデータ専用SIMを契約…というのが一般的なSIMの選び方です。

smartalk300.jpg


でも、音声SIMじゃなくても通話できるってご存知でしたか?

データ専用SIMでも通話できるってご存知でしたか?

今日は、データSIMでお得に通話しちゃおう…というお話しです。


格安SIMユーザーの中にも、大手キャリアから貰った電話番号を大事に使っている方が多いと思います。

いわゆる「090/080番号」と言われる電話番号です。

実際ワタシも、気に入っている番号を何年も持ち続けています。

その番号には、ワタシの生年月日が含まれるので何だか愛着があって、今後もずっと維持していたいと思っていますので、その気持ちはよ~くわかるつもりです。

でも、逆に「番号なんてこだわらないよ」「局番なんて何でもいいや」という方は、080/090番号を使うより、今よりもっと毎月の料金を安くすることができるかもしれないんです。



ip_midashi001.jpg

実は、スマホで利用できる電話には2種類あって、従来からの「090/080」番号を用いる3G回線を用いる電話と、IP電話と呼ばれるインターネット回線を利用した電話とがあるんです。


090/080電話は、ごく一般的な電話回線を使用する電話ですので特に説明する必要はないと思います。


『IP電話(050)』というのは、インターネット回線~つまりデータ専用SIMが通信を行う際に利用している回線~を使用した電話で、局番に「050」が付くのが特徴です。

インターネット回線を使用する関係で、WiFi環境や、LTE回線の通信状況によって、通信品質が左右されるという面がありますが、例えば自宅のWiFi環境下であるとか、通信状態のよい屋外での通話は、090/080電話とあまり遜色ない品質で話すことができます。

技術的にも以前より通話品質は飛躍的に向上していますので、何年も前にIP電話を試したけど使い物にならなかった…という方でも、今のIP電話の品質には驚かれるかもしれません。 (もちろん電波状況が悪ければ、当然IP電話の通話品質も悪くなります)。



しかし、今回の記事で何よりアピールしたいのは、その料金に関してです。

「ああ、IP電話は10円/30秒で、通常の電話料金の半分だからお得だって言いたいんでしょ?」

確かにそうなんですけれど、基本料金まで含めた月額総コストで考えてみてほしいんです。


と言うのも、IP電話は「データSIM」でも利用できる…、つまり、音声SIMより安いデータSIMで電話番号付きの電話を持てちゃうってとこが今回の「キモ」なんです。



スポンサーリンク




例えばワタシを例にすると…

SIMは「mineo」のデータ専用SIMです。月間1GBのデータ量で契約しています。

ここに、「mineo」を運営する「ケイ・オプティコム」という会社が運営するIP電話サービス「LaLaコール(ララコール)」を組合わせて、 通話が可能な状態にしてあります。

「mineo」の1GB契約を比較すると、音声SIMは1,500円、データSIMは800円と、700円の差があります(どのデータ量でも同じです)。

つまり、700円安いデータ専用SIMで「LaLaコール」を使うと、通話料も10円/30秒で通常の半額になります。

基本料で音声SIMと700円の差、通話でも30秒ごとに半分の料金で通話できる訳ですから、月額にすると結構な差になるんですね。

さらに、「mineo」のユーザーの場合には、本来、100円かかる「LaLaコール」の基本料が免除(無料)になりますし、「無料通話」が可能な他のIP電話とは「無料」で通話できちゃうんです。


「それって、LINEの無料通話と同じでしょ?」

はい、非常に近いのですが、決定的に違う部分があって、そここそがIP電話をお勧めする理由なのですが、冒頭に書いたように、IP電話は「050」局番の電話番号を持てるんです。

これが何を意味するか、お分かりですよね?

そう、LINEは、LINEどうしでしか通話できませんが、「050」の番号を漏っているIP電話は、スマホや固定電話などに電話をかけることができるんです。



もちろん、090/080番号じゃなければダメ…というユーザーさんもいると思いますので、その場合には選択肢となり得ないのですが、局番にはこだわらず、できるだけコストを抑えたい…という方にはお勧めのパターンです。

ワタシの場合は、たまたまデータSIMが「mineo」だったので、IP電話を「LaLaコール」にしましたが、IP電話って、実はたくさんあるんです。

[050Plus」「SMARTalk」「BIGLOBEフォン・モバイル」などなど…。

050plus.jpg smartalk.jpg lalacall.jpg

ip_midashi002.jpg

中でもお勧めなのが、楽天が提供する「SMARTalk」です。

どこのSIMでも利用できますし、初期費用も基本料金も無料なので有料電話の発信をしなければ、一切料金を支払う必要がないんです。

お金の負担が発生すると、誰にでもお勧めはできませんが、基本無料なので家族や知人・友人みんなで契約しておけば、無料で通話し放題です(*^▽^*)

ちなみに、無料通話できる通信会社のグループがあって、ワタシが使っている「LaLaコール」と「Smartalk」は無料で通話できちゃいます。

もちろん、奥さんや親しい友人に無料の「Smartalk」を入れておいて貰って、無料で通話しています(≧▽≦)



余談ですが、一口にIP電話と言っても、料金体系は各社少しずつ異なります。

ちなみに、「050Plus」「SMARTalk」「LaLaコール」を比較してみます。

サービス名 運営 基本料 固定電話 携帯電話 有料050 その他
050Plus NTT系 300円 8円/3分 16円/1分 8円/3分
Smartalk 楽天系 0円 8円/30秒 8円/30秒 8円/30秒
LaLaコール ケイオプティコム 100円 8円/3分 18円/1分 7.4円/3分 mineo利用者は基本料無料


料金的にみると、一見最安なのは、どこへかけても「8円/30秒」の「Smartalk」のように見えますが、この表にはちょっとした落とし穴があるのでご注意ください。

というのは、料金が発生する「時間」の単位に仕掛けがあるんです。

例えば、各社から固定電話へ2分間通話した時の料金は、「050Plus」と「LaLaCall」は、3分刻みなので「8円」ですが、30秒刻みの「Smartalk」は、8円/30秒×4倍(2分間)で32円もかかってしまうんです。

また別例では、携帯電話(スマホ含む)宛の電話を2分間かけた場合の料金は、「32円(050Plus)」、「32円(Smartalk)」、「36円(LaLaCall)」となり、「LaLaCall」が若干高めになってしまいます。


また料金節約という観点で言えば、この3社の中で「S,artalk」と「LaLacall」は無料で通話できますが、「050Plus」は同じアプリどうしでないと無料通話はできませんので、「050Plus」はかけた分だけ料金が発生してしまうわけです。



スポンサーリンク




ip_midashi003.jpg

そんなことから、いくら通話料が安くなるから…と言っても、基本料は払いたくないので、「mineo」の利用者さんには「LaLaCall」を、それ以外のSIMを利用している方には「Smartalk」をお勧めします。

この2つのサービスは、相互に無料通話が可能ですので、大幅な料金節約が期待できます。

さらに、冒頭の「データSIM」での運用であれば、音性SIMとの料金差も毎月のコスト差になってきます。

例えば、mineoの音性/データの差額は700円ですが、これは、IP電話でスマホ宛に電話する際の「38分」に相当するんですね。

さらに、LINEやViverのアプリ間無料通話や、Facetimeでの無料通話を組合わせて利用することで、通話料は限りなく節約することが可能で、さらに、データSIM運用とすることで、音性SIMとの差額も節約できる…という、徹底的に料金を絞りたい方向けの雲量方法なんです(((o(*゚▽゚*)o)))



ip_midashi004.jpg

こんなに安さに関してメリットのあるデータSIM+IP電話の運用ですが、デメリットもあります。
  1. 緊急通報(110/119)を含む3桁通話(117/177等)ができません。

    読んだままです。警察・救急などへの通報は固定電話・080/090電話から

  2. 080/090番号がないと、初期設定ができません。

    初期設定時に通常の電話番号が必要です。
    ただし、別端末の番号でも可能です。

  3. 通話音質はネット環境に大きく左右され、音声の遅延(1秒程度)が発生する場合があります。

    状況の悪いネット環境下では通話しづらいことがあります。
    お互いの会話が遅れて届く場合があります。

  4. 高速移動に弱く、回線切り替わりで通話が切れます。

    例えば、自宅WiFiで接続された通話をしながら外出し、LTEに切り替わると、その際に通話が切れてしまいます。



このようなデメリットもありますので、データSIM+IP電話の運用には、ある程度の割り切りも必要になります。

ごく普通に考えれば、通常の電話回線を保有している上に、安いサブ機としての運用が向いているのかもしれません。

※ちなみに私の場合は、音性SIMの契約は最低限にして、メインを「データSIM+IP電話」にしています。

多少の割り切りをしてでも、とことんスマホのコストを下げたい方にはお勧めです。


↓お勧めのデータ専用プラン

UQmobile
データ高速プランをチェック

関連記事

コメント

非公開コメント