素人目線のスマホライフ 格安SIM篇 > スマホ通話料削減 > 今オススメの通話サービスはコレ!~通話料節約にG-Call

2016/08/14

今オススメの通話サービスはコレ!~通話料節約にG-Call

通話料削減」は格安SIM運用に欠かせません。MVNO各社で通話定額サービスが開始になっていますが、MNPで他社へ乗換えてもそのまま利用できる通話料半額サービス「G-Call」が便利なのでご紹介します。

g-call_280x280.jpg

毎月の通信料(いわゆる携帯代)を節約したいなら「通話料」に目を向けましょう…と、私の経験則からお勧めをしています。

「通話料」は、いくら基本料を安いプランを契約しても20円/30秒なんて通話料で電話していたら、基本料の安さなんて一気に吹き飛んでしまうほどのヘビーコストです。

少し前までは、通話の多いユーザーは大手キャリア向き…なんて事が言われていましたが、最近ではMVNO各社でも、「通話パック」や「かけ放題」などの「通話定額」サービスの提供を開始していて、中でも「かけ放題」が主流になりつつあるように見受けられます。

MVNOのかけ放題は、5分と相場が決まっていたのですが、2017年2月の「OCNモバイルONE」を皮切りに、同年4月には「IIJmio」、同年6月からは「NifMo」が通話時間制限を5分→10分に拡大し、かけ放題は10分が標準になるのかもしれない…といった状況です。

スポンサーリンク

一方、「通話パック」の方はあまり盛んではない印象ですが、月間60分ぶんの通話が800円で使えるのは、使い方によっては通話料削減に大きく貢献する「通話定額」サービスです。

しかし、問題なのは月額コストと通話料のバランスです。

例えば、MVNOの通話定額の相場は800~850円程度ですが、かけ放題の場合だと月間に合計20分以上の通話をしないのであれば逆に損になってしまう事にあまり気づかない方がいるようです。

通話定額料金800円を通常の通話料20円/30秒で換算すると20分に相当します。

という事は、トータルで20分を超える通話をしないのであれば、通話定額の基本料金を割引された通話料が上回らない事になってしまうんです。

さらに、いわゆる「通話料半額サービス(アプリ)」を利用する事で、10円/30秒で通話できますので、通話定額800円は40分ぶんの通話時間に相当します。

という事は、「通話半額アプリ」を使用した場合には、月間40分以上の通話発信がない場合には、通話的額を契約すると損をしてしまう…という事になるんです。

必ずしも通話定額を契約した方が得…という事ではないのでちょっと注意が必要です。請求書等でご自身の月間の通話時間合計を確認されることをお勧めします。

そんな場合には、「IIJmio」のように、かけ放題の上限を超過した場合でも10円/30秒の半額で通話できるプレフィックス方式を採用している通信会社をチョイスする事が料金節約に繋がります。

MVNO個々に、通常の電話回線に接続する場合(20円/30秒の通話料になる)と、海外等の安い電話回線を経由する事で半額で通話できるプレフィックス方式を採用する場合がありますので、利用する際に「超過後の料金」を調べて置くことが重要です。

スポンサーリンク

10円/30秒の半額通話

半額料金で通話できるお得なプレフィックス電話ですが、MVNOを乗り換える事に、そのMVNOのサービスを使うのは少々面倒です。

面倒と言っても、専用アプリをインストールするだけなので、大した手間ではないのですが、それでも通信会社の枠を超えてずっと同じプレフィックス電話を使えたら便利だし手間もかからないと思いませんか?

それを実現してくれるのが独立系の通話半額サービス「G-Call」です。

「G-Call」は、3G回線を使った電話なので通常のスマホ電話と比べても音質の劣化や遅延がありませんし、通話相手にもこちらの番号(発信者番号)通知が行われますので、誰だかわからず拒否…なんて事もありません。

また、「G-Call」は発信時のみ使用し、受話時には通常の電話アプリを使用するため、電話番号が変わってしまう事もなく、IP電話のように新しい電話番号を皆に教えなければならない事もありません。

それでいて、通話は常に10円/30秒の半額ですし、利用者を紹介する事で得られるポイントを通話料に充当できるので、実質無料の通話をする事も可能なんです。

実はこの数か月、「G-Call」を使っているんですが、スマホに標準搭載に推薦したいぐらいデメリットを感じない稀に見る「良品アプリ」だと思っているんです(≧▽≦)

唯一の面倒…というか、手間なのは「折り返し発信」だけです。

前述の通り、料金を半額にするために「発信時」のみ専用アプリを使用する関係で、通常アプリに着信した電話の履歴に折り返す…といったシチュエーションでは、一旦、通常の電話アプリを閉じて、「G-Call」アプリを立ち上げてコールする…って手間が必要なんです。

これをしないと、通常の電話アプリからの発信になってしまい、20円/30秒の割高な通話料が発生してしまうんです。

これ以外は、本当にマイナス面が見当たらない素敵アプリです(笑)。

スポンサーリンク

無料で通話する裏技

そんな素敵アプリな「G-Call」ですが、前述の通り「無料で通話」する方法があるんです。

タイトルには「裏技」と書きましたが、アイキャッチしたい筆者のセコい性格のなせる業で、実は「裏技」でもなんでもなく誰でもが無料で通話することが可能です(笑)。

「G-Call」には「紹介制度」というものがあって、G-Call利用者を紹介するとポイントが貰えて、そのポイントを通話料に充当できる…という仕組みなんです。

しかもポイントを貰えるのは紹介者だけでなく、紹介された方にも同じだけのポイントが付与されるので、紹介を介してどちらの立場でもお得なんです(≧▽≦)

という事は、「G-Call」は「紹介コード」さえ知っていれば、新規加入時から無料通話が可能な仕組みになっている訳で、貰えるポイント数は、紹介者/被紹介者ともに「250PT」です。

ちなみに、250円は10円/30秒のG-Callにおいては、12.5分ぶんの通話料に相当します。

筆者の場合、あまり通話が多くない事もあって、この紹介者ポイントだけで賄えてしまうことが多々あります(LINEでんわ等も使いますが…)。

楽天ポイントが貰える「楽天でんわ」も悪くないですが、「消費税」がかからず、12分半無料で通話できるポイントが貰える「G-Call」がいいな…と思って、最近では、iPhoneの「ドックメニュー(下の部分)」に入れています(笑)。

20160812_doc.jpg
↑常駐してます(^ ^)

スポンサーリンク
IIJmioの通話定額オプション登場!何度でもかけ放題

そういう事なら申し込んでみるか…と言う方に私の「紹介コード(顧客番号)」を…^^;

私の顧客番号は「1258615」です。

申込みページの最下部「その他」の中の「人から紹介を受けた方」をタップし、開いた項目に「顧客番号」のみ記載してください。

20160812_gcall_001.jpg 20160812_gcall_002.jpg

名前・電話番号は記入しなくて大丈夫です(空欄のまま先へ進んでください)。

これを記入して頂くと、私にも、ご本人にも250ポイントずつが付与されます。ありがとうございますm(_ _)m

G-Callのお申込みはコチラ
g-call_300x250.jpg

利用開始後は、ご家族やお友達に紹介する事で、紹介ポイントを増やし無料通話する事ができます^^

毎月通話料0円のカラクリ

筆者は、毎月の通話料がほとんど「0円」なんです。

その裏には、上記の「G-Call」の無料通話と、LINEやViberの無料通話でほとんどの通話先が賄えてしまっています。

これまでに「050」のIP電話や、「LINE out」も「楽天でんわ」も利用してきましたが、ここへきて利用する電話サービスが固定化しつつあります。

そんなわけでまとめます^^;

  • 半額電話は「G-Call」を使うべし
  • 通話料は10円/30秒で!
  • 消費税がかからない
  • 紹介ポイントで無料通話12分30秒
  • 「LINE/Viber」を併用すべし

如何だったでしょうか。。。

現在、私のメイン回線は「UQmobile」ですが、事業者イチオシの「ぴったりプラン」ではありません。

「無料通話」も「かけ放題」も必要ないからです。しかも月間2GBじゃ足りませんし^^;

通常プランと「ぴったりプラン」の差額、800円/月は、半額アプリ(G-Call)だと40分ぶんに相当する上、紹介ポイントがあれば「通話定額」は意味がないためです。

通話サービスを駆使することで、「通話パック」や「かけ放題」の余計な料金を節約できれば、「通話料節約作戦」も大成功と言えますね(≧▽≦)

ぜひお試しを~~~

スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント