2016/09/09

LINEモバイル~「LINEフリープラン」を使ってみました

いよいよ始まったLINEのMVNO事業LINEモバイルですが、10/1の正式な開始を前に、2万件の先行限定販売に申し込んでみました。1GBのデータ専用プランである「LINEフリープラン」を契約しました!
追記あり

20160808_linemobile_top.jpg

9/5(月)に詳細が発表になった「LINEmobile」。

発表後から、2万件の先行限定販売が開始されましたので、一瞬契約するかどうか悩みましたが申し込んでみました。

申込みの翌々日にSIMが到着しましたので、早速、端末に挿入~設定し、利用を開始しました。

LINE mobile 契約~SIMセッティング

20160808_linemobile_sim001.jpg

あらかじめ、「LINEモバイル」とお友達になっていましたので、逐一、案内をもらえたので手続き等もスムーズでした。

申込み自体は特別変わったところはなく、ごく一般的なMVNOのレベルだと思います(Y!mobileのように、やたら面倒ではない…という意味で)。

申込みの翌々日、お馴染みのLINEグリーンカラーのマニュアルと、SIMカードが届きました。

早速、端末にセットし、設定に進みます(端末はHuaweiのY6)。

まだこの端末に「Y!mobile」SIMを入れた際には、あらかじめ設定されたAPNが自動的に選択され、APN設定画面を開くこともなく設定完了しましたが、さすがにデビューしたての「LINEモバイル」ではそうはいきません。

手動でAPN設定を行います。

APNは以下の通りです(Androidの場合)。

  • 名前:任意
  • APN:line.me
  • ユーザー名:line@line
  • パスワード:line
  • 認証タイプ:PAPまたはCHAP
  • MCC:440
  • MNC:10

接続すると、「H」の表示が出て、FOMAハイスピード(3G)で接続、しばらく3Gのままでしたが、4G表示になり設定完了です。

iOSの場合にはプロファイルのQRコードも載っているので、設定できない…ということはないと思います。

下記からプロファイルをインストールすれば自動的に設定が完了します。


https://mobile.line.me/apn/line.mobileconfig

スポンサーリンク

LINE mobile の通信速度は…

早速、ご挨拶代わりの速度計測です。

20160808_linespeed_0217.jpg

記念すべき最初の測定値は…、あれ?2Mbpsは遅くないですか?(◎_◎;)

設定や4Gであることを確認してもう一度計測…

20160808_linespeed_0225.jpg

良かった(≧▽≦)

あのままだったらどうしよう…と焦っちゃいました^^;

20160808_linespeed_0318.jpg 20160808_linespeed_0420.jpg

1時間ごとに計測してみました。

う~~ん、なんだか今日はやたら遅いような気がします。

普段、ドコモ系でももう少し速度出てると思うのですが、10Mbps超えたのは1回だけで、他は全て一桁でした。

まあ、5Mbps出ていればあまりストレスなくWEB閲覧も可能ですが、「Y!mobile」や「UQmobile」のデータを見慣れた身には違和感があります??

この辺は、ドコモSIMの限界ですかねえ…。


ただ、今日は「LINEmobile」に限らず、「DTIsim」も「0sim」でも速度低下が起きていました。

まさか、2万件一気に増えたので遅くなったとか?(笑)

日付変わって9/9、速度計測継続してみました。

20160809_linespeed_0857.jpg 20160809_linespeed_1011.jpg

ドコモ系としては、まあまあ…でしょうか。5Mbps出ていれば実用上は問題ないと考えられますが、超高速サックサクという感じではありません。


20160809_linespeed_1258.jpg

ギリギリですが12時台で、この速度なら合格ではないでしょうか。

昨日は、一気に新規会員がアクセスしたので遅くなっていたのかもしれませんね。

今日の方が体感的にはスムーズな感じがします。

また、計測を続けてみたいと思います。

LINEモバイル公式サイト

LINE mobile の使い勝手

速度以外に明らかにできるデータもないのですが、そもそも、LINEの1GBデータSIMって微妙ですよね。

9/5の発表会でも社長さんが行っていましたが、1GB500円のデータプラン「LINEフリー」は、エントリーユーザーやライトユーザー、あるいは2台目(つまりサブ機使用)を想定していると…。

ワタシのように、500円で試せるなら…という動機なら分かるんですが、LINEアプリって、電話回線が入ったメイン端末で利用すると思うので、データSIMをサブ機に入れてLINEデータ通信がノーカウントって言っても、あまりピンときません??

まして、エントリーユーザーが、サブ機を持つ可能性ってどのぐらいあるでしょう?


もちろん、エントリーユーザーであっても(いや、だからこそ?)、データSIMのみの運用でLINEを使う…というケースもあるかもしれませんが、でも、緊急通報ができない環境をあえてお勧めするのはどうかと思います。

自分が緊急通報しなければならない場面はもちろんですが、自分以外の誰かが緊急通報すべき状況にあるのに通報できない…という事態は、ぜひとも避けたいとワタシは思うんですよね。

そんな状況に自分が置かれたら、その時に何を思うんですかね…。ちょっとぞっとします。


そういう意味で、データsimのみで運用することを、あまりお勧めはしたくないんです。

エントリーユーザーだからこそ、「090/080」番号が入ったお手頃料金のSIMを用意すべきかなあ…なんて思います。

要は、LINE1GBデータsimは、ローコストで利用できるサブ回線…という枠を出ないように思います。

例えば、DMMmobileの1BG480円や等と競合して、いずれかを選択する…とか。、そんな感じです。

まだ数日では断定はできませんが、「IIJ」品質のDMMmobileの回線よりアドバンテージがあるんでしょうか。

このまま速度が低迷するようなら、早々に解約に至りそうです??

データ残量はWEB上で確認できます。

20160909_linemobile_data001.jpg

SIMが到着してから20時間ほど経過後の残量です。

少しヘリが早いような気がします。メイン端末ではないので、WEB閲覧はじめ通常の利用はしておらず、速度計測と、LINEモバイルアカウントやマイページへのアクセス程度なんですが…。

残量は、LINEモバイル公式アカウントと連携することで、LINEトークで受け取ることも可能です。

20160909_linemobile_data002.jpg

WEBを見れば事足りる…と思いますが、WEBを見ればパケットを消費しますが、LINEトークで受け取ればパケットを食わない…ってことなんですかね。。。

LINEモバイル公式サイト

LINEモバイル まとめ

まだSIMが届いて2日目なので、これからまた印象が変わるかもしれませんが、今回契約した「LINEフリー」(1GBデータ専用SIM)に関しては、特にLINEモバイルでなければならない理由を感じる事はできませんでした…というのが正直な感想です。

自分が利用端末でLINEを使用しないから…なのかもしれませんね。

「090/080」番号が乗った「コミュニケーションフリープラン」の契約だと、また違うのかもしれません。

また、何か印象が変わるようなことがあれば記事にしたいと思います。

===(追記)======

印象が変わったら追記します…と書き、実際に変わったので追記します^^;

この追記を書いているのは、年が変わって2017年になってから…なので、この記事を書いてから4カ月以上が経過している事になりますが、「LINEモバイル」の印象はかなり変わりました。

ワタクシ自身の「フリープラン」は、2016年10月いっぱいで解約してしまったのですが、今は解約を若干後悔しています、

まだ利用者数が少ないから速くても当たり前…と言われていた通信速度は、4カ月経過した現在でもドコモ系SIMの中ではダントツの高速ぶりを維持しており、「Y!mobile」「UQmobile」に匹敵する通信速度&品質を保持しています。

「LINEモバイル」の特徴と言えば、LINEをはじめとするSNSの通信分を料金にカウントしない「カウントフリー」が有名で、SNSの利用が多いユーザーにはお勧め…的な紹介のされ方をしていますが、ワタクシは、「カウントフリー」にあまり魅力は感じませんが、解約をかなり後悔しています。

現時点での「LINEモバイル」は、昼12時台でもランチ検索(画像が多いグルメサイトの閲覧)が余裕で可能なほどの高速通信を維持しており、ストレスのない通信を希望し、かつドコモ回線で…という条件であれば、ワタクシのお勧めは「LINEモバイル」一択です。

もちろん、特徴である「カウントフリー」もSNSのヘビーユーザーには魅力的だと思いますし、評価すべきは、契約したデータ容量を超えてもSNSは高速通信のまま利用できる(それこそが真の意味でのカウントフリー)点です。

某他社のように、LINEはノーカウントだと言いながら、データ容量を使い切れば、SNSも低速になってしまう、まがい物の「カウントフリー」とは一線を画す、通信インフラを担う心意気のようなものを感じてしまう「LINEモバイル」ですが、ワタクシの推しポイントは「高速通信」です。

今は、この記事を書いた時と全く異なる印象を持っており、実際、当ブログのお勧め格安SIMでも、12月編では第3位にランクしていおり、ドコモ系では一押しになります。

関連記事:『LINEモバイルのカウントフリーは常時高速通信~FREETELと比較

2017/06/23追記

2017/06/20、ついにLINEモバイルに通話サービスが追加になりました。

通話料を半額(10円/30秒)にするアプリ「いつでも電話」と、「10分かけ放題」オプションです。

アプリはLINEモバイル音声SIM契約者であれば誰でも通話料金を半額にでき、「10分かけ放題」は、月額880円の定額で回数無制限に10分間かけ放題となります。

かけ放題もアプリを使用して発信する必要があるため、10分経過後でも10円/30秒で通話を継続できます。

これで今まで通話に弱かったLINEモバイルの魅力が、また一気に高まりましたね^^ 詳細は最新記事をご参照ください。

参考記事:LINEモバイルが通話サービス開始~通話半額アプリ・10分かけ放題

===(追記ここまで)======

LINEモバイル公式サイト

スポンサーリンク

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント