2016/08/10

DTI sim データ半年お試しプラン

先日、メイン回線を「UQmobile」に定め、念願だった「FREETEL」からのMNPを実行しましたが、サブ機の方のデータSIMも「mineo」からどこか別のキャリアに移行したいと色々と物色していました💦

dtisim_top.jpg


すでに、6月から「0sim by So-net」を契約していますが、こちらは無料で利用できるのは「月間499MB」までなんです。

1GG程度までなら、有料部分を使ったとしても割安なのですが、「無料」の部分と、「有料」の部分があると、どうしても「無料」で済ませたい…と思うのが人情です(笑)。

それに、499MBまでに収めようとすると、やはり少々厳しい…。

ということで、1,000円未満でできるだけ安く「1GB」程度のデータ通信を利用できるSIMを探したわけです。



midashi290_20160810_001.jpg

安いSIMという探し方をすると、真っ先に浮かんでくるのが、「DMMmobile」と「DTIsim」です。

しばらく「業界最安値」を標榜してきた「DMMmobile」に対して、真向から対抗する料金をぶつけたのが「DTIsim」でした。

若干の小競り合いがあった後に、現在のような一部のプランで「業界最安値」を「DTIsim」が奪った形で落ち着きました。

もう1社、気になったのは新興の「ロケットモバイル」です。

回線速度は「200kbps(低速モードの速度)」ながら、月間298円(税別)で容量制限なし(使い放題)をリリースし話題となりました。

「ロケットモバイル」も「業界最安値」クラスを謳う事業者ですので、この3社のプランを比べました。


条件は、「月間1GB程度のデータ専用プランで、高速LTEが使用できる最安のSIM」です。

DMMmobile DTIsim ロケットM
200kbpsプラン 440円 - 298円
1GB 480円 600円 590円
3GB 850円 840円 840 円
5GB 1,210円 1,220円 1,200円

さすがに、「業界最安クラス」を謳うだけあって、各社とも拮抗していますね💦



スポンサーリンク




midashi290_20160810_004.jpg

ワタシ的に必要なのは「1GB」プランということで、最安の「DMMmobile」に決定!と思ったのですが、DTIsimから「半年お試しプラン」なる提案があったんですっ!

これは、データ/通話の3GBプランを半年間、無料または割引で利用できる…というもので、「DTIsim」を初めて利用するユーザー向けのお試しプランです。

データ専用SIMと、SMS付データ専用SIMは「無料」で、「でんわかけ放題」とセットになった音声SIMは割引で利用できます。



えぇっ!

無料で使わせて貰えるなら、そりゃあ是非お願いします…ってことで、7月末に申込みをした訳です。

(余談) その後、8/1以降に「Y!mobile」が「データSIMプラン」の提供を開始すると知ったものですから、現在の、「Y!mobile(※)」も「DTIsim」も…という「いったい何回線契約してんだ?」状態になってしまった次第です💦



メイン回線を「UQmobile(au回線)」、サブ機に「Y!mobile(Softbank回線)」になったので、「0sim by So-net」と「DTIsim」がドコモ回線で、大手キャリア3社の回線の「格安SIM」が手元にある…なんてことになっています(笑)。

で、早速の速度比較です。

ちょうど先ほど、昼12時台に計測した結果がこちら。。。

20160810_uq_sp001.jpg 「UQmobile」

20160810_sb_sp001.jpg 「Y!mobile」

20160810_dti_sp001.jpg 「DTIsim」

「UQmobile」と「Y!mobile」が、ともに30MB程度の速度が出ているのに対して、ドコモ回線の「DTIsim」は「0.49MB(490kbps)」という結果でした。

やはり、サブブランド化した2社と、単なるMVNOの「DTIsim」では比べ物にならないのでしょうか…💦



ただ実際の利用となると、「500kbps」程度の「DTIsim」の端末でも、ポータルサイト(Yahoo!等)や、ブログなどはあまりストレスなく閲覧することができました。

画像の多いWEB等は、さすがに止まってしまいますが、軽めのWEBや、メール、LINE等の利用であれば実用性は十分あると思います。

それに、au回線の弱点である「上り」に関しては、「DTIsim」の方が4倍ほどの速度が出ていました。。。


時間帯によるバラつきは結構あります。

20160805_dti_sp001.jpg

10Mbpsを超える事もちょくちょくあります。

昼時の速度低下は、「DTIsim」だけの問題ではなく、MVNO各社ほとんどがそうした状況になってきていますので、12時台の速度低下をもって、「ダメだ」と断じるのは少々酷ではないかと思います。

また「DTIsim」には、音声の「通話し放題」プランなども用意されていますので、使い勝手のよいMVNOなのかもしれません(ワタシはデータSIMの契約なので明言はできませんが)。

さらに、今どきな話題としては、大人気の「ポケモンGO」の通信量はノーカウント…といった旬な施策にも積極的なMVNOです。






midashi290_20160810_003.jpg

  • DTIsimの使い勝手はどうなのか
  • 実際にどれぐらいの速度が出るのか
  • ドコモ回線ではだめなのか
  • 時間帯や、地域による差はあるのか

等々を試すには非常によいプランだと思います。

ちなみに、契約時の手数料はかかります。また、お試し中は、「ユニバーサル料」や、「SMS通信量」等は「無料」にはなりません。また、余ったデータの繰越しもできません。

無料お試し期間終了後には、通常の料金が発生します。

データSIMには「最低利用期間」がありません。無料お試し期間中の解約でも違約金は発生しません。

半年間の長期テスト、ご自身でやってみては如何でしょう?

DTIsimオフィシャルサイトはこちら



関連記事

コメント

非公開コメント