記事一覧

UQmobile~SIMロック端末が判明した件

MVNOのセット端末は基本「SIMフリー」と相場は決まっていますが、キャリア色が若干濃い「UQmobile」ではSIMロックされた端末が何機種かあります。

20161223_uq_simrock280.jpg


キャリアである「Y!mobile」は別にして、格安SIM(スマホ)と呼ばれるMVNO各社では、市販の端末をそのままセット端末として取り扱っていますので、基本的に「SIMロック」は施されません。

そうした「SIMフリー」端末は、「周波数帯(バンド)」に対応していれば、どのMVNOへ持ち込んでも使う事ができます。

多くの端末は、ドコモの周波数帯には対応していますので、ドコモ系のMVNOを利用する場合には、MNPで乗り換えても端末はそのまま利用することができるケースがほとんどです。

しかし、au回線の場合は事はそう簡単ではありません(以下ものすごく要約します~笑)。

世界標準ともいえるドコモとは異なる周波数帯である事に加え、通話で使用する3G回線が「CDMA2000」という特殊な方式を採用している結果、市販の多くのSIMフリー端末が対応しておらず通話ができない…という問題があります。

そこでauは、通話にも4GLTEを利用する「VoLte」通話に舵を切りました(現状UQmobileでも3G通信はできませんのでiPhone4sは利用できません)。

しかし、このVoLteがまたやっかいで、各社の仕様が異なり、au-VoLteに対応した端末がほとんどない…という痛ましい事態となり、挙句、つい先日(11月の秋冬発表会)まで、ほんの数機種しかセット端末をラインナップできなかったなんて事が起こっていた訳です。

現在は、本体auの協力も得ながら、端末メーカーに働きかけて現行の17機種にまで拡大する事ができた…という経緯があります。




スポンサーリンク





セット端末とSIMロック



今日は、UQmobileがラインナップのうち、SIMロックされている端末はどれなのか…なんですが、これを知る事は、裏返せばAmazonやオークション、中古市場などで入手した端末がUQmobileで使えるのかどうかを知る手掛かりにもなるわけです。

つまり逆説的に、SIMロックされていない機種は、メーカーが販売するまんまの端末である訳ですから、UQmobile以外で購入してもそのままで使えるって事なんです。

では、SIMロック済の端末を見てみましょう。

20161223_uq_chat001b.jpg




iPhone5s



MVNOでは唯一、ラインナップに「iPhone」を持つUQmobileですが、この「5s」は非常に特殊な端末です。

以降に挙げる他の端末とは、同じ「SIMロック」でも、ニュアンスがかなり異なりますので注意が必要な端末です。

この端末は、SIMロックが掛かっているだけではなく、専用の特殊なSIMでしか利用できない仕様になっています。

ですから、UQmobileの動作確認端末にも「UQ版」と明記されている訳です。



どこが特殊なのかと言うと、前述の通り「専用SIM」でしか使えない端末なんです。

UQmobileの「nanoSIM」でも、「マルチSIM」でも使用する事ができない特殊な端末ですので、将来、他の端末に買い換えた場合には、通常のSIMを別途発行(別途料金発生)しないと、「5s」とセットのSIMでは利用できませんし、逆に新たに発行したSIMでは「5s」は使えなくなってしまいます。

さらに「5s」は、2015年5月以前の発売モデルですので、SIMロック解除の対象外ですし、もしロック解除したとしても、専用SIMしか使えない仕様ですので、他社で利用することはまず不可能です。



そもそも「5s」は、3年落ちの端末ですが、スマホ業界の3年は隔世の進歩があります。

現行「7」はもちろんですが、「6s」「SE」と比べても、性能も機能もあなり違います。

iPhoneは端末のライフサイクルが長い端末ですが、さすがに3年経過すると、Appleのサポートもそろそろ終了すると思われる(現行iOS10の対象から「4s」が外れました)点からも、もう少し新しい端末を選ばれることをお勧めします。

この辺の事は、過去にも記事に「絶対にお勧めできない」旨を書きましたが、SIMフリー「SE」が正式サポートになり、さらに価格も値下げになっている事を勘案すれば、購入は幾重にも慎重に検討されるべき端末かと思います。




Huawei P9 lite Premium



最近、MVNO各社で「P9 lite」がお買い得…というキャンペーンや値下げ告知がよく見られますが、UQmobileにラインナップする「P9 lite Premium」も同様で、初期費用時に100円支払えば、端末代金は割引適用で相殺され、プラン料金だけの支払い額で購入する事ができます。

端末としての人気や性能は悪くないと思います。各社でもかなりの台数が出ていると聞きますので。

ただ、「Premium」という名称に注意してください。

何が「Premium」なのか?というと、実は、素のままの「P9 lite」は前述の「周波数帯(バンド)」の問題でUQmobileでは使えないので、UQmobile用に対応する「周波数帯」を変更したモデルなんです。

他にも、
  • CPUが違う
  • メモリが1GB大きい
  • SIMがシングル
  • Wimax2+に対応


といった違いがあるのですが、基本的には「P9 lite」のまんまです。



そういた経緯で周波数帯が特殊であるせいなのか、あるいはUQmobile専用として作らせたためなのか、定かではありませんが、「SIMロック」が施されています。

でも同じ端末が、メーカーからSIMフリー端末として販売されていて、明確な周波数帯が好評されていないのですが、「4G LTE」に対応との事なので、ドコモ系でも使えるかもしれません。

ただ、あえてPremiumをドコモ系で使う意味はあまりないと思います(ドコモ系ならPremiumじゃない方を)が。

UQmobileでセットで購入すると、「SIMロック」されている…と言う事だけご注意を。




スポンサーリンク





AQUOS L



こちらもUQmobile専売の端末です。

国産メーカーの製品らしく、中華系にはない「おさいふケータイ」「防塵防水」に対応しています。

また、今どきのシャープスマホの得意技「エモパー」も搭載していて、状況に応じておしゃべりしてくれるみたいです。

これ、カトパンのTVCMで「今日も頑張りましたね」とかしゃべってるやつですかね^^;


※音声が出ます。ご注意ください。

ドコモの別端末のCMですが、エモパーはこんな感じ…です^^;

液晶にはシャープ自慢の「IGZO(イグゾー)」を採用して、バッテリー長持ちをアピールしています。

中華系に比べてメモリの搭載量がちょっと弱い気がしますが、おそらく動作の滑らかさ等はしっかり作り込まれていそうな気がします(筆者の体験的イメージ)。

「AQUOS L」は、UQmobile専売であるせいかSIMロックされています。




LG X screen



こちらは韓流スマホ。

セカンドスクリーンをウリにしているようなんですが、ワタクシは使った事も、手に取ったことさえないので、どういうものが全くわかりません。

YOUTUBEに動画があったのですが、どうやらiPhoneでいう「ドックメニュー」みたいな感じで、それが常に表示されている感じでしょうか。

分からない事は長々論じず先へ進みます(笑)。

こちらの端末もSIMロックされています。



サポートに確認したところ、現行の取り扱い端末のうちSIMロックされているのは、上記の4機種のみで、他はSIMフリーだとの事ですので、購入の際には参考になさってください。


UQmobile公式サイトはこちら






UQmobileのSIMロックはタチが悪い?



なんとも失礼な項目タイトルですが、ワタクシの実感ですので悪しからず…^^;

なんでタチが悪いなんて言うのか…というと、公式に「SIMロック解除」に関して、何も表記もコメントもないから…なんです。

サポートに問い合わせてもこんな感じ。

20161223_uq_chat002b.jpg

時期にしても、方法にしても、何も示されていないんですね。

他記事でも書いていますが、こうした継続的に利用しようと思うユーザーへの対応が、かなり立ち遅れていますよね、UQmobileって。

このままで済むはずはないので、いずれ時期や方法が示されると思うのですが、今は全く分からない状況です。

この辺は、UQmobileを利用する際には気になる点かと思いますので、是非とも早急に対応して貰いたいですね。



実際にUQmobileを契約する際に「SIMロック」端末をチョイスするかどうか…の問題については、「ぴったりプラン」「たっぷりプラン」の契約であれば、2年間の縛りと割引とを合わせて購入するのは「アリ」ではないかと思います(まんまとキャリアと同じ手法に乗るのは少々シャクですが)。

「データ高速」系の1年縛りのプランでは、割引制度・分割購入が適用されず一括支払いのみになりますが、 P9 lite Premium」を例にすれば、UQmobileでの一括払いでは28,900円ですが、SIMフリー端末は4万円超ですので、この金額差と「SIMロックかSIMフリーか」のチョイスになると思います。

断言はできませんが、「P9 lite Premium」がドコモ系SIMでも利用可能だとすれば、1年縛りのプランのメリットを生かして他社へMNPも可能かもしれませんね。

ワタクシ的には、間近に迫った(というかもう更新月に入っている)奥さんの乗換えの際には、「ぴったりプラン」で割引適用で、セット端末を購入しようと思っています。

ワタクシのように、コロコロとMVNOを渡り歩かないと思いますので、たぶん、大丈夫でしょう(笑)。


UQmobile公式サイトはこちら






ついでにiPhone7のサポートを確認



公式サイトの「動作確認端末」には、SIMフリーiPhoneは「6s」「SE」のみ掲載されていますが、最新モデル「7」はどうなっているのかな?と思い、ついでに確認してみると、以下のような回答でした。

20161223_uq_chat003b.jpg

「iOS10.1.1」までは動作確認ができていて、マルチSIM(VoLte)で通話・通信・SMSが利用できるとの事ですが、ワタクシ第一希望の「テザリング」は相変わらず非対応との事で残念な結果でした。

ワタクシ個人の体験では、「10.2」でも通話・通信・SMSが可能で、さらに「ApplePay」も問題なく動作していました。

第一希望の「テザリング」だけが何ともしようがないのが非常に残念な状況です。



今回は、ちょっと気になっていたUQmobile端末の「SIMロック」の状況について調べてみました。


UQmobile公式サイトはこちら





関連記事

検索フォーム

お勧め格安SIM&スマホ

お勧め格安SIM(2016.12月編) new!

■お勧め第1位 «UQmobile»
 管理人使用中!太鼓判!昼時ランチ検索も余裕でOK!
実効速度No.1 速さで選ぶならMVNOナンバー1のUQmobile
UQmobile記事一覧

■お勧め第2位 «Y!mobile»
 管理人使用中!太鼓判!昼時ランチ検索も余裕でOK!
ソフトバンク回線で速度は折り紙付き!10分間話し放題も!
Y!mobile記事一覧

■お勧め第3位 «LINEモバイル»
 管理人使用実績あり!昼時ランチ検索も余裕でOK!
ドコモ系ではダントツの通信速度とカウントフリー!
LINEモバイル記事一覧

■お勧め第4位 «mineo(マイネオ)»
 管理人使用実績あり
足りないパケット無料で貰える!?ユーザーフレンドリーNo.1
mineo記事一覧

■お勧め第4位 «IIJmio»
 管理人タイプA使用中!
IIJmioの通話定額オプション登場!何度でもかけ放題
技術力NO.1。リーダー的存在でMVNO業界を牽引!
IIJmioo記事一覧

■お勧め!無料トライアル «U-mobile»
 管理人お試し済!
高速通信5GB!初期費用も基本料も無料で2か月試せる!
U-mobile記事一覧

お勧め格安SIM(2016.12月編) new!
お勧め格安SIM(2016.11月編)
お勧め格安SIM(2016.10月編)
お勧め格安SIM(2016.08月編)

Y!mobileスターターキット

Y!mobile「データsimプラン(1GB/月額500円)」を利用するためのスターターキットです。SIMサイズをご確認ください。
20161114_starterkit_nano.jpg
⇒関連記事:Y!mobile~データSIMプランを利用するには

お役立ちアイテム

My Twitter

スマホの通話料削減!

g-call_300x250.jpg
通話料半額!通話音質良好!通話料節約!
関連記事

応援お願いいたします!

ご訪問ありがとうございます!
宜しければ応援お願い致します
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ 格安SIMカード・MVNOへ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

次の記事への励みになります^^

My Instagram

Instagram始めました♪⇒smalife555
ブログにはない速度計測結果などもアップしますので宜しければフォローお願い致します。
my_instagrams.jpg

NURO光