記事一覧

MVNO~料金を家族名義で支払うには

全ての面で至れり尽くせり…とはゆかないMVNO。まだまだ不便がいっぱいありますが、料金を本人名義のクレジットカードでしか支払えないのもその一つです。

20161107_creca_280.jpg


選べる端末が豊富になり、プランもユーザーの多様なニーズに徐々に答えられるようになり、通信や通話料金に割引制度が導入されるなど、少しずつでも使い勝手が向上しているMVNO・格安SIMですが、まだまだ不便なことも少なくなくて困る事がありますよね。

多くの事業者で「機種変更(端末の追加購入)」ができない事もその一つです。



ワタクシは、2014年に「iPhone6」を購入したタイミングで、それまで利用していたauから「BIGLOBE」へ移行しました。

通信速度が遅く、あまり改善しないことで「縛り」の明ける1年後にすぐに他社へMNPしました…なんて余談はさておき、その時にSIMフリーiPhoneを買わずに、Android端末をセット購入していたら、今のタイミングがちょうど2年経過…ということになります。

けれど、当の「BIGLOBE」でも、他の多くのMVNOでも、端末のみの販売をしていませんので、いわゆる「機種変更」(実際には追加購入)はできないんですね。

これは、MVNO各社が、まだまだ新規加入(契約)を想定している部分が大きくて、継続ユーザーには目を向けていないためだと思うんです。

ごく一般的に考えて、大手キャリアが仕組んだ「2年縛り」の罠で多くのユーザーは2年をめどに端末を替える…と言う事が多いですし、そうでなくても、使っているうちには故障もすれば、破損もするでしょうし、単純に飽きてしまったという理由だってあり得る訳ですが、いずれにしても端末を入れ替える事はあるわけです。

元々、端末を販売していないなら「当社では端末は販売しておりません」と言えるでしょうが、新規契約の際には端末を販売しておいて、ユーザーが(継続意思があるからこそ)「端末が欲しい」という要望をしても「NO」と言うのはおかしいというか、損でしょ?と言いたいですよね。

だって、端末が欲しかったら、自分でSIMフリー端末を探して購入する方法の他に、他社へMNPしてセット購入するって方法もある(そんな時1年縛りは助かります)訳ですから、せっかく継続意思があるユーザーをみすみす他社へ逃がしているケースもあるんじゃないかなあ…と思う訳です。

「mineo」と「DMMmobile」が端末の追加購入が可能になった事で、今後は他社の追従も増えるでしょうし、上記のような事を考えれば、追加購入させない方がおかしいと思うので、次第にMVNOでの機種変更(追加購入して自分でSIMを差し替えるだけでしょうが)が可能になってゆくのは間違いないと思います。

余談が長くなりましたが、そんなMVNOの不便がもう1つあります。




スポンサーリンク





料金の支払いに関してですが、大多数のMVNOが「本人名義のクレジットカード」のみでしか支払えない…としている事です。

これは、対面販売が原則の大手キャリアと違って、ネット上で契約を完了させるMVNO故の事情で、クレジットカード会社の信用情報を利用しているから…なんだろうと思います。

しっかり審査した上で発行しているクレジットカードであれば、契約者の信用はある程度担保されるわけで、それをいちいちMVNOで行わずに済ませているんだろうと思います(もちろん不払いの場合の担保もあるでしょうし)。

まあ、この記事では理由は重要ではないのでこだわらずに先に進めますが、本人名義のクレジットカードでしか契約できない事のデメリットもある訳で、例えば、そもそもクレジットカードを持っていない方もいます(ワタシの仲の良い友人にクレカを信用していない…という人が実際にいます)し、未成年だったり、大手キャリアで配偶者(世帯主等)の名義で支払いをしていた等々、個々のユーザーの都合で、本人名義のクレジットカードで契約できない、したくないという契約希望者も少なくないはずです。



その点「Y!mobile」は、当ブログでは格安SIMとしてご紹介していますが、その実はキャリアそのものですので逆にこの面では優れているかもしれません。

他のキャリア同様、「支払い請求先」の名義のクレジットカードでの支払いが可能なんです。

これが可能だと、未成年者はもちろん、配偶者や祖父祖母など、家族名義の回線でも世帯主が支払者になることができます。

それ以外のMVNOでは、現時点では私が知る限り、本人以外のクレジットカードで支払う事ができる事業者はないと思います。

でも、そうはいっても、個々の家庭の事情で、どうしても回線名義とは異なる名義で料金支払いたい…と言う事はあると思いますので、今回はその方法を探してみました。




そもそも回線名義を換えてしまう



本人名義のクレジットカードしかダメ…というのであれば、回線名義そのものを支払者にしてしまう…という方法があります。

この方法は、MVNOに移行する前に行わなければ不可能な方法で、現在のキャリアにいる内に「名義変更」の手続きをして、回線名義を支払者に変更する方法です。

例えば、現在、奥さんの回線の支払いを旦那様が支払っている場合、奥さんの回線の名義を旦那様名義に変更してからMVNOにMNPすれば、回線名義と支払者名義は一致していますので問題なく契約できますし、名義変更では電話番号は変わりませんので、友人知人への新番号の通知…といった煩わしさも発生しません。

大手キャリアを出ることで「継続割引」も無くなりますので、同じ名義で長年使用している事のメリットも消滅しますので、「継続」という点でも問題ありません。

ただデメリットとして、請求書が旦那様に行くので、その利用内容などを旦那様が見られるという事に抵抗を感じる場合があるかもしれませんが(笑)。

手続き自体は簡単で(というかキャリアはショップでやってくれます)、双方の身分証明書があればできるようです(実際の手続きは各事業者に問い合わせてくださいね)。

ドコモの場合、契約事務手数料2,000円がかかるようです。




家族カードを作る



回線名義は変えたくない、あくまで自分の回線は自分名義にしておきたい…という場合は、クレジットカードの方で対策してみましょう。

もし、現在、キャリアの支払いに使用しているクレジットカードに「家族カード」が発行できる場合は、これを使うのが簡単です。

また、現在支払いをクレジットカード以外で行っている場合でも、MVNOに移行する際にはクレジットカードが(ほぼ)必須となりますので、新たに作る際に家族カードを一緒に作っておくとよいかもしれませんね。

未成年者さんの場合でも、カード会社によっては一定年齢に達していれば作ることができるので、その辺はよく調べてみてください。


例えば、メジャーな処で「セゾンカード」の場合は、18歳以上(高校生不可)なら家族カードを発行する事が可能ですし、楽天カードも条件は同じで、家族カードを作るとポイントが貰えたりします(笑)。

ポイントと言えば、この方法の場合、カードの利用額に応じたポイントは本カードに集約されてしまいますので、それが不都合の場合は次項の方法をチョイスしてください。



ワタクシの場合も、来月に奥さんの「更新月」を控え、「UQmobile」へのMNPを前提に私のカードの家族カードを作る申し込みをしたところです。

ワタシがメインで利用しているカードは「リクルート・プラスJCB(ポイント還元2%!)」ですが、このカードはすでに新規申込や家族カードの申込みを打ち切っていますので、残念ながら家族カードを作れませんし、家族カードにも年会費が発生するので現実的ではありません。

そこで、セカンドカードである「リクルートカードVISA」を使う事にしました。

このカードはポイント還元率1.2%と、プラスほどではありませんが高還元率ですし、「nanaco」等の電子マネーチャージもポイントになりますし、年会費無料で家族カードを作ることも可能なのでこのカードに決めました。

このように、家族カードに年会費が発生しないカードに家族カードを作り、そのカードでその名義の家族をMVNO契約する…というパターンがお勧めではないかと思います。




スポンサーリンク





カードの振替口座を家族名義にする



前項と少し似ていますが、家族カードを発行するのではなく、カードの支払いを振替える口座を家族名義にする…という方法です。

例えば、MVNOには奥さん名義のカードで申込み、そのカードの支払い口座(振替口座)に旦那様の口座を指定する…という方法も(全てのカード会社ではありませんが)可能です。

例えば、セゾンカードの場合だとカード名義と異なる家族名義の口座を指定できますので、この方法が成立します。

この方法であれば、クレジットカードに付くポイントも奥さんに付くので、前項のような「本カード名義に集約」という問題もクリアできます。


ただ、全てのカード会社で可能かどうかは分かりませんので、お使いのカード会社に問い合わせてください。

なお、MVNOの料金だけでなく、他の支払額まで口座名義人である旦那様に分かってしまうのが嫌な場合には、MVNO用のカード(他に支払いが計上されないカード)を作り、それを使用するとよいかもしれませんね(秘密の度合いは各家庭で違いますので~笑)。




お勧めのクレジットカード



■リクルートカード



ポイント還元率1.2%が魅力のカードです。月間の総支払額に対する2%付与なので無駄なく還元されます。

貯まったリクルートポイントは、ポンタに等価交換できます。

年会費はずっと無料で、家族カード発行可能でもちろん無料です。

ワタシは海外へ行かない(マイルを貯めない)ので、リクルート(=ぽんた)ポイントを「じゃらん」で使って旅行・宿泊費に充てています(*^▽^*)

「nanaco」等の電子マネーチャージもポイント対象なのがマルです。



■楽天カード



もう当たり前すぎて何もコメントがありませんが、楽天グループを利用する方なら持っていて損はないカードです。

年会費無料はもちろん、様々なポイントキャンペーンも頻繁に行われるのでポイントを貯めやすいカードです。

18歳以上(高校生不可)なら家族カードの発行も可能です。




MVNO~支払いまとめ



まだまだ不便が多いMVNOですが、支払いに関しては「非常に使い勝手が悪い」と言わざるを得なません。

楽天モバイルでは、口座振替が可能になる…というニュースリリースがありましたが、当然、本人名義の口座でしょうし、さらには口座振替手数料が100円かかるなど、「ユーザーの要望に応えた」的に記載していますが、あまりユーザーサイドに立ったサービスとは、まだ言えないのかなあと思います。

他にも、デビッドカードでの支払いを可能としているMVNOもありますが、あくまで本人名義…と言う事で、「支払いを家族がする」という面では、ユーザーサイドで対応せざるを得ないのが現状です。

より良いサービスを…と言う言葉の先に、こうした事も対応してくれると良いですね。。。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

お勧め格安SIM&スマホ

お勧め格安SIM(2016.12月編) new!

■お勧め第1位 «UQmobile»
 管理人使用中!太鼓判!昼時ランチ検索も余裕でOK!
実効速度No.1 速さで選ぶならMVNOナンバー1のUQmobile
UQmobile記事一覧

■お勧め第2位 «Y!mobile»
 管理人使用中!太鼓判!昼時ランチ検索も余裕でOK!
ソフトバンク回線で速度は折り紙付き!10分間話し放題も!
Y!mobile記事一覧

■お勧め第3位 «LINEモバイル»
 管理人使用実績あり!昼時ランチ検索も余裕でOK!
ドコモ系ではダントツの通信速度とカウントフリー!
LINEモバイル記事一覧

■お勧め第4位 «mineo(マイネオ)»
 管理人使用実績あり
足りないパケット無料で貰える!?ユーザーフレンドリーNo.1
mineo記事一覧

■お勧め第4位 «IIJmio»
 管理人タイプA使用中!
IIJmioの通話定額オプション登場!何度でもかけ放題
技術力NO.1。リーダー的存在でMVNO業界を牽引!
IIJmioo記事一覧

■お勧め!無料トライアル «U-mobile»
 管理人お試し済!
高速通信5GB!初期費用も基本料も無料で2か月試せる!
U-mobile記事一覧

お勧め格安SIM(2016.12月編) new!
お勧め格安SIM(2016.11月編)
お勧め格安SIM(2016.10月編)
お勧め格安SIM(2016.08月編)

Y!mobileスターターキット

Y!mobile「データsimプラン(1GB/月額500円)」を利用するためのスターターキットです。SIMサイズをご確認ください。
20161114_starterkit_nano.jpg
⇒関連記事:Y!mobile~データSIMプランを利用するには

お役立ちアイテム

My Twitter

スマホの通話料削減!

g-call_300x250.jpg
通話料半額!通話音質良好!通話料節約!
関連記事

応援お願いいたします!

ご訪問ありがとうございます!
宜しければ応援お願い致します
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

次の記事への励みになります^^

My Instagram

Instagram始めました♪⇒smalife555
ブログにはない速度計測結果などもアップしますので宜しければフォローお願い致します。
my_instagrams.jpg

NURO光