記事一覧

お勧め格安SIM(2016年10月編) UQmobile・mineo・IIJmio・Y!mobile・NifMo

当ブログのお勧め格安SIM(2016年10月編)です。
2016/10/26 UQmobileに追記しました。




いまや、MVNO事業には500社超が参入している…と言われ、今までは名前さえ知らなかった方たちにも認知されるようになってきました。

でも、それだけに、詳しくない方たちにとっては、一体どこを選べばいいのか、どこを選べば後悔しないのか…多すぎて分からない…といった状況になっているように見受けられます。

ワタシは、2014年に「au」から「BIGLOBE」にMNPしたのが最初で、これまでに9社のMVNO・格安SIMを使ってきました。

幸い、今夏以降は「安住の地」(UQmobile)を見つけられた事で、しばらくは現在の状況を維持しようと思っています。



ちなみに、ワタシの9社の遍歴(契約時期順)は…

  1. BIGLOBE(お勧めしない)
  2. DMMmobile(お勧め)
  3. mineo(かなりお勧め)
  4. FREETEL(かなりお勧めしない)
  5. 0sim by So-net(微妙)
  6. UQMobile(絶対お勧め)
  7. DTIsim(お勧め)
  8. Y!mobile(お勧め)
  9. LINEモバイル(ややお勧め)


となっていますが、音声付きは1・4・6のみで、あとはサブ端末用の「データ専用SIM」を契約しています。

そんな経験の中からお勧めの通信会社を5社選んで、当ブログの「お勧め格安SIM」と致します。

お勧めの理由なども含め以下に記してみますので、良かったら参考にしてみてください。




スポンサーリンク





お勧め格安SIM第1位 UQmobile



前回のお勧めと変らず第1位は「UQmobile」です。

ワタシ自身がメイン回線で利用しており、その通信速度や品質には太鼓判を押せると考えている事業者です。

「UQmobile」は「au回線」を使用したMVNOで、通信の速度や品質の良さが際立った特徴の通信事業者です。



例えばこちら…

20161011_uqspeed_1232.jpg

今日(この記事を書いている当日10/11)の最混雑時間の昼12時台の通信速度ですが、「53.00Mbps」というとてつもない速さを記録しています。

上りが遅いのはau回線の宿命ですが、2Mbps近く出ているので、余程の大ファイルを送る等なければ実用範囲です。

筆者は、この「UQmobile」を音声通話付きのメイン回線として利用していますが、この日に限らず、多くの時間帯で他社MVNOには出せないような高速通信をコンスタンとに提供してくれるので、非常に満足度の高い通信事業者です。

因みに、au回線を利用したMVNOは僅かに2社しかありません(UQmobileとmineo)。

Softbank回線を使った格安SIMとして「Y!mobile」がある以外は、ほとんどのMVNOがNTTドコモの回線を利用しています。

このため、ドコモ回線のMVNOでは、利用者が集中する時間帯(昼時や夕方、夜間など)には通信速度の低下が顕著ですが、「UQmobile」では、あまり速度低下(※)を起こしません。



それに加え、「au」本体との距離感も大きな影響があり、UQmobileは「auのサブブランドだ(※)」とも言われるほど、近しい関係にあるのです。

===(※サブブランドとは)======

前出の「Y!mobile」は、Softbankのサブブランドです。

つまり、「Y!mobile」は、Softbank自身が運営する「第2の(サブ)」の通信事業者の名称(ブランド)なんです。

これを「サブブランド」と言いますが、「UQmobile」はauの資本が入っているとは言え、レッキとした別会社なのですが立ち位置が非常い近いため「サブブランド(のようだ)」と言われる訳です。

「サブブランド」化の恩恵として、「Y!Mobile」もそうですが、回線品質がキャリアそのもの、もしくはほぼキャリア並みの品質で利用でき、またそれが将来的にも継続を期待できる…という点が挙げられ、そういう意味で、ユーザーにとっては、ドコモ系MVNOとは一線を画した通信事業者として認知されていると言えます。

===(ここまで)======


こうした「サブブランド」化こそが、「UQmobile」をお勧め第1位に押す最大の理由でもあります。

それは通信の品質が限りなくキャリア(auの事)に近いのに、料金等はMVNOの特徴を出しているから…です。

言ってみれば、キャリアに近い品質が格安で使える…というのが「UQmobile」の最大のメリットだと言えます。



そんな「UQmobile」のお勧めプランは「ぴったりプラン」ではなく、「データ高速+音声通話プラン」です。

月額1,680円で3GBの高速通信が可能です。

若干、データ容量が少ないと感じるかもしれませんが、「UQmobile」にはキャリアにはない「低速もード」が用意されており、200kbpsの速度ながら利用料金がかかりません。

「低速モード」でも、メールやLINEトーク、音楽ストリーミングなどはストレスなく利用できるため、特に高速通信を必要とする場面以外は、普段は「低速モード」で利用することで、全体の通信料を削減することができるので、キャリア利用時よりも、1~2GB程度は少なくても済む事例もあります(筆者です^^)。




スポンサーリンク





UQmobileお勧め理由まとめ

  • キャリア並みの通信速度と品質
  • 3GBの高速LTE通信(音声付)が月額1,680円で利用可
  • 最低利用期間が1年間(データSIMは制限なし)
  • 低速モード(ターボOFF)で無料で通信し放題
  • アプリで、残量確認・モード切替・チャージが簡単
  • iPhoneでもテザリングが可能(2016/10/25追加)


逆に「UQmobile」のデメリットもまとめると…

  • 通信容量が3GBと小さい
  • 無料通話が付属していない
  • 利用できる端末が若干少ない(au端末・SIMフリー機)
  • iPhoneでテザリングができない
    2016/10/25 テザリング可能になりました!


通信容量は前述の通り「低速モード」で節約したり、500MB/500円でチャージ(トータル5GBにしても3,680円)する事で十分対応可能です。

また、無料通話についても、「G-Call」等の「通話料半額アプリ」を使用することでお得に通話可能です。

端末は、最近登場するSIMフリー端末は、au通信網に対応したものが多くなっているので問題ないと思います。



===(2016/10/26 追記)======

2016/10/25、初夏以来数カ月ぶりに、UQmobileの動作確認端末に「iPhone」が復活しました。

対応OSバージョンは、今現在の最新である「10.1」(2016/10/25リリース)です。

しかも、確認できた動作には「テザリング」が含まれ、ついに「UQmobile」回線×iPhoneでテザリングが可能になりました!

本日現在では、au系の「mineo」でも、ライバル「Y!mobile」でもテザリングは「不可」となっていますので、サブ機をお持ちの方にとっては非常に大きなアドバンテージになるものと思います。

現在、「nanoSIM」をご利用の場合は、「マルチSIM(VoLte対応)」に交換(3,000円)する事で、テザリングを利用できるようになります(サポートに確認済み)。

関連記事「UQmobile iOS10を正式サポート!テザリングもOK!」

===(追記ここまで)=====



UQmobile
【UQ mobileご契約促進プログラム】格安スマホのUQモバイル




お勧め格安SIM第2位 mineo(マイネオ)



2016年10月のお勧め格安SIM第2位は「mineo」と致します。

こちらは、2016年1月~6月の間、データSIMを利用していた実績から、そのユーザーフレンドリーな企業姿勢は高く評価できると思います。

他社にはないユーザーどうしのコミュニティを形成し、「フリータンク(※1)」「チップ(※2)」などの制度はユーザーからの高い評価を得ています。

===(注釈)======

※1フリータンク…mineoのユーザーコミュニティ「マイネ王」に設けられている、余ったパケットを寄付できるタンクです。契約した容量を使い切れなくなったユーザーが任意で寄付することができ、逆に足りないユーザーが1000MBずつ引き出して利用することができます。もちろん、寄付も貰うのも無料です。

この制度があるおかげで、1000MB程度なら追加購入をしなくても、コストをかけずに不足分を補うことができます。


※2チップ…「マイネ王」では、初心者さんをはじめ、様々なユーザーが質問や疑問を掲示板に書き込みます。それに対して、それを知っているユーザーが回答やアドバイスを書き込みますが、そのお礼として「チップ(10MB)」をプレゼントできる仕組みです。言ってみれば「いいね」のような感覚で、少しだけどお礼の気持ちを受け取ってね、ありがとう…といった感じで活用されています。

mineoと契約すると、最初にチップ10回分(100MB)がmineoからプレゼントされます。

こんな事やっている通信会社はどこにもない…と思いますので、この1点を取り上げても「mineo」をお勧めできる十分な理由になると思います。

===(注釈ここまで)======


回線はドコモ回線とau回線を選択できます(筆者はドコモ回線でした)。

いずれもずば抜けて通信速度が速い…という訳ではありませんが、前出の「マイネ王」を通じて、改善増強の実施予定や実施実績の情報公開を行っていて、どこぞの事業者と違って「遅かろうが関係ない」的な無責任さを感じさせない…という意味では安心して利用していられます。

どこかの通信速度の遅さを何カ月経っても改善の様子が見られない事業者に比べたら、昼時などは速度の遅さに困る場面もあったとしても、きちんと対応してくれているんだな…と思うことができる情報が発信されているのは、非常に安心感があります。

とは言え、ドコモ回線を利用しているMVNOである以上は、やはり混雑時の速度低下は、結果の大小の差はあれど避けられない問題だと思いますので、速度重視でMVNO…という事であれば、「UQmobile」一択になってしまうと思います。

あまり通信速度にはこだわりがなく、メールやLINEトークが普通にでき(低速モードでも問題ないコンテンツです)、速度が出る時間帯にWEBを見られればいいよ…というユーザーであれば、mineoはかなりお勧めの事業者になります。

余談ですが、現在「プレミアムコース」なるプランを実験中です。これは、混雑の時間帯に別ルートに迂回させることでスムーズな通信を提供しよう…というもので、現テスト段階では月額+800円で提供したいとしています。

こうした「より良い通信への取り組み」を常に怠らずに研究を重ねている姿勢も、ワタシは非常に評価しています。



mineo


※今なら「1GB」ぶんの通信料800円が半年間無料になるキャンペーン実施中!(音声プラン契約時)




お勧め格安SIM第3位 IIJmio



今回のお勧め格安SIM第3位は「IIJmio」にしました。

こちらの事業者は実は筆者は利用したことがありませんが、「IIJ」をMVNE(※)にした事業者「DMMmobile」を利用したことがあって、「IIJ」の通信品質に関しては実体験があると言えます。

※MVNE…簡単に言ってしまうと、「DMMmobile」は「IIJ」から回線を借りてMVNO事業を行っている…という事です。



「IIJ(インターネット・イニシアティブ)」は、日本の数あるMVNOの中でもリーダー的存在で、その高い技術力は広く認知されています。

つい先日は、NTTドコモに申請していた「加入者管理機能(HLR/HSS)連携」に関して承認を得たことで、2017年度中には国内初の「フルMVNO(※)」としての業務を開始する…としています。

※フルMVNO…従来のMVNOはドコモから回線を借りて、(仮想)通信事業者としての通信サービスの提供は可能でしたが、フルMVNOとなると独自にSIMを発行できるなど、既存のMVNOから一段上に上がった位置での事業が可能になる…とのことです💦

というように、その技術力や企業力は、国内事業者の中でも抜きんでています。


かつて、au系回線がiPhoneで通信を確立できない…という時期がありましたが、その際に、その解決策を見つけだしたのも「IIJ」でした。au回線を取り扱っていないのに…です(≧▽≦)。

そのニュースを聞いて、ワタクシは「この会社はすごいな」と思ったものでした。ある意味「刷り込み」かもしれませんが、それ以来、ワタシの中で「IIJ」はある意味、常にMVNOの長として見るようになった気がします。



ところで、最近「IIJ」関連で驚いたニュースがありました。

「同じ契約者ID」という括りはあるものの、通話(電話ですね)が、1通話当たり最大30分間無料で、何回でも通話できるサービスを開始したんです。

大手キャリアでは、同キャリア間の通話は無料…という仕組みがありますので、珍しくもないかもしれませんが、「通話」関連には弱いのがMVNOの通説でしたので、「IIJやるなあ」と思ったものでした。

前回までのお勧めベスト5には、プランが細かく分化されてチョイスしやすい…という理由で、IIJの回線を使用した「DMMmobile」を入れていましたが、この通話サービスのインパクトが大きく、今回は、本家「IIJmio」をランクインさせました。


IIJmio

IIJmioの通話定額オプション登場!何度でもかけ放題




お勧め格安SIM第4位 Y!mobile



前回まで第2位に入れていた「Y!mobile」ですが、今回は第4位としました。


なにか問題が起こったとか、サービス内容が悪くなった等の理由ではありません。

いくら「格安SIM」でも、やはりキャリア自身が運営するサービスですので、2か月ほど利用してみて、「やっぱりキャリアぽいよね」と感じることが少なからずあり、MVNO好きのワタシ的に「mineo」「IIJmio」を優先させた…ということでしょうか。

通信速度が速い、安定している…と評判の高い「Y!mobile」ですが、ワタシが勝手に感じるだけなのかもしれませんが、最大側をコントロールしているような印象を受けます。

昼12時台を含めて、これまでに10Mbpsを下回ったことは1回もありませんし、15Mbpsを下回ることもほとんどありません。

20161011_ymspeed_1230.jpg

↑こちらは、本日の昼12時台のスピード測定結果ですが、安定した高速通信です。上りが早いのも良いですね(*´▽`*)

それは非常にすごい事で、キャリアならではの品質だな…と納得せざるを得ないのですが、最大側を見ると少し首をかしげざるを得ないような印象なんです。

同じ表現の仕方で、「いつ計測しても同じ速度を維持」なんです。

最大値で、30Mbps超を見る事はほとんどないように思います。

「UQmobile」の方は、出る時は底なしに出て、計測者を喜ばせてくれるのですが、「Y!mobile」の方は、いつでも同じぐらいの速度をキープしていて面白味がないというか…(≧▽≦)

逆に言えば、たまーに速度低下を見せてしまう「UQmobile」に比べたら、MVNOである「UQmobile」とは明らかに違うキャリア品質を見せつけているとも言えます。



本当に贅沢なモンクをいっていますよね。安定した速度を出していて文句言われたら堪らないと思います。

2年縛りや、2年目からの料金アップ、低速モードがない、アプリがない等々のデメリットを乗り越えてでも、快適に利用できる格安SIMである事は間違いないので、その辺は誤解なきようお願いします。

ただ、どうしてもMVNO好き~キャリアでいっぱい嫌な思いをした~のワタシ的には、

  • 2年縛り
  • 低速モードなし
  • アプリなし
  • 料金が割高(MVNO対比)


こうした「Y!mobile」のデメリットが、契約当初はその安定高速な通信に目を奪われて目隠しになっていた感がありますが、2か月以上利用してきて、「やはり…」と思い直したというのが本音でしょうか。

ただ、上記のようなワタシなりのデメリットは、人によっては何も問題じゃない…ということもありますので、そういう方には抜群のお勧め格安SIMとなります。


Y!mobile






お勧め格安SIM第5位 NifMo



今回のお勧め第5位には、当ブログ初お目見えの「NifMo」を選んでみました。

「NifMo」は、インターネット界では知らない人はいないほどのビッグネーム「ニフティ」が運営するMVNOです。

あまり派手な動きはしませんが、手堅い内容で安定したサービスを提供しています。

実は、ワタシ自身は「NifMo」の利用経験がありません。本来、当ブログはワタシの実体験を元に記事を書くのが基本スタンスですが、今回の「お勧め」に関しては「NifMo」をご紹介したくて、第5位に滑り込ませてしまいました。

以下の文面は、利用経験なし…ということでお読みください。説得力が希薄かもしれませんが💦



なんで利用経験がないのに紹介したいのか…と言うと、ドコモ系格安SIMの中で、ここ最近の通信速度計測サイトさんのスピードテストにおいてコンスタントに好結果を残しているからなんです。

もうここ数か月、速度低下することなく安定した計測結果を残しているので、ワタシ自身の計測ではありませんが、ここはやはりご紹介しない訳にはゆかない…ということなんです。

ドコモ系SIMは、どこの事業者さんでも速度の確保に苦心していて、大手だ、ビッグネームだ…に無関係に、いや、大手ほど放置傾向もあったりして、ドコモ系から速いSIMを探すのが至難になってきています。

例外的に、9月終盤から本サービス開始となった「LINEモバイル」は非常に安定して高速を出しています(筆者現在契約利用中)が、こちらは使途目的等では微妙なので、あえてお勧めベスト5にはいれませんでした。

それ以外で…となると、某サイトさんの検証の結果、一部に「スピードテスト・ブースト」を行うような不誠実な事業者も混在する中で、良質な体質と速い通信速度を持ったMVNOはなかなか見つけずらいのが現状です。

業界最安値クラス…とまでは安くはありませんが、平均的な料金設定で利用しやすいかな…と思いますので、「ドコモ系で」という括りでお探しの場合で、速度を求める方は検討してみることをお勧めします。


NifMo






番外編 0sim



「So-netモバイルLTE」改め、「nuroモバイル」となったSo-netの「無料(月間499MBまで)」で利用できるLTEサービスです。

実際、どうやって収益を上げてサービスを維持しているのか「謎」ですが、無料で使っていい…というのですから、ありがたく利用させて頂いていますが、正直、もしほんのちょっとでも費用がかかるのなら利用はしない…というのが本音です。

何より、LTEのキモである通信速度が遅い!

それに、So-net全体ですが、遅い通信速度をもう何か月も、いや年単位で放置している感じが非常に嫌です。

ワタシは、パソコンも「VAIO」ですし、自宅の通信も「nuro」ですし、カメラは「α」ですし、そもそもウォークマンで育ってきた世代ですし、アイボだったり、Xperiaだったり、その魅力ある商品群に魅せられてきた「SONY」ファンでもあります(症状は軽めですが💦)。

しかし、So-netという会社は、そんなソニーファンの期待を裏切ってくれる、かなりダメダメな会社です(笑)。

「nuro光」導入の際に、嫌というほど思い知らされました( ;∀;)

まあそんなSo-netの「0sim」ですが、ひとつ前の記事にも書いたように、世界最速を標榜する「nuro」の名をあえて冠したわけですから、今後は速度改善をする意思表示かも?などと、淡い期待は持っているんですけれど…。

ドコモ側の値上げで、SIM発行手数料を新設するMVNOがある中で、「ユニバーサル料」まで負担しなくていい…という「0sim」は、まさか発行手数料を取る訳にもゆかないのか、窓口を狭めてきました。

「0sim」だけに、毎月「0」の付く日(10日、20日、30日)以外は申し込めなくなりました。

すわ、廃止か、縮小か…と騒がれる中での「nuroモバイル」への移行だったので、その意図が計りかねる部分があり、速度の遅さは相変わらず…なので、お勧めできるのは、「499MBまで無料」のただ1点です。

ただ、新たな「nuroモバイル」の料金プランはリーズナブルで、特に最小の「2GB」はおそらく業界最安値です。

2GBの括りで見ると、「DMMmobile」や他社数社が770円で、「nuroモバイル」が700円の料金設定ですので、1GBでは足りない、3GBでは多すぎる…というユーザー(ワタシです)には、お得な料金設定かと思います。

あまり速度にこだわりがなく、2GB程度を安く利用したい向きにはお勧めかもしれません。


nuroモバイル






番外編 LINEモバイル



9月5日の先行リリースから利用していますが、ドコモ系とは思えない高速通信を維持している稀有な存在です(笑)。

この速度を継続できるなら、ドコモ系としてはダントツのお勧め…になるのですが、9月末に、本来10月1日だった正式サービス・インを前倒して開始になったばかりのサービスですので、利用者数もまだあまり多くないでしょうし、バックについているのが「OCN」だそうですので、太い回線を用意しているのかもしれませんが、まだ未知数である事は確かです。

またサービス内容にしても、ウリの「LINE」に関わる通信をノーカウントにしたり、上位プランでは「Facrbook」や「Twitter」の通信もノーカウントにする等、これまでにはあまりないサービス(FREETELが先行採用)ですが、ワタシ的にはあまり魅力を感じません。

SNSに要する通信量はあまり大きくなく、トークでテキストメッセージやスタンプをやり取りする程度の利用状況であれば、MVNO各社の「低速モード(200kbps)」で十分事足りるコンテンツなんですね。

もちろん、LINEモバイルはトークでも、タイムラインでも、画像や動画の送信・閲覧もカウントフリー範囲にしていますので、画像や動画をバンバン上げる…、またそういう友達と繋がっている…というのであれば、非常に利用価値は高いのかもしれませんが、多くの一般ユーザーの使用する範囲(テキストトークY&スタンプ程度)であれば、「LINEモバイル」でなければならない理由はあまりないのかなあ…などと思ってしまいます。

いずれにせよ、もう少し時間が経ってユーザーが増えてきて、通信速度の低下が見られない…となれば、逆に「超お勧め」に化ける可能性はありますが、現時点では「微妙」というのがワタシの印象です。

特に筆者的に言えば、今回の「iOS10」でiPhoneのメッセージ機能が強化され、Siri経由での利用もできるため、トークアプリに「LINE」を使っていない…という事も理由かもしれません。

ワタシに限らず、スマホの利用方法は千差万別、人それぞれですので、「LINEモバイル」の価値もそれぞれだと思いますので、あくまでワタシが「微妙だ」と思っているとご理解くださいね(*^▽^*)


LINEモバイル






お勧めしないMVNO



ワタシの利用経験から、「FREETEL」はお勧めしません。

詳細は前回の「お勧め格安SIM 8月編」をご覧頂けばよろしいかと思いますが、ワタシの体験だけでなく、速度計測サイトさんが「スピードテスト・ブースト」(アプリ計測時だけいい数値が出るように操作すること)の可能性を発見されて以降、ますますお勧めしない事業者になっています。

「お勧め格安SIM 8月編」はこちら

でも、速度はそこそこ出ているんですよ💦

なぜブーストするのか、意味が理解できないんですよね。

同じように、スピテス・ブーストをしている…と言われる「楽天モバイル」は、実測値も遅いので計測時に良い数値を出す…というのも理解できる(良いことだとは言っていません)のですが、実測でもそう悪くない数値のFREETELがブーストする意味が分かりません(笑)。

速度計測しているサイトさんは、アプリのみの計測に頼らず、画像のダウンロードなどで本来のブーストなしの速度を計測されていて(その努力に敬意を表します)、アプリの数値との大きな違いを我々に教えてくれました。

私自身も、アプリの数値と体感スピードが全然違う…と感じていましたので、数値的な裏付けを貰ったような恰好でした。

ワタシの体験上でも「どうなの?」と思うことは幾つかありますし、その上にスピテス・ブーストを行うような不誠実な企業では、お勧めするにもちょっとできない…というところです。

ただ、ブーストしていても関係ない、企業の姿勢なんて関係ない…というのであれば、ある程度の速度が出ているので、全くダメ…という訳ではありませんが、ワタシとしてはお勧めできません…という事でご理解ください。あくまで個人意見です。

FREETEL公式サイトはこちら




お勧め格安SIM まとめ



今回のお勧めベスト5には、ワタシが利用経験のない「NifMo」を含めたことが、自分なりに引っかかります💦

実体験した事を書く…という基本スタンスがある一方で、良い(と思われる)事業者をご紹介する…というスタンスもあるわけで、その狭間で悩みましたが、今回はお勧めに含める事としました。

「Y!mobile」の順位を下げ過ぎかなあ…という気もしますが、MVNOをお勧めしたいワタシ的には、逆に今回が妥当な順位かもしれない…とも思うのです。

ただ、その通信の安定性には文句のつけようがなく、別の側面から見れば「これがキャリアの実力だ」とも感じるわけで、ワタシがあげつらったデメリットが問題ないなら、文句なくお勧め事業者であることは確かです。

逆に「mineo」や「IIJmio」が、もっと速度を改善してくれれば文句なし…なんですが、「Y!mobile」との順位の差は実はほとんどないんですよね。

確かに企業体質の面では、「mineo」「IImio」は頭抜けていますし、その側面で満足度を計れば多くの方の満足度が高いと思いますが、反面、MVNOは速度が出てナンボ…という面もありますから。。。

そういう意味で、実用体験がないですが速度を語れる数少ないドコモ系SIMという事で「NifMo」をランクインさせた次第です。



お勧め格安SIMは、事業者のサービスの内容の変化や速度の上下で変動する可能性があります。

お勧めに変動があった場合には、追記あるいは新規記事にて更新版を掲載いたします。


⇒関連記事:「お勧め格安SIM 8月編」



UQmobile
【UQ mobileご契約促進プログラム】格安スマホのUQモバイル


Y!mobile



mineo



関連記事

コメント

コメントの投稿

※広告宣伝と思われるコメントは承認しませんのでご了承ください

検索フォーム

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーリンク

お勧め格安SIM&スマホ

お勧め格安SIM(2017.03月編) new!

■新登場!Softbank SIM «U-mobile S»
 管理人お試し中!
日本通信提供のSoftbank回線MVNOがU-mobileから登場!
U-mobileS契約・開通

■お勧め第1位 «UQmobile»
 管理人使用中!太鼓判!昼時ランチ検索も余裕でOK!
【UQ mobileご契約促進プログラム】格安スマホのUQモバイル
3/25~iPhoneSE発売!「ぴったり/おしゃべりプラン」で月額1,000円で現役iPhoneが買える!⇒「iPhoneSE
UQmobile記事一覧

■お勧め第2位 «Y!mobile»
 管理人使用中!太鼓判!昼時ランチ検索も余裕でOK!
3/25~iPhoneSE発売!32G/128G/4カラーから選べて月額1,000円から買える!⇒「iPhoneSE
Y!mobile記事一覧

■お勧め第3位 «IIJmio»
 管理人タイプA使用中!
IIJmio(みおふぉん)
技術力NO.1。リーダー的存在でMVNO業界を牽引!
IIJmioo記事一覧

■お勧め第4位 «LINEモバイル»
 管理人使用実績あり!昼時ランチ検索も余裕でOK!
ドコモ系ではダントツの通信速度とカウントフリー!
LINEモバイル記事一覧

■お勧め第5位 «mineo(マイネオ)»
 管理人使用実績あり
足りないパケット無料で貰える!?ユーザーフレンドリーNo.1
mineo記事一覧

お勧め格安SIM(2017.03月編) new!

応援お願いいたします!

ご訪問ありがとうございます!
宜しければ応援お願い致します
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安スマホへ
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ
次の記事への励みになります^^

お役立ちアイテム

通話料半額!

g-call_300x250.jpg
通話料半額!通話音質良好!通話料節約!
関連記事