2016/05/11

CX-5(KE)でSiriさんと仲良くするために車載ホルダー装着

ゴールデンウィーク中に、「Siri」さんと少し仲良くなることができたので、最もワタシの生活の中で「Siri」さんが活躍するであろう、CX-5の車内でのお付き合いの方法を考えてみました。

IMG_3745j.jpg


GW期間中、特に予定もなかったので、日ごろできないことを…ということで、iPhoneの中の人「Siri」さんと仲良くなる…という目標をたてました^^

まずは、最大の難関だった「Hey Siri」と呼びかけることから始めて、メールの着信だったり、タイマーセットだったり、リマインダーの設定などを、手で操作せずに、できるだけ「Siri」さんにお願いするようにしました。

その結果、言い回しや、「Siri」さんが理解しやすい言葉がある…等の、ある意味「コツ」のようなものも少し分かってきて、当初の目的である「仲良くなる」はうまく進行中なのかな…と思います。



ちなみに、ワタシの言う「仲良くなる」は、

  • 気軽に話しかけることができる
  • 色んなことを気兼ねなく依頼できるようになる
  • SIriさんが、ワタシの言葉をうまく理解できるようになる
  • Siriさんに話しかけること、作業を頼むことを「壁」と感じなくなる
  • 手を使わず、言葉での操作比率が増え、「~ながら操作」が生活の中で自然になる

みたいなことですかね…。

いざ言葉にすると、細かいニュアンスが表現できていない気がしますが、まあ、そんなことです💦



パソコン相手の仕事をしているので、自宅事務所での仕事中でも「Siri」さんを使うことは、キーボードから手を離さずに済むので便利になりましたが、一番の利用を想定しているのは車内です。

これまでは、手での操作でしたから、iPhoneはポケットの中のままで運転していました。

電話やメールの着信があれば、その都度、取り出して確認していました。それで事足りていると思ってきました。

だって、所詮、運転中にはスマホを手にして操作してはいけないのですから、かかってきた電話に出られるケースはほとんどないし、メールへの返信も、目的地に着くなり休憩するなりまで待たなければなりませんからね。。。



スポンサーリンク



でも、「Siri」さんに声で色々お願いできるとなると、メールの相手が誰で、どんな内容?などと応えて貰うことができますし、電話にも「スピーカーで応答」と指示することもできますので、スマホをダッシュボード近辺に出しておいてもいいのかな…と思い、まずはAmazonで車載ホルダーを探しました。

色々なタイプがあって悩みました。
  • ダッシュボードに張り付けるタイプ

    iPhoneの一がだいぶ遠くなる感じがします。スピーカーフォンで話せるでしょうかね?

    あとは、貼り付けタイプは脱落が怖いですよね。iPhone、落としたくないですよね💦

  • エアコンダクト装着するタイプ

    位置としては、一番良さげ…なんですが、温風にしろ、冷風にしろ、あまりiPhoneに直接かけたくないと思い、このタイプは却下しました。

  • サンバイザーに装着するタイプ

    通話を考えると、位置としては一番いいのかな…と思いましたが、画面を見る…という点では、視線移動が大きくて、運転中はちょっと怖いかも…と思いました。

    さらに、サンバイザーって結構使うんですよね。iPhoneを取り付けると、実質、サンバイザーは機能しなくなるようなので、こpれも却下しました(でも、購入品がダメだった場合、再検討の余地ありです)。

  • クリップで内装に装着するタイプ

    ダッシュボードや、メーターカバー等にクリップで固定し、首の長いステーを好きな位置に来るように変形させるタイプで、当初はこれを一番に検討していました。

    IMG_3740j.jpg

    センターコンソールの前端部分への固定を想定していましたが、内装に瑕がつきそうなのと、ステーが揺れてしまうという「評価」が書きこまれていたので、却下となりました。

  • 吸盤で、フロントやサイドウィンドウに装着するタイプ

    吸盤はダメじゃない?ということで、検討せずに却下にしました。

    キッチンやお風呂場で実証済ですからね💦

  • CDプレーヤー、シガーソケットに装着するタイプ

    CDプレーヤー、シガーソケットがありません💦



    そんなこんなで、結局選んだのは、オーソドックスなダッシュ貼り付け型。

    「評価」を読みまくり、脱落しないものを…と探しました。

    また、ダッシュの上に固定されるのではなく、アームを伸ばして、ダッシュより手前下側に位置するように固定できるものを探しました。


    実際に購入し、装着した状態がこちら。。。

    IMG_3741j.jpg

    IMG_3742j.jpg

    悪くないですが、もう少し顔の方へ近いといいんですけどね…。


    以前あったような、シートの土台からステーを伸ばして…というタイプを想像して探し始めたんですが、そういうタイプはもう絶滅したみたいです(ワタシは見つけられませんでした)。

    そのタイプだと、もう少し顔の方へ近くにくるかな…と思うんですけどね。。。



    実はこの製品を選んだ理由は、アームが伸びるので、ダッシュボード上端より下にiPhoneを位置させられる…と思ったのですが、なんと、iPhoneをホールドする部分がある程度以上には上を向かず、延びるアームは無意味でした💦

    この状態は、アームは短いままにしてアーム自体をダッシュボードに乗っける形で、ベストポジションを維持しています。。。

    多分こうすると、粘着部分にかかる「剥がそうとする力」が弱まって、脱落が減ると思うんですよね。

    アームと、その先のホールド部+iPhoneの重量を、粘着部分だけで支えるのではなく、アームもダッシュボードの上に載っていることで、粘着部分の負担が減ると思ったわけです^^



    でも…

    IMG_3743j.jpg

    ホルダー本体がゴツくて、車外から見たらあまり格好良くないなあ…と、その辺が少し残念なんですが…💦


    実際に走ってみましたが、粘着部分はしっかりしていて、ホールドもガタつきもなく、問題なく使えそうでした。

    「Hey Siri」の呼びかけにも普通に反応していました(*´▽`*)



    スポンサーリンク



    ところで…

    ワタシは、「6s」「4s」2台のiPhoneを使い分けています。

    「6s」は完全にプライベート用でメイン端末です。

    SIMはデータ専用SIMで、IP電話(LaLaCall)で、「050」番号通話をしています。

    「4s」は、「090」番号の音声SIMが入っていて、昔からの電番なのでとりあえず何かの登録にはこの番号を使っているので、仕事相手や銀行やクレジットカード会社、業者さん等々、電話着信が主の端末です。

    で、困っているのは、両方に「Hey Siri」が設定できるのですが、その使い分け…です。


    呼びかけて両方が反応してしまうと、一方でだけで対応してくれればよいものを、2台とも反応してしまうと逆に面倒です💦

    「Hey Siri」の呼びかけを自分で設定できるようになるのが一番ですよね~

    「ゆうこチャン」と「きょうこチャン」とか(≧▽≦)

    他人が「Hei Siri」と呼びかけて、プライバシーがダダ漏れ…的なセキュリティ面での指摘もある「Siri」さんですが、呼びかけを自分で変えられれば、それ自体がセキュリティになると思うんですけどね…。

    IMG_3746j.jpg

    今でも、「Hey Siri」という言葉が入っていれば、後ろに「さん」や「ちゃん」を付けても反応はしてくれるんですけどね💦

    「よくわかりません」と言われてしまうのですけれど…。。。


    今回、購入したのはこちら




    そんな訳で、車内でも「Siri」さんと仲良くする体制が整いました(*^▽^*)

    スポンサーリンク

    関連記事
    このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント