2016/10/10

0simの速度が向上するんじゃないか…と思う件

先日10/01から、So-netのモバイル通信サービスが一新されました。従来のメインサービス「So-netモバイルLTE」を廃止、新たに「NURO」の名を冠したモバイルサービスを開始しました。
2016/11/24追記あり

20161010_nuromobile_280.jpg


従来何種類かあったサービスがスッキリと3種類にまとまりました。

■nuroモバイル
■0sim
■Prepaid LTE sim

です(PLAYSIM除く)。



…と、ある事に気づきます。

「0sim」も「nuroモバイル」の中の1つなんですね。

モバイルLTEサービスの名称も「nuroモバイル」ですが、「0sim」「Prepaid」も含めたサービスの総称も「nuro」なんですね。



これって、結構意味があるように思うんです。

勝手な想像ですけれど…(笑)。

今日は、もしお時間に余裕があれば、そんなワタクシの勝手な「妄想」にお付き合いくださいませ。

もう一度、誤解のないよう繰り返しておきますが、本記事はどこかに取材した…とか、So-netに知り合いがいる…といった事はまったくなく、ワタクシが勝手に想像している事なので、ぜっんぜん違ったからとクレームはナシでお願いしますね(笑)。




スポンサーリンク





nuroの名を冠した訳とは



我が家のインターネット回線は「nuro光」です。

昨年の春に申し込んでから、1年以上経った今年4月にやっと開通しました。

その間、すったもんだ…と、例の不満満載の「nuroの工事」問題もありましたし、マンション側の問題もあって、すんなり…とはいかなかったのですが、新たな代理店の社長さんや社員が一生懸命で、何とか開通に漕ぎつけてくれました。



で、早速計測してみると…



これは当時のメイン端末である「iPhone6s」で計測した数値です。

※我が家のパソコンはあまり高性能ではなく、6sの方が対応速度が速い…というお粗末でした(笑)。

それまで利用していた「フレッツ光」が、だいたい10~30kbps程度だったので、約15倍の速度に劇的に変わったわけです。

おかげで、性能の芳しくないPCもですが、宅内WiFiで利用するスマホやタブレットがサクサクで利用できるようになりました。



何が言いたいのか…というと、「nuro光」は、「世界最速」を標榜しているサービスですし、実際に上記のような速度を出してきます。

世の中には高性能パソコンで、700~800Mbps出た…なんて報告も目にしますので、世界最速は確かにそうなんだろう…と思えます。

で、このタイミングで、その「nuro」の名をモバイルサービスに冠してきたという事は、遅い…ともっぱら評判だった「So-net」の高速LTEの速度を改善する意気込みなのでは?と思う次第なんです。

だって、そうでなければ、何も遅いままのLTEに「nuro」の名を冠して、わざわざ「世界最速」の名を汚す必要などない…と思うからです。



もちろん、単なる妄想である事は確かですが、それでも今夏に「UQmobile」の速度低下が起こった際にも、au社長の言葉「どうせ流れるならUQmobileへ」で、ワタシは今後はもう速度に関しては安心では?的な印象を持ちました。

それだって、何も根拠のない「妄想」に過ぎませんでしたが、今の「UQmobile」を見れば、まあ当たらずと言えども遠からず…的な、妄想屋の自己満足的な状況にはなったと思っています(*^▽^*)

今後の「So-net」にはちょっと注目してゆきたいと思うんですけど、的外れ…ですかねえ(笑)。




0simの速度は向上するか?



「0sim」の方にも(WEB上に)少し違いがあります。

WEBを見てもほとんど記載内容は同じなんですが、ふと気づきました。

「by So-net」が消えているんです。

従来、0simの正式名称は「0sim by So-net」でしたが、現在は「0sim」とだけ記載されています。

つまり、上記で書いたように「nuroモバイル」の中の1サービスとしての位置づけなので、「by So-net」を消した…と見るのは深読みしすぎでしょうか?

つまり、「0sim」も「nuroモバイル」の1つなので、早いんだよ~と表現したかったのでは?って訳です(≧▽≦)



で、昨日あたりから「0sim」の速度に注意しているんです。

計測結果を取りためて、検証してみたいと思って…。

「0sim」は、現在は「iPhone4s」に入れているので3G通信なんですが、これまではほとんど(全くと言っていい)1Mbpsなんて超えませんでした。

以前にどこかの記事で書いたと記憶していますが、「UQmobile」の低速モードとほぼ同等…の速度、つまり200kbps以下だという事でしたが、1Mbpsを超えて、少しでも速度アップがあれば、端末を「6s」に換えて計測してみようと思っています。

実は、昨夜から始めたので、まだ1回しか計測していないのですが…

20161009_0simspeed_2354.jpg

なんと、ワタシが「」0sim」をい使い始めてから、(おそらく)最速の1Mbps超です(笑)。

1.64Mbpsも出ています。

なんだ大したことはない…と思われるかもしれませんが、従来の1Mbps未満と比べると、体感では明らかな差があります。

当ブログへのアクセスもかなりすんなり表示することができていました。

他の速度計測をされているサイトさんでは、「1Mbps」出ていれば合格…という記述もありますので、そういう意味でも、合格の数値ではないかと思います(ダメな子ほどかわいい…的な判官びいきがありますね、あきらかに~笑)。

まだ「3G」通信で、僅か1回の測定では何とも言えませんが、最初の計測でこの数値が出て、弾みがついたことは間違いありません(≧▽≦)

あまり過度な期待をせずに、速度を追ってみたいと思います。

その結果はまたいずれ…。



===(2016/11/24追記)======

きました~~~(≧▽≦)

ついに、「0sim」がスピードアップの兆しを見せたので、別記事にてレポートしています。

まだ安定しないようですが、これまでとは明らかに別次元の速度を計測しています。

体感速度も十分に「高速感」があり、これが466MBまで無料だと思うと感動的です(笑)。

そんな「0sim」のスピードアップに関する記事はこちら…。

⇒『0sim~ついに速度向上か!?

宜しければ合わせてご覧くださいっ!

===(追記ここまで)======




スポンサーリンク





ちょっと余談。

新しい「nuroモバイル」、使いやすそうな容量と料金設定ですね(*´▽`*)

「1GB」プランはなく、最少で「2GB」からのプランですが、「2GB」を選べるMVNOはあまり多くないですし、業界最安値を標榜する「DMMmobile」でも月額770円ですので、「nuroモバイル」の700円は最安値になるんじゃないでしょうか?

調べてみると、2GBをチョイスできるのは、前出の「DMMmobile」のほか、「エキサイトモバイル」「hi-ho LTE」ぐらいしかなく、いずれも「770円/月」の料金でした。

実は、ワタクシのサブ回線は「DTIsim」のお試しプランを利用しているのですが、無料期間が年内で終了するので、新たなMVNOのテストも兼ねてどこかへ移行したいと思っています。

でも、現状の3GBはちょっと容量的に多くて、余らせてしまう事が多いですし、料金的にも900円クラスよりちょっと低い700円というのも魅力です(今はお試なので無料ですが)。

「0sim」の速度計測の結果では、「nuroモバイル」の契約もあり得るかもしれません。

nuroモバイルの公式サイトはこちら





今回はワタクシの妄想にお付き合い頂きありがとうございましたm(_ _)m

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

非公開コメント