2016/11/11

ApplePayカード難民的クレジットカード選び

iPhone7+iOS10の目玉機能である「ApplePay」。中でも電車やバスに「スイ」っと乗れちゃうSuicaを使いたくて「7」を購入したワタクシですが、思わぬ難問に直面しています(笑)。

20161110_applepay_280.jpg


ワタクシは、ガラケー時代に電子マネー(お財布ケータイ)が使いたくて「F502iS」に機種変更したのを皮切りに、iPhone4sに乗り換えるまでずっと携帯端末で電子マネーを利用してきた人です。

iPhone4sになって「お財布ケータイ」が使えなくなると、背面にカードを装着できるスマホケースを使いました。

残念ながら当時の写真などは残っていないのでご想像いただくしかないのですが、4sのケース(当然ですがハードケースです)の背面に、カード1枚を差し込めるようになっていて、ここにSuicaカードや、当時使っていた電子マネー「Edy」のカード等を入れて、「疑似お財布ケイタイ」のように使用していました。

端末を6にした際に、せっかく薄くなった本体にわざわざ厚みを増すような背面カードケースは嫌で、それ以降は、SuicaもEdyもnanacoも、すべてカードでの利用となって丸2年が経過する中、鳴り物入りで「iPhone7」が登場した訳ですから手に入れない訳がありません💦




私にとってのiPhone7-Suicaのメリット



Suicaをチャージ以外をコストをかけずに運用するのって意外に難しいですよね。

例えば、モバイルSuicaは年会費がかかりますし、「ビューカード」を使えばモバイルSuicaの年会費は無くなりますが、その分、「ビューカード」の年会費が発生します。

「ビックカメラ」のビューカードは年会費はかかりませんが、私の利用パターンでは貰えるポイントをうまく活かせない(ビックカメラを使わない^^;)ので、ポイントを無駄にするのが嫌で解約しました。

散々調べたあげく、定期券を購入しないのであれば、「SEIBU PRINCE CLUB カードセゾン」は年会費がかからずPASMOにチャージできる…という事で、オートチャージを設定してこれまで使ってきました。




でも、このオートチャージって、「まずはバス」な人には意外と不便です。

自宅から電車の最寄り駅までが徒歩や自転車…という方は問題ないのかもしれませんが、まずバスに乗るという場合には、オートチャージって残高不足に陥る可能性大です。

オートチャージは、電車の改札を通過(入場)時にチャージされるので、帰途に残額を使い切ると次に出かける際の最初の交通~バス乗車の際にPASMOが残高不足になることがしばしばあるんです。

もちろん、バス車内で現金チャージは可能ですが、それだとポイントが貯まらないんですよね…。

オートチャージがされるタイミングは、乗る時か、降りた時か、自由に設定できるといいのですけれどね…^^;




そんな訳で、チャージを端末上で任意のタイミングで行うことができる「iPhone7+ApplePay」は、ワタクシの利用方法にとてもマッチしているんです(*´▽`*)

降車時にチャージが無くなっても、次にバスに乗る前にiPhone上からSuicaチャージできるので、今後はバス乗車の際に残高不足に慌てることはなくなるはずです^^

それに、本来Suicaチャージがポイント対象外のカードでも、「ApplePay」経由でのSuicaチャージを行う場合には「ApplePay」にチャージした事になりポイント対象になるようなので、お得感もありますね(*´▽`*)

20161024_suica_007.jpg

チャージ元の選択ができます。「クレジットカード」を選ぶとカードから直接Sicaチャージした事になり、「ApplePay」を選ぶとカードからは「ApplePay」にチャージされ、それからSuicaにチャージされるんだと思います(ちょっとまだ不確かです💦)ので、ポイント対象になるかどうかの分かれ道…なんですかね(≧▽≦)




スポンサーリンク





ApplePayカード難民の誕生



そんな、ワタクシの「まずはバス」的事情を汲んでくれたかのような「ApplePay」ですが、どのクレジットカードを登録すれば良いのか…、実は正解がなくて困っています💦

ワタクシ、結構ハードなポイント収集家です(笑)。

基本は「ポンタ」で、状況に応じて「nanaco」も使いますが、基本は「ポンタ」に集約するように…と考えています。




正確には「ポンタ」というより、リクルートポイントです。

海外旅行に行かないワタクシは、マイルを貯める代わりにリクルートポイントを貯めていて(ポンタと統合される前から)、貯まったリクルートポイントを年に一回全部「じゃらん」に投じて、ちょっとお高い温泉に夫婦で出かける…というのを楽しみにしています。

日々のポイントのため具合が、河津さくらの季節恒例の旅行の宿のグレードに関わってきますのでかなり真剣です(笑)。

従って、利用するクレジットカードは可能な限り、2%の高還元率カード~「リクルート・プラス」です。

このカードは、ポイント還元率2%で、電子マネーもこのカードに紐づいた「QuickPay」をメインで使用します。

一部、「QuickPay」では支払えない税金等は「nanaco」で支払いますが、「nanaco」へのチャージは「リクルート・プラス」を使いますので、結局「リクルートポイント」が貯まるわけです。



当然、ApplePay導入のニュースを聞いた際には、「リクルートカード」を登録するつもりでいたのですが、蓋を開けてみればリクルートカードは登録不可( ;∀;)

そんな事は想定していなかったのですっかり予定が狂い、そこから「ApplePayカード難民」と化してしまいました💦




メインカードのチョイスは難しい



登録可能なカードは何枚か所持しています。

手持ちのセゾンカード、楽天カード、YJカードで良ければ悩む必要もないんですが、そうはいかないので困っている訳です。

  • 楽天・Tポイントは貯めていない

    インターネット通販は非常によく利用しますが、「楽天」でも、「Yahoo!」でもなく、「Amazon」を使いますので、「楽天ポイント」「Tポイント」が貯まってもあまり嬉しくありません。

    強いて使うとすれば「Yahoo!」の方ですが、請求が複数のカードから来るのはできるだけ避けたいので、積極的に「YJカード」を使う気にはなれません。

    JCBカードで貯まる「okidokiポイント」も同じ理由で使いたくありません。Suicaチャージ分だけの僅かなポイントを貰っても使えないですからねえ。

    ポイントは最大限まとめて使う派です(笑)。



  • セゾンポイントは率が悪い

    セゾンポイントの還元率は、1,000円ごとに付く1ポイントが4.5円相当なので、還元率は0.45%!少なっ!

    しかも基準が「1,000円」なので、999円以下は端数で切り捨てられてしまいます。

    つまり1900円の利用でも1ポイント(4.5円分)しかつかないわけです。

    ちなみに、上記リクルートプラスだと1,900円の利用で、38ポイント(38円分)還元されるのでその差は大きいです。

    という訳で、セゾンカードの中でもセゾンポイントが貯まるカードは使いたくありません。

    カードは、できるだけ貯めているポイントを効率よく還元してくれるカード優先です^^



こうして少し調べてみると、手持ちのカードの中で「これだ!」というカードが意外に少ない事に気が付きました。というより、ほとんどないっ!💦

ポイントに関して不利だったり、不利ではないものの使わないポイントだったり…で、「これっ!」というカードがないんですよねえ…。




スポンサーリンク





実際にカードを登録してみました



クレジットカードの登録を試したいので、手持ちのカードの中から、利用できそうなカードを何枚か登録してみました。

20161024_wallet_007b.jpg


最初に「これはどう?」と登録したのは「ローソンPontaカードVisa」カードでした。

冒頭に述べたようにワタクシは「ポンタ(リクルートポイント)」を貯めていますので、利用で「ポンタ」が貯まるこのカードがイイのでは?と思ったのです。

しかし、ローソンで利用する分には2%の「ポンタ」が付与されますが、加盟店での利用では0.5%しか付与されません。

これでは、何もわざわざ「ApplePay」で支払う必要はなく、従来通り、カード提示で事足ります。

Suicaチャージに関しても還元率が悪くて使う気になりません(笑)。




次に登録してみたのは「JCB」が発行する「EIT」カードで、年会費無料なので持っていますが全く利用したことがありません。

還元率はごく普通の1%ですが、利用ごとのポイント付与ではなく、月間の利用合計に対して1%が還元されるので無駄がなくて良いのですが、「JCB」のポイント(okidokiポイント)を貯めていないのであまり良いチョイスとは言えません。

他に「これだ」というカードが見つからなかったら、仕方なくこれを使うしかない…そんな感じでした。




そうこうしているうちに見つけたのが「マツダm'z PLUSカードセゾン」カードです。

カードとしては非常にマイナーで、知る人ぞ知る…的なカードで、通常は年会費無料なのですが、(車向けの)ロードアシスタントを付帯させると年会費750円がかかる…というカードです。

ロードアシスタンスに関しては、これまでは「JAF」を継続していたのですが、コチラの付帯サービスの方がコストが安くサービス内容も良いので、今夏から「JAF」⇒「m'z PLUS」に切り替えたばかりでした。




このカードで貯まるポイントは還元率の悪いセゾンポイントではなく、マツダの独自ポイントが貯まります。

還元率はマツダやエネオスでの利用なら2%、その他での使用だと1%の還元率ですが、付与基準が100円=1Pではなく1,000円=10Pなので、1,000円未満の端数が出るような金額での利用は端数切りで損してしまうので注意が必要なんですが、Suicaチャージに使うのであれば、必ず1,000円単位なのでポイントの無駄はなさそうです。

さらに、貯まったポイントは1P=1円でマツダで使用できるので修理や洗車などで無駄なく利用できそうですので、マツダ車オーナーならではのカードチョイスに落ち着きました(*´▽`*)

20161024_wallet_008.jpg

早速、Suicaに3,000円ほどチャージしてみました(≧▽≦)

やれやれ…。リクルートカードが登録可能になるまでは、このカードで行くしかなさそうです。




カードの登録方法



ApplePayにクレジットカードを登録するのは非常に簡単です。

「Walletアプリ」を起動し、画面右上の「+」をタップすると、こんな画面に切り替わり…

20161024_wallet_001.jpg


さらに右上の「次へ」をタップ、登録するカードを選ぶとカメラが起動するので、登録したいカードも盤面を撮影してやれば、カード番号や有効期限、氏名などが読み取られます。

間違いがなければ先に進み、セキュリティコードを入力すれば登録完了です。

※「ApplePay」の登録や、Suicaの発行等については次回記事でまとめたいと思います。

かつての(今はどんなオペレーションか知りません)モバイルSuicaのカード登録を考えれば、簡単すぎて拍子抜けしてしまう程ですね。




ApplePayカード難民まとめ



クレジットカードとして利用するつもりがなかった「マツダm'z PLUSカードセゾン」がApplePayのメインカードになるとは思いませんでした。

このカードは、クレジットカードと言うより、ロードアシスタンスの会員証みたいな感覚でいたので、最初は全く目に入っていませんでした。

そんな訳で、想定外のカードをチョイスする事となりましたが、今回、色々と調べて分かりましたがApplePayに登録するカードは人それぞれで、万人に「これがベスト」と言えるカードはないように思いました。

特にポイントなんて貯めてないよ…という方であれば、手持ちのどのカードでもよいのかもしれませんが、貯めているポイントがあるなら、そのポイントが貯まるカードを使いたいと思う訳ですが、案外、どのカードでも登録できるという訳ではないので、「ApplePayカード難民」は現れやすい気がします(≧▽≦)

でも、「まずはバス派」にとってのメリットや、本来Suicaにチャージできないカードや、ポイント対象外であっても、「ApplePay」を経由する事でチャージできたり等々のメリットも多いので、何とか自分に合ったカードが見つけたいものですね(*^▽^*)

あなたにとってのベストカードはもう見つかりましたか?


関連記事

コメント

非公開コメント