2016/10/29

UQmobile・Y!mobile・mineo(Aplan)で iPhoneを正式サポート

もう既にご存知かと思いますが、「UQmobile」「Y!mobile」「mineo(Aプラン)」で、iPhoneが動作確認端末に掲載され、正式にサポートが公表されています。

20161029_top_280b.jpg


iPhoneユーザーには大きな朗報ですよね。

ワタクシ自身、動作確認に掲載されていない状態でiPhoneに「UQmobile」のSIMを刺して運用していましたし、そういう方も少なくなかったかと思いますが、これでやっと一抹の不安を感じながらの運用とオサラバできるってわけです(笑)。

もちろんドコモ回線のMVNOでは従来から問題なくiPhoneを使えてきた訳で、本記事で述べるのは、「au回線」「Softbank回線」の格安SIM(Y!mobile含む)です。

ワタクシ自身が「UQmobile」ユーザーである事から、少々情報に偏りが出てしまいますが、「UQmobile」のサポートに電話をかけ『9.3.5までのiOSをインストールしたiPhone6sまでのiPhone』なら使用可能との言質を得ていました。

他の2社には直接問い合わせていませんので、今回のサポート前にどのうような状況であったのかは正直あまり情報がないのですが、今回、動作確認端末に確認機種が掲載されましたので、それに合致する方は安心して利用することができるようになったわけです。

しかし、実は対応状況は3社3様で、サポートしている内容が少しずつ違っていますので、ここで改めてまとめてみます。



スポンサーリンク





UQmobile Y!Mobile mineo(A)
回線 au Softbank au
iPhone5s iOS 10.1 iOS 8.4.1 iOS10.1
iPhone5c - - iOS10.1
iPhone6 - iOS 9.0 iOS10.1
iPhone6s iOS 10.1 iOS10.0.2 iOS10.1
iPhoneSE iOS 10.1 iOS10.0.2 iOS10.1
iPhone7 × iOS10.0.2 iOS10.1
テザリング × ×

※ご指摘により一部修正しましたm(_ _)m



どこも一緒のようで、実は少しずつの違いがあるんですね。



「iOS」バージョンで言えば、「UQmobile」と「mineo(A)」は「10.1」をサポートしていますが、「Y!mobile」では「10.0.2」までです。

端末で言えば、「Y!mobile」と「mineo(A)」は「iPhone7」をサポートしていますが、「UQmobile」は「6s」までです。

その代り、「UQmobile」は「6s」までですが、唯一「テザリング」を可能としています。




どこがオススメなのか



サポートしている「iOS」バージョンが最新なのは、「UQmobile」と「mineo(A)」です。

端末が最新なのは「Y!mobile」と「mineo(A)」ですが、OSバージョンや、端末モデルが最新であれば優れているのか、お勧めなのか…というと、そうでもありません。

ユーザーがどんな使い方を望んでいるのか…で、選択肢は異なってきます。



例えば、ワタクシ。

ワタクシは仕事柄、iPadや古いAndroid端末なともネット接続するシーンが少なくないのですが、1台1台にSIMを契約する事は経済的に無理ですので、スマホの機能として「テザリング」が絶対に外せません。

そういうワタクシが上記のサポート内容から選ぶとすれば、唯一テザリングが可能な「UQmobile」を選ぶか、「Y!mobile」「mineo(A)」を選びたければAndroid端末で使用する(実際にYMをAndroidでテザリング使用しています)しかないわけです。

iPhone好きのワタクシとしては「UQmobile」一択…ということになります。



しかし、別のケースを考えると、例えば今回導入された「ApplePay」による「Suica」利用をしたい…、iPhoneをかざして電車やバス載ったり、コンビニで買い物をしたい…と思えば、「iPhone7」をサポートしていない「UQmobile」は選択肢には入れにくく(※)なります。

「Y!mobile」も、サポートiOSバージョンは「10.0.2」ですので選べません。

唯一の選択肢は、「iPhone7」「iOS10.1」をサポートしている「mineo(A)」という事になります。



スポンサーリンク





こうして見てみると、ドコモ系以外で探す場合、「ApplePay」と「テザリング」を両方使える(正式サポート)格安SIMはない…と言う事になるんですね💦

なんとか「UQmobile」にiPhone7」をサポートして貰うか、「mineo(A)」にテザリングを頑張ってもらうしかない(「Y!Mobile」は両方ですね)訳で、ぜひとも「なる早」でお願いしたいところです。



結局、実際のチョイスはどこ?



前項の(※)に関してですが、ワタクシの感覚では、「正式サポート」と実際はちょっと違う…という感じがしています。

と言うか、していました。


過去事例として、動作確認に「6s」など掲載されていない間から「iOS10.0.2」で使用してきましたし、「iPhone7」を購入後も同様で、動作に不具合や利用できない機能などはありませんでした(テザリングはau回線では不可…が当たり前でした)。

そういう意味では、ユーザー個人個人の責任においての「チャレンジ」にはなってしまうのですが、「UQmobile」で「iPhone7」を使う、「Y!mobile」で「iOS10.1」を使う…というのは、利用できる可能性がない訳ではない…と思うんです(ただし、チャレンジに失敗したとしても自己責任が大前提ですが)。

実際、「iPhone7」に「UQmobile」のSIMを刺した状態で、「ApplePay」にクレジットカードを登録し、Siucaを発行する…ができていますし、通話・通信、その他のアプリも正常に動作しています(もちろんワタクシの自己責任内です)。

これまでも、事業者の「動作確認」や「正式サポート」は、最悪の場合を想定しているのであって、実際には使える・設定できることはもう少しあるだろう…と思ってきましたし、それで痛い目にあったこともなかったのです。



しかし、今回は認識を改めざるを得ない状況に直面しました。

前回記事でお伝えしましたが、「iPhone7」+「iOS10.0」に「UQmobile」のSIMを刺しても「テザリング」はできませんでした。

正直、iOSより端末だろう…という気持ちが強かったので、案外イケるんじゃない?と思っていたのですが、残念ながらその思いは脆くも散りました(笑)。

前述の通り、ワタクシ的には「ApplePay」よりも「テザリング」が優先なので、ちょっとこれは痛い仕打ち…でした💦

幸い、「6s」をサブ機として手元に残していたので、メイン端末を「6s」に戻すことで実用上の被害なく利用できていますが、正直、「動作確認」や「正式サポート」を舐めていたと言わざるを得ません(≧▽≦)

これがもし、今回の「UQmobile」の「テザリング可」への変更を見て新機種でもイケるだろう…と考え、「6s」を下取りに出して「iPhone7」を購入していたら笑い事では済まなかったな…と大いに反省した次第です💦

「動作確認」を確認するのはもちろんですが、少しでも不安に思う事があれば「サポート」に電話する…と言う事が非常に重要だと思います。

また、「チャット」も復活しているようなので、チャットで問い合わせてみてもよいと思いますが、いずれにしても、勝手な想像や思い込みは「痛い目」をみる可能性が高まりますので、ご注意を…ということですね(*^▽^*)



という訳で、各々のユーザーの使い方、何を望むのか、何が外せないのか…てチョイスは違うということになりそうです。

「テザリング」が外せないワタクシは、メイン端末を「6s」に戻した上で「UQmobile」SIMを使用する…という選択をしました。

じゃあ、電車に乗る時には「7」を2台持ちで出かけるのかと言うと、従来のPASMOカードで十分…ということになり、では何のために「7」を購入したのか?…という悲しい現実があります( ;∀;)

UQさん、早く「iPhone7」もサポお願いします(^人^)



UQmobile



Y!mobile



mineo



関連記事

コメント

非公開コメント

Re: No title

こんにちわ>ヒロシさん

ご訪問&コメントありがとうございます。

> UQの最新iPhone7の正式対応は次期iPhoneが発売されてからでしょう。
> simフリーiPhone7+UQなんか許したら、本家auでiPhone7の売り上げが落ちるから
> 今、UQでiPhone6シリーズが正式対応されていないのは、auの在庫処分でUQでiPhone6シリーズが販売されるから。
> iPhone7、iPhone6シリーズがUQで正式対応されていない理由だと思います。

まあ順当に考えれば、「7」サポートも、「6」発売も仰る事が既定路線でしょう。同感です。

しかし、状況によってはそうでなくなる可能性もあるかもしれませんよね。

今回の各社iPhoneサポートでは、Y!mobile/mineoA共に「7」をサポートしています。
それを踏まえて、来年2月の「5分かけ放題」等のサービスではYMへの流出にある程度歯止めがかけられる…と踏んでの、現時点の「7」「テザリング」保留なんでしょう。でも、「5分」でYMへの流出が止まらない…、あるいは、mineoAでの「7」比率がUQが思っていたより多い…等々という事になれば、再度のテコ入れが必要となるわけで、その際には「7」サポートを盛り込んでくる可能性は充分あると思いますが、それまではau本体の「7」を売りたいのは確かでしょうねぇ。

しかし、au本体の「7」が売りたいからといって、UQで「7」「テザリング」を制限する事で、UQをスルーして全てYMに流出してしまうのではこれまた意味がありません。
KDDI側からも「せめてUQmobileへ」という発言があるぐらいですから、全てYMにとられるぐらいならUQへ…と、これもまた同様に再テコ入れが必要になるかどうかで対応は違ってくるのかなと思います。

まあ、何が起こるか分からない「必ずしも」…なところがMVNOなり、格安SIMの面白いところだと思いますし、どんな形にしてもますます競争が激化してくれる事が、ユーザーにはプラスになるのだろうと思います(≧▽≦)

正直、事業者側の「都合」や「理由」なんて知ったこっちゃありませんし、そんなもの慮ってやる必要もないと思っています(笑)。
競争が激しくなって「これぐらいでイケるだろう」が崩れ、もっとやらなくちゃ…になればユーザーが望む形になりやすいのかな…と思います(*^▽^*)


No title

UQの最新iPhone7の正式対応は次期iPhoneが発売されてからでしょう。
simフリーiPhone7+UQなんか許したら、本家auでiPhone7の売り上げが落ちるから
今、UQでiPhone6シリーズが正式対応されていないのは、auの在庫処分でUQでiPhone6シリーズが販売されるから。
iPhone7、iPhone6シリーズがUQで正式対応されていない理由だと思います。

Re: No title

非公開コメントで頂いたのでお名前も本文も載せませんが、ご指摘ありがとうございました。うっかりしておりました。すみませんm(_ _)m

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます