素人目線のスマホライフ 格安SIM篇 > iPhone(Apple) > もし、iPhoneが見当たらなくなったら…iPhoneを探す

2016/06/04

もし、iPhoneが見当たらなくなったら…iPhoneを探す

一日の多くの時間を一緒にいる«iPhone»ですが、時々見当たらなくなってしまうことがありませんか?そんな時のために後悔しないように、あらかじめ設定しておくべきことがあります。。。

IMG_3870j.jpg


ワタシの場合、元々iPhoneが好きで、いつも手元に置いて暇さえあれば弄っている…といった感じです。

アプリでニュースを読むこともあれば、天気や為替相場を調べたり、WEB検索したり、メールを読んだり、LINEでちょっとした会話を楽しんだり…。

iPhone自体の操作や設定を新たに見つけることもあって、単に端末を弄っているだけでも楽しいのがiPhoneの良さですね^^

特に、SIRIさんに色々とお願いするようになってからは、さらに愛着が増しちゃってます(笑)。



そんな中、先日、こわ~い話しを聞いたんです。

ワタシと同じように«iPhone Love»な友人が、飲んで帰宅したら愛するiPhoneがないことに気づいたんですって。

iPhoneって、かなり重要な情報が入っているじゃないですか。

かなりアセったんだそうですが、翌日に飲んでたお店から電話があって、店に置き忘れてあった…という、不幸中の幸い的なお話しだったんです。



友人の場合は、知り合いのお店で日ごろから仲良くしていたので事なきを得ましたが、それがもし一見のお店だったり、タクシーの中とかだったり…と考えると、世にも恐ろしいですよね。

そんな時のために、わたし、2つの事を設定しています。

  1. 『Hey!SIRI』を有効にする
  2. 『iPhoneを探す』を有効にする


です。



まずは、「あれ?iPhoneがいない」と思ったら、SIRIさんを読んでみます。

IMG_3867.jpg

ちょっと残念なのは、「もっと大きな声で…」とかって対応してくれないんですよね。

だから、ホントに身近にある…、最低限、同じ室内じゃないとなかなか聞こえないかも…です💦


「iPhone6」までは、電源に繋いでいないと「HEY!SIRI」が起動しなかったんですが、「6s/6sPlus」から電源不要で起動してくれるようになって、かなり利便性アップですね^^

こういう目立たないけどお役立ちの改良がされるのもiPhoneの魅力の一つですよね^^



さて問題の、外出先での紛失…の際に、後悔しないためには是非「iPhoneを探す」を設定しておきましょう。

設定は簡単です。

IMG_3871j.jpg IMG_3868j.jpg

「設定」⇒「iCloud」を開きます。


IMG_3869.jpg

「iPhoneを探す」を開いて、「iPhoneを探す」をONにすれば設定完了です。



スポンサーリンク




実際に探す場合は、別のiOS端末(iPhoneやiPad等)で「Found iPhone」というアプリを起動します。

IMG_3872j.jpg IMG_3873j2.jpg

アプリを起動すると探し始めます(当然ですが位置情報はONにしておく必要があります)。

IMG_1378j3.jpg IMG_3875j.jpg

iC;oudで繋がっている端末の場所を示してくれます♪



探しているiPhoneが、思わぬ場所で見つかったら「紛失モード」に設定することで、iPhoneが手元に戻ってくる可能性を高めることができます。

IMG_3882j.jpg IMG_3879j2.jpg

「デバイスリスト」から、設定したい端末を選び「アクション」をタップし、メニューを表示します。

可能な設定は「サウンドを再生」「紛失モード」「iPhoneを消去」の3種類です。

「サウンド再生」は、音を鳴らす事ができるので、言えの中などで行方不明の時に仕えます。SIRIより相当大きな音なので、隣室等でも大丈夫だと思います。

「iPhoneを消去」は、iPhoneのデータを消去します。この操作をすると、それ以降「iPhoneを探す」機能は使えなくなりますので注意が必要です。


今回は「紛失モード」を設定してみました。

IMG_3878j.jpg IMG_3883j.jpg

「紛失モードをオンにする」をタップすると、紛失端末にパスコードを設定していない場合、ここで設定することができます。

IMG_3880j.jpg IMG_3881j.jpg

さらに、紛失したiPhoneの画面に、連絡先電話番号やメッセージを表示することができます。

右のメッセージはデフォルトのままですが…

IMG_1380j4.jpg IMG_3884j.jpg

任意で自分の言葉を表示することも可能です(「よろしくお願い致します」を追加しています)。

手元に戻ってきたiPhoneは「パスコード」を入力するか、設定側の端末から「紛失モード」を解除することができます。



かなり長くなってしまいましたが、この設定は覚えておいた方がいいと思います。

また紛失した端末を見つけるためには、「位置情報」を常にONにしておくことが必要です。

バッテリーの減りを考えると、ついOFFにしてしまいますが、いざ!という時のためにONにしておくことをお勧めします。



スポンサーリンク



関連記事

コメント

非公開コメント