2016/12/03

U-mobile~無料トライアルキャンペーンを利用してみた

U-mobileトライアルキャンペーン」を実際に利用してみました。5GB/月のデータ容量を2か月間利用する事ができる無料お試しキャンペーンで、初期費用や月額利用料などがかからないので、気軽に試すことができます。
2017/06/20追記有り

20161130_um_sim280.jpg

数日前に「U-mobileトライアルキャンペーン」の紹介記事を書きましたが、私自身も記事を書き終えてすぐに申込みました^^:

すでにSIMが手元に届いていて、これから2か月間「iPhone7」に刺して、スピテスや体感速度、その他気づいた事などをレポートしたいと思います。

皆さんの一番の関心事は、やはり通信速度だろう…と思いますので、随時計測して公開してゆこうと思います。

なにせ月間5GBも使わせて貰えるので、何度もスピテスできるはずです(スピテスは結構データ量を食うので、少ないプランだとスピテスだけで月間容量を超えてしまうんです^^;)。

注)2017/05/09以降、トライアルで利用できるプランが変更になり、現在は「LTE使い放題」を2か月間利用できるようになっています。詳細は別記事をご参照ください。

参考記事:U-mobile~トライアルキャンペーンがLTE使い放題にパワーアップ!(2017/05/09)

スポンサーリンク

トライアル契約~開通の流れ

U-mobileの無料トライアルは、パソコンからでもスマホからでも申込み可能です。

20161130_um_001.jpg 20161130_um_002.jpg

「トライアルキャンペーン」ページから申込みフォームに入り、使用するSIMのサイズを指定します(5以降のiPhoneならnanoサイズです)。

SIMサイズは、トライアルに使用するスマホのSIMサイズを確認して正しく選択しないと使えなくて困っちゃいますので要注意です。

特に、初心者さんや、MVNOは初めてだ…という方は十分にご注意ください。

小さいサイズを注文しておいてサイズ変換アダプタを使おう…というのはトライアルではやめておいた方がよいかもしれません。

2か月後にそのまま終了する場合や、音声SIMでの契約をする場合、トライアルのSIMを返却する必要がありますので、アダプタ使用によってSIMが出て来なくなる等の事故のリスクを負うべきではないと思います(ドコモSIMはトライアルでなくても返却義務があります)。

このトライアルでは「SMS」は利用できない規まりなので、「SMS」項は空欄のままにします。

20161130_um_003.jpg

プランは間違えないように指定(分かりやすく表示されています)。

20161130_um_004.jpg

公衆WiFiも無料で使えるようなので、外出先(仕事・学校含む)での利用が多い方は、WiFiの使い勝手も一緒に試すと良いかもしれません。

因みに、SIMと一緒に「U-Next WiFi設定ガイド」が同梱されてきますので、設定も分かりやすそうです。

オプションに関しては、私は全て選択しませんでした(ワタクシほとんど屋内にいる人なので^^;)。

20161130_um_005.jpg

SIMサイズやプラン・オプション等の選択を終えたら、契約者情報を入力して申込めば手続き完了です。

特に難しい事はなく、注意すべき点もない(※)ので初心者さんでも問題なく申込み完了できると思います^^

※今回のトライアルでは「SMS」は対象外なので、それだけ忘れずに…。

注)2017/05/09以降の「LTE使い放題」でのトライアルでは、SMSも利用可能になっています。

U-mobile公式サイト

利用可能端末について

「U-mobile」は、ドコモ回線を使ったMVNO(格安SIM)ですので、利用できる端末は…以下の通りです。

  • SIMフリー端末
  • ドコモで購入した端末(SIMロック)
  • ドコモ以外で購入したSIMロック解除済の端末

もし、今回のトライアル利用が少し将来のMVNOへの乗換えの準備の1つであるとするなら、是非、SIMフリー端末を用意されることをお勧めします。

大手キャリアでは、回線の契約自体が「2年縛り」であったため、端末の購入もそれに合わせて2年ごと(24回分割払い)である場合が多いと思いますが、MVNOに乗り換えるタイミングで、回線契約の縛り(MVNOの音声契約は1年縛り)と、端末の購入(買換え)のタイミングを別々にしては如何でしょうか?

特にiPhoneの場合は、端末の寿命が長く、4~5年は余裕で使えます。

もしそうでないとすれば、3年落ちの「iPhone5s」を販売している「Y!mobile」と「UQmobile」は、使い物にならない端末を販売している事になってしまいますからね。

しかも、MVNOは短い縛りを終えたら、次々に別のMVNOに乗り換えて、自分の希望にあった会社を探せるのも魅力の1つですが、そんな場合でも、SIMフリー端末なら、どこへ持って行っても利用できる強みがあります。

もし、MVNOへの乗換えを取りやめて大手キャリアを継続利用する事になっても、持込み端末としてキャリアでも利用することができます。

もちろん、ドコモ端末を流用してドコモ系MVNOを利用するのも「大あり」ですが、次の買い替えタイミングの際には、そんな事も勘案されてみては如何でしょう。。。

現状で「U-mobile」で使用可能な端末は、「動作確認済み端末一覧」で確認してください。

20161130_um_006.jpg

U-mobileトライアルキャンペーン

SIM到着~プロファイル設定~開通

申込みの翌々日、宅配便で「SIM」が到着しました(仕事の関係で設定は深夜…^^;)。

早速、SIMを取り出し、同梱品を確認します。

2016-12-01_23-57-12_265.jpeg

SIMが1枚、「かんたんご利用ガイド」が1枚(冊子ではなくペラ1枚)、「U-next WiFi設定ガイド」1枚。

まずは「プロファイル」をインストールしたんですが、ご利用ガイドにはURLにアクセスするとプロファイルが表示される…とありますが、さにあらず^^;

20161130_um_007.jpg

こんな面倒くさそうなページが現れます。

内容を読んで上のプロファイルをインストールしました(Umobileさん、これ要改善ですよっ!)。

初心者さんだと、ここで萎える方もいますよ、きっと。不親切感満載です^^;

でもまあ、プロファイルなんて、ダメなら入れ直せばいいだけですから恐れずやってみてください(笑)。

次にSIMを挿入すると、検索したのちにすぐにアンテナが立ちました。

通信が確立したところで、「マイページ」の初回登録を行いました。

データ残量などが確認できます。

合わせて、AppStoreからUmobileアプリをインストール、1タップで残量確認ができるようになりました。

さあ早速、U-mobile最初の恒例スピードテストです^^

20161201_um_speed_0014.jpg

時間帯が時間帯ですから速くても当たり前ではありますが、20Mbps超が出ていて、思った以上に速いので少々驚きました。

20161201_uqspeed_0016.jpg

こちらは比較のために計測した同時刻の「UQmobile」です。まあ比較する方がおかしいですが…??

翌朝以降、数回計測しました。

20161201_um_speed_0921.jpg 20161201_um_speed_1245.jpg 20161201_um_speed_1405.jpg 20161201_um_speed_1703.jpg 20161201_um_speed_2104.jpg

(時刻/PIN/下り速度/上り速度)
■09:21/49/17.36Mbps/7.23Mbps
■12:45/54/0.34Mbps/3.63Mbps
■14:05/55/1.67Mbps/5.50Mbps
■17:03/59/1.23Mbps/3.03Mbps
■21:04/61/1.61Mbps/2.10Mbps

といった感じです。

最初の2回(深夜と午前中)は比較的速い速度を計測できましたが、それ以外の時簡単では目立つ速さは計測できませんでした。

ただ、通信速度は1Mbps出ていれば体感上は大差ない…と言う方もいますが、今回のUmobileの場合、「PIN」が早いせいか、あまりジレったさは感じずに実用性は十分だと感じました。

広告などの300x250ぐらいの画像が複数掲載されているWEB等では広告画像だけが遅れる感じですが、WEB本来の内容(テキスト)は表示済なので、広告画像が出なくても読むことができるため、さほど遅さは意識せずに使えるかもしれません。

前に記事でも書きましたが、正直言ってUmobileは「高速」だとの評価は得ていませんが、思っていたよりごく普通に使えるという印象でした。こればっかりは使ってみないと分かりませよね。

それにワタクシは、スマホ+格安SIMの組合せで動画は見ませんし、検索やニュース閲覧が主な使途目的ですので、余計に遅さを感じずに利用できたのかもしれません。

そういう、自分にとってどうなんだ?とか、この速度で満足できるのか?実用になるのか?…等々を確認するための「トライアル」なので、皆さんはご自分の使用エリアで、ご自分の使途で使ってみるのが一番…だと思います。

U-mobile公式サイト

Umobileトライアルまとめ

まだ使用して2日で「まとめ」も何もないんですが、一応、記事の体裁としてまとめさせてください(笑)。

Umobileトライアルのメリット

  • 初期費用が全くかからず試す事ができる
  • 通信量も全くかからない。
  • ユニバーサルサービス料は基本料に込み(基本料を無料でトライアル)
  • 月間5GB使える(2か月間で10GB)
  • 無料のWiFiサービスも試す事ができる
  • もし本契約へ移行する場合は、本契約の事務手数料もかからない(エントリーコードが貰える)

これ以外に使ってみたワタクシの「良い」方の感想として、「通信速度は思ったより実用性がある」という事は感じました。

Umobileトライアルのデメリット

デメリットって、あまり思い浮かばないんですよね。ほとんど無料で使わせて貰えてモンクなんてないですよ、基本^^

ただ、あえて重箱の隅を突いてみると…

  • 昼12時台の速度はやはり苦戦

    まだ試していませんが、画像の多い「美味しいランチ」探しなどはちょっと時間がかかるかもしれません。

  • 本契約に移行する際にSIM発行手数料は取られる

    でも、それはそうですよ、実際、別のSIMを発行して送ってくれるわけですからねぇ…。あえて書きましたが、あまりデメリットではないと思います。

  • SIM返送時に送料がかかる

    解約した際に、ドコモ系SIMは必ず「返却」が求められます。この際の返送料(80円切手と封筒代)はユーザー持ちです。

    2か月無料で使わせてもらったんだから、そのぐらいはいいような気がしますがね(笑)。

と言った具合で、ほとんどモンクのつけようがないような、ユーザーに一方的にお得なトライアルだと感じました^^

やめにくくないのか…

トライアル終了後に引き留めに合ったり、しつこく勧誘されたりすることはないのか…が心配な方もいるかもしれませんね。

ないです!(実際にトライアル終了して問題ない事を確認済)。

2か月間試して、気に入らなければサクっと解約してよいと思います(実際にできました~変な勧誘や引き留めは一切ありませんでした)。

20161130_um_008.jpg

Umobile自身がこう言っていますので…^^

トライアルの結果、通信速度がもっと速くないとこれではダメだ…と言うなら、速さに定評のある「UQmobile」や「Y!mobile」が選択肢になるでしょうし、サポートが不安…と言う事であれば「mineo」や「IIJmio」が選択肢になるでしょう。

MVNO自体がやはりダメだ…ということであれば、大手キャリアを継続するのが良いでしょうし、せっかく使ったんだからこのまま利用しようかな…と言う方は、ぜひUmobileを使い続けてあげれば良いと思います。

U-mobile公式サイト

いずれにしても、まずは使ってみて、試してみて、データ容量使い切るぐら使い倒してみると、様々な事が見えてくるような気がします。

MVNOって、使ってみないと分からない事って結構あるんですよ^^

==≪2017/06/20追記≫====

当ブログ絶賛お勧め中の「U-mobileトライアル・キャンペーン」が、2017年6月いっぱいの申込分にて終了となる事が発表されました。

昨年11月に開始になったトライアルキャンペーンは、この5月連休明けに「LTE使い放題プラン」に内容が変更・パワーアップされて好評でしたが、ついに終了となってしまいます^^;

6月30日の申込みが最終となり、トライアル期間の最長期限は8/31となりますが、その他詳細は最新記事にてご確認ください。

参考記事:U-mobile~無料トライアルキャンペーン終了へ~6/30申込分まで

ご利用を検討されている方は、お忘れなきよう…^^;

==≪追記ここまで≫====

今回は、Umobileのトライアルキャンペーンをワタクシ自身が契約しました…というお話しでした。

より良いスマホライフを!

関連記事

コメント

非公開コメント