素人目線のスマホライフ 格安SIM篇 > 当ブログについて > 当ブログについて~私のsim履歴(2017/06/18更新)

2017/02/15

当ブログについて~私のsim履歴(2017/06/18更新)

当ブログは、スマホやMVNO・格安SIM好きの1個人が運営するブログです。初めてご訪問頂いた方に、当ブログについてや、ワタクシ個人のスマホ経歴についてお話しします。

IMG_3479j.jpg


ようこそ(#^.^#)

当ブログの管理人であり、記事を書いている「Kaz555」と申します。よろしくお願い致します。

20170204_me.jpg

当たらずと言えども遠からず…^^;こんな感じです(≧▽≦)



当ブログについて



ワタクシは、何故だか本人もよく分からないのですが「MVNO」「格安SIM」が大好き(笑)で、2017年2月現在で12社の「格安SIM」を利用してきた経験から、自分なりの基準である「安くて速い」をモットーにお勧めの通信会社をご紹介しているブログです。

スマホ(特にiPhone)や、MVNO/格安SIMが好きな1人のユーザーとしての個人が体験談や、自らの感想や意見を書いているブログであり、ニュースサイトや情報サイトではないので、その点は誤解なきようお願い致します。


基本的なスタンスとして、自分が利用したモノやコトについて書こうと思っており、自分が使った事もない事業者(MVNO)の新しいプランがどうとか、新端末が出たとか出ないとか…、そういった自分が体験していない事は原則として記事にしない事にしています。

もし、新プランや新サービスなどの紹介をする場合でも、ワタクシ個人としての意見や感想が主になり、客観的な情報としてお伝えする記事にはならないと思いますので、その辺はよろしくお願い致します💦

話題にするのは、基本的には3つです。

  1. 格安SIM

    いわゆる格安SIMと呼ばれる「MVNO」等の通信SIMがメインとなります。

    タイトル等で「MVNO」と限定しないのは、キャリアが運営する「Y!mobile」も格安SIMに含めて記事にしているためです。

    セットされるスマホ本体については、iPhoneに関しては時々記事にしますが、Android機は基本的に書きません。

    理由は使わないから…分からないんです(笑)。

    iPhoneで格安SIMを使う…がメインテーマです^^



    simにおいて、「通信速度」は基本性能…という観点から、お勧めsimはまずは速さありき選択基準になっています。

    MVNOの「速さ」を表現する際によく使う事例があります。

    『お昼休みのランチ検索』です。

    これは、1日の中で最も回線が混雑すると言われる昼12時台(お昼休み)に、安くて美味しいランチをWEB検索する…という意味で、ランチ(グルメ系)サイトは画像が多いため、混雑時の表示はなかなか厳しいものがあります。

    時々、MVNOの評価で「昼時の混雑時を除けば実用的」といった記述を見かけることがありすが、混雑時こそが多くのユーザーが利用したい時間帯な訳で、その時間にある程度使えなくては意味がない…という思いから『お昼休みのランチ検索』を持ち出すことが少なからずあります^^;

    逆に言えば、昼時にサクッとWEB表示できるなら、どの時間帯でも安定した通信が可能だろう…というワタクシなりの指標のようなものなので、記事内で見つけたら「何だこれ?」と思わずにお読みいただければ幸いです(笑)。


  2. iPhone

    新着ニュースではありません。自分が使ったiPhone関連の話題を書いています。

    使い勝手や、購入までの手続きや気づきなどです。

    また、SIMロック解除についても体験談を書いています。


  3. クルマ

    初期の頃に、マイカーや試乗記などを書いていました。

    最近ではほとんどクルマ関連の更新はありませんが、記事自体は残していますし、機会があればまた記事を書く可能性もあります。

    現在の愛車はMAZDA CX-5で同車種を2台乗り継いでいます。





スポンサーリンク





私のスマホ履歴



そもそも…を言えば、携帯電話が出始めの頃に(当時の「IDO」)、カバンのような電話機を使ったのがワタシの携帯電話のスタートでした(当時はバブルの真っ最中でした^^;)。

そう人気芸人の平野ノラさん(※)が持っているような巨大な携帯電話よりもっと前のお話しで、大きなカバンからコードで巨大な受話器が繋がっているようなシロモノでした^^;

※最近、ノラさん機種変更しましたね(笑)。前よりさらに古い機種になったような…💦ワタクシが最初に持った(レンタルでした)「IDO」の携帯電話~確かショルダーフォン?もあんな感じでした^^;

基本料が数万円、通話すると数百円・数千円があっという間に吹っ飛んだ記憶があります(金額についてはかなり曖昧です^^;)が、いずれにせよバブリーな時代でした(笑)。

その後、ドコモの携帯を買取りで持てるようになり(当初はレンタルのみだったってご存知ですか?^^;)、それ以降、17年間に渡ってドコモユーザーでした。

その後、auが自宅のインターネット回線とのセット割引を開始した事と、iPhoneの取り扱いを開始したことでauと契約をしましたが、この時点ではメイン端末はドコモに残しており、ドコモ/auの2回線利用が始まりました。

2回線利用のまま2014年を迎え、先にau回線が先に「更新月」を迎えたタイミングで、初めてMVNOの利用を開始(MNP)しました。「BIGLOBE」でした。以下、利用したMVNOと利用期間です。



  1. BIGLOBE(音声付きSIM)2014/12~2015/12
  2. DMMモバイル(データSIM)2015/10~12
  3. mineoD(音声SIM)2016/01~03
  4. FREETEL(音声SIM-B)2016/03~08
  5. mineoD(データSIM)2016/03~06音声回線破棄
  6. UQmobile(データSIM)2016/06~08
  7. 0sim(データSIM)2016/06~継続中
  8. DTIsim(データSIM)2016/06~10
  9. Y!mobile(データSIM)2016/07~継続中
  10. UQmobile(音声付きSIM-B)2016/08~継続中
  11. LINEモバイル(データSIM)2016/09~10
  12. U-mobile(データSIM)2016/12~2017/01
  13. IIJmio(データSIM)2017/02~継続中
  14. NUROmobile(データSIM)2017/02~継続中
  15. U-mobileS(データSIM)2017/03~継続中
  16. mineoA(データSIM)2017/05~継続中new



■2014年~2015年

2014年12月に端末をAppleのSIMフリー(iPhone6)を端末を購入し、「更新月」を迎えていたau回線を「BIGLOBE」に変更しました。

初めてのMVNO=BIGLOBEですが、「知っている名前なので安心」と選んだらとてつもなく遅い通信速度を1年間忍従する事になりました。

現在は知りませんが、当時のBIGLOBEは1Mbpsに満たない通信速度を放置しているような酷い事業者でした。

ここで「MVNOは名前じゃないっ!」と学んだんです(≧▽≦)



それから丸1年経過した2016年末に、メイン回線で利用しているUQmobileの親分=KDDIが買収する事を発表し、因縁浅からぬものを感じました(笑)。

BIGLOBE SIM



ほぼ並行してiPad用に「DMM mobile」のデータSIMを契約。

通信品質はよく、決して速いっ!という訳ではありませんでしたが安定していた印象があります。

後に、少しMVNOに詳しくなって「IIJ」の回線を借りていたんだと知り、一度も契約した事がないのに「IIJ」に一目置くようになります(笑)。

ただ、iPadをモバイル通信で使用する場面が少なかったため、2か月間で解約してしまいました。


DMMモバイル



2015年秋には「iPhone6s」(SIMフリー)を購入しました。

2015年末には「BIGLOBE」の待ちに待った1年縛り明けを待って「mineo」にMNPしました(回線A)。

このときに「マイネ王」など、mineo独自のサービスに触れ「いい会社だなあ」という印象を強く持ち現在に至るまでその印象は変わりません。

後に、どんなサービスや仕組みがあったらいいんだろう?と考えて、「理想のMVNO」なんて事を記事にしましたが、その際にmineoが最も理想のMVNOに近かったので、この時に感じた好印象は、後にますます強くなった感があります^^

関連記事:『UQmobile×mineo~天国に一番近いMVNO? 理想と現実

mineo




■2015年~2016年6月

2016年3月についにメイン回線であるドコモ回線が「更新月」を迎え、満を持して「FREETEL」にMNPした事によりついに大手キャリアでの回線保有がなくなりました。

しかし、このFREETELチョイスは間違いでした。

情報公開はしない、言葉の言いかえでさもお得なように見せかける…等々、かなりワタクシの感性とかけ離れた事業者で契約後数か月もしない内に、できるだけ早く他社へ移りたいと思うようになりました。

関連記事:『お勧めしないMVNO「FREETEL」が措置命令を食らった訳とは?



同年4月には「mineo」をデータSIMに契約変更を行い、2回線あった通話simを破棄、1回線にしました。

同年6月には、非常に人気が高まりユーザー数が増えた事で通信速度の低下が深刻になった「mineo(データSIM)」ですが、一向に改善しない事に嫌気がさし「mineo」を解約しました。




■2016年6月~8月

この時期が最も活発に契約・解約を行った時期で、この時期に今現在のメイン・サブの基本的な構成が出来上がったような気がします。

2016年6月、SIMフリー「iPhoneSE」を購入しました。

春先の発売から悩んでいたのですが、次期iOS10で「iPhone4s」がサポート対象から外れるという事に加え、現役で使用するにはそろそろ動作の遅さ・反応の鈍さ等で限界を感じたためです。

それに、「3G」専用機なのでブログの為のスピードテストにも使用できないのも理由の1つでした。

初めてのiPhoneとして、さらにそのコンパクトな筐体で「iPhone4s」は今でもお気に入り端末ですが、第一線からは引退となりました。



月間499MBまで無料で使えるって面白い…と「0SIM(ゼロシムSo-net)」契約しました。

契約事務手数料3,000(税別)は必要でしたが、維持している間はユニバーサルサービス料も発生せず、499MB以下の使用であれば完全無料で維持できるので緊急用として継続していますが、通信速度はシャレにならない程遅いです^^;



2016年10月に、世界最速を誇るインターネットの名称で「NURO」にサービス名を変更した事で、So-netがいよいよ本気になったか?と大いに期待しましたが、現在までのところ、速度が改善された兆しは見えません^^;

関連記事:『5時間プランが人気のNUROmobileの通信速度は向上したのか?


nuro mobile



「mineo」を通信速度の遅さで解約したので、速いMVNOでサブ用のデータSIMが必要で、色々と探した結果「UQmobile」を契約しました。

スピテスサイトさん各所での測定結果等で、その速さに興味を持ち、お試しのつもり(※)で「データ高速プラン」(データ専用)を契約しました。


(余談)

「データ高速プラン」のお試し利用はお勧めです。

「データ高速プラン」はUQmobileのデータ専用プランで、月額料金は980円+税ですが、お試し利用としてもお勧めなんです。

UQmobileは初月・解約月の基本料は日割りになり、かつ、最低利用期間がありません。

つまり、「データ高速プラン」を契約して10日間利用して解約すると、コストは基本料の10日間分の日割りになる訳です。

もちろん、最低利用期間がありませんので解約違約金も不要です。

お試しなら「UQmobileトライアル」が完全に無料で利用できるじゃないか…と思われるかもしれませんが、実はトライでは低速モードを試すことができません。

低速切り替えは「myUQmobile(会員ページ)」の機能なので、トライでは利用できないんです。

低速モードなどどうでも良い…という場合にはトライで問題ないと思いますが、もし低速モードも含めて試したい場合には「データ高速プラン」でのお試しがお勧めかもしれません^^

ただし「契約事務手数料」(初期費用)はかかってしまいますが(エントリーパッケージなどで軽減可能)。

※今後ルールが変更になる可能性もありますので、事前にご自身で確認をお願いします。

関連記事:『UQmobile~Try UQmobileでSIM・端末を15日間無料お試し

(余談ここまで)



日々の使用でその速さを実感し、徐々に嫌で堪らない「FREETEL」を違約金を支払ってでもメイン回線を「UQmobile」に乗り換えたい衝動を抑える毎日でした(笑)。

「UQmobile」を契約して以来、ワタクシの中での「イチバン」は「UQmobile」になり、それは現在でも変わりません^^

この時点でのスマホ構成は、
  1. 「iPhone6s」(FREETEL音声)
  2. 「iPhoneSE」(UQmobileデータ)
  3. 「iPhone4s」(0simデータ)

でした。


UQmobile



ちょうど同じ時期に「DTIsim」で「半年間お試しプラン」が開始となり、早速契約しました。

というのも、Softbankを利用している家内の「iPhone6」が大きくて手に余るらしく、ワタシがサブ用に購入した「SE」に食指を動かしてきたため「6」⇔「SE」のトレードが成立したためなんです。

このSoftbankのSIMロックが掛かった「iPhone6」は後に、Amazonで購入したSIMロック解除アダプタ(いわゆる下駄)でSIMフリー化し、それを記事にしました。

この記事は、非常に多くの方に読んで頂いており、未だに最も多くのアクセスを頂く記事となっています。ありがとうございますm(_ _)m

関連記事:『Softbank版 iPhone6 SIMロック解除~SIMフリー化!




■2016年7月

2016年7月には「Yahooケイタイ」から「Y!mobile」回線を使った「月間1GB500円」のYahooプレミアム会員向けのデータ専用プランが発売され、「Y!mobile」の高速安定に定評のある通信を是非利用したくて契約しました。

6年ぶりのAndroid機「Huawei Y6」を購入したのも7月でした。

購入理由は、「Y!mobile」はiPhoneでテザリングができないためですが、高いコストパフォーマンスで人気の中華スマホを一度使ってみたかったのも大きな理由でした。

⇒関連記事:『Y!mobileデータSIMプラン(月額500円)を契約しました


Y!mobile




スポンサーリンク





■2016年8月

ある出来事をきっかけについに耐えきれなくなり1年縛りが明けていないのにも関わらず「FREETEL」→「UQmobile」にMNPを行いました。

その辺りの事情は別記事に詳しく記していますが、1万円の違約金(MNP手数料6か月目)を支払ってそれほど嫌だったという事です^^;

関連記事:『FREETEL MNP転出(解約)



その際にMNP転出先が現在もメイン回線として利用している「UQmobile」で、6月にサブ回線用に契約したデータSIMの使い勝手が良かったことで、メイン回線の移転先も「UQmobile」に決めました(データsimは解約)。

この時点でのスマホ構成は、
  1. 「iPhone6s」(UQmobile音声)
  2. 「Huawei Y6」(Y!mobileデータ)
  3. 「iPhone6」(下駄+DTIsimデータ)
  4. 「iPhone4s」(下駄+0simデータ)

となりました。

UQmobile




■2016年9月~10月

鳴り物入りで「LINEモバイル」が先行リリースされたので早速契約(データフリープラン)。

「LINEモバイル」は当初あまり特徴のない平凡なSIM…という印象でしたし、通信速度が速い事も多くの記事やブログさんで「まだ契約者数が少ないから当たり前」との評価で、ワタクシもそうだろうな、いずれ他のドコモ系と同等程度に落ちるんだろう…と思っていました。

特徴である「カウントフリー」についても、良く調べもせずに、自分があまりSNSを利用しない事もあってあまり関心を持てないまま2か月(10月いっぱい)で解約してしまいましたが、解約しなければよかったと今でも後悔している解約でした^^;

正式開業から4か月経過した現在(2017/01)でも「Y!mobile」「UQmobile」に比肩する通信速度を維持しており、ドコモ系で唯一「お昼休みにランチ検索」がストレスなく可能なSIMとして、今更のお勧めSIMにしている有様です。

⇒関連記事:『LINEモバイル~「LINEフリー」プランを使ってみました

LINEモバイル



同月後半には待望の「iPhone7」が発売となり、下駄でロック解除をした「iPhone6」をApple公式の下取り制度を利用して買換えをしました。

「iPhone7」の最大の購入動機は「ApplePay」です。Suicaが使いたくて「7」を購入したと言っても過言ではありませんでしたが、今現在でもメイン端末は「iPhone6s」のままなのは、メイン回線で使用している「UQmobile」が「iPhone7」を公式サポートしておらず、テザリングができないためです。

そのため、「iPhone7」のサポート待ちの状態で、「6s」がメイン端末のままとなっています^^;




10月には、6月から利用させて貰っていた「DTIsim」のお試しプランを解約しました。

派手さはないですが、地道に実用的な通信速度を多くの時間帯で維持しているMVNOだという印象で、特にワタクシ的には「iPhone6」のロック解除後の通信確立の際にすんなり電波をキャッチできた事が非常に印象深いsimでした。


DTI SIM




■2016年12月

「2か月間無料お試しキャンペーン」を開始した「U-mobile」を契約しました。

このキャンペーンはかなりお得な内容で「契約事務手数料」等の初期費用まで無料で利用でき、かかる費用はSIM返送時の切手代のみ、さらに、2か月間のお試し後に「U-mobile」を気に入って音声回線をMNP転入する場合には、契約時の事務手数料分のエントリーコードが発行(実質無料)されるなど、至れり尽くせりの内容となっています。

私的には使ってみない理由が見当たらないお得な「トライアル」でお勧めです。詳細は↓

⇒関連記事:『U-mobile~トライアルキャンペーンを利用してみた

U-mobile




■2017年1月

家内のSoftbank回線が「更新月」を迎えたので「UQmobile」にMNP転入し、我が家の大手キャリア回線は消滅しました。

⇒関連記事:『UQmobile~ぴったりプラン+ZENFONE2 Laser 契約しました



2016年12月から利用していた「U-mobile」の「トライアルキャンペーン」の無料期間が終了し解約しました。

利用前に思っていたより快適で、試させて貰って良かったと感じます。

⇒関連記事:『U-mobileトライアルキャンペーンを総括してみる




■2017年2月

2017年2月から、2社のデータSIMを契約しました。


@IIJmio~エコプラン

昨年末以来、「IIJ」のエコプランに興味を持っていました。

「エコプラン」は、最大容量が決まった減算型の従量制料金プランです。

回線はau(タイプA)で、端末セットのみ契約(ZEFONE3Laserをチョイス)可能です。

詳細は別記事をご参照ください。

関連記事:『IIJ タイプAが十分速い件~エコプランミニマムを契約してみました



@NUROmobile

こちらは(実質)無料のお試し利用です。

現在(2月末日まで)、NUROmobileが行っている「5か月間700円割引キャンペーン」を利用し、最少容量の「2GBプラン」を契約しました(故に月額基本料700円が実質無料で利用できます)。

NUROmobileは、前年6月から「0sim」を利用していますが、本回線の方はどうなんだろう…と言うのと、NUROmobileが新たにリリースした「5時間プラン」にも興味があり使ってみたくなりました。

⇒関連記事:『NUROmobile~5時間プランはどこがスゴイのか



利用開始直後のスピードテストでは、正直想像以上の惨憺たる有様で、契約を悔やむ気持ちさえ芽生えましたが、先の期待・予想が現実にならないかなあ…と暫くは(どうせ無料なので)使ってみようかと思っています。

⇒関連記事:『NUROmobile~0sim・本回線の通信速度が遅いので驚いた件





2017/02現在のスマホ構成は以下の通りです。

  1. 「iPhone6s」(UQmobile音声) 1,680円
  2. 「Huawei Y6」(Y!mobile) 1,000円
  3. 「iPhone7」(NUROmobile) 無料
  4. 「ZENFONE3Laser」(IIJタイプA) 500~900円
  5. 「iPhone4s」(0sim) 無料
※「UQmobile」以外は全てデータSIM




■2017年3月

2017年03月、格安SIM・MVNO界に、今後の格安SIM/MVNOの方向性に大きく影響するかもしれない大きな動きがありました。


  1. 「b-mobileS」「U-mobileS」発売

    ついに汎用のSoftbank回線MVNOが稼働しました^^

    日本通信がSoftbankの回線を使ったMVNOを開始し、まずは3/22よりSIMロック済のSoftbank-iPhone向けのデータSIMを発売しました。

    ワタクシも早速使ってみましたので、対象記事をご参照ください。

    関連記事:『日本通信~3/22からSoftbank SIMを発売開始!「U-mobile S」その内容とは?



  2. サブブランド系からiPhoneSE発売

    Softbankのサブブランドである「Y!mobile」、auの実質サブブランドポジションにいる「UQmobile」から、なんと現行モデルである「iPhoneSE」が発売されました!

    購入サポートも充実し、他社MVNOに決定的な差をつけた感のある「iPhoneSE」発売ですが、詳細は別記事をご参照ください。

    関連記事:『UQmobile~iPhoneSEが超オススメな理由~常識を覆す新たな選択肢


    UQmobile

    Y!mobile




早速、「U-mobileS」のSIMパッケージを購入~契約しましたが、通信速度も速く快適です。

「U-mobileS」の詳細、実際に使ってみた感想などは別記事をご参照ください。

⇒関連記事:『U-mobile S~日本通信SoftbankSIMを試してみる~SIMパッケージ購入・契約・開通


U-mobile S




2017/03現在のスマホ構成は以下の通りです。

「iPhone6s」(UQmobile音声) 1,680円
「Huawei Y6」(Y!mobile) 1,000円
「iPhone7」(NUROモバイル) 無料
「ZENFONE3Laser」(IIJタイプA) 500~900円
「iPhone5s」(U-mobileS) 880円 new!
「iPhone4s」(下駄+0sim) 無料

※「UQmobile」以外は全てデータSIM




■2017年5月

5/29、mineoを再契約しました。

今回は、au回線使用の「Aプラン」で、これで、私の手元にはドコモ以外の回線のMVNO5社全てのsimが揃った事になります。

通信速度だけでなく、転送やWEB表示のタイムなどの実用的なデータも併せて計測できる「4GMark」(計測アプリ)を使った5社のベンチマークテストなども今後は継続して記事にしたいと考えています。




2017/06現在のスマホ構成は以下の通りです。

「iPhone6s」(UQmobile音声) 1,680円
「Huawei Y6」(Y!mobile) 1,000円
「iPhone7」(IIJmioA) 500~900円
「ZENFONE3Laser」(mineoA) 800円 new!
「iPhone5s」(U-mobileS) 880円
「iPhone4s」(下駄+0sim) 無料
「iPadmini」(NUROモバイル) 無料

※「UQmobile」以外は全てデータSIM







初めてご訪問の方向けに、当ブログをちょっとご紹介させて頂きました。

長文をご覧頂き、ありがとうございました。



コメント

非公開コメント