2017/01/20

BIGLOBE「iPhone6/6Plus」「iPhoneSE」をお勧めしない理由

昨年末にKDDIの買収で話題となったBIGLOBEが、海外版の「iPhone6」に加え「iPhoneSE」の取り扱いを開始、SIMとのセットで購入できるようになりました。

20170120_biglobe_iphone280b.jpg


「iPhoneSE」が来ましたかぁ~~(≧▽≦)

次なる「格安iPhone」は、「Y!mobile」か「UQmobile」で、「iPhone6」の取り扱いが始まるのではないかなあ~と思っていたのですが、思わぬ処から思わぬ機種が飛び出してきた…という印象です^^;

とりあえず、その詳細を確認してみましょう!




スポンサーリンク





海外版の新品orメーカー整備品^^;



今回BIGLOBEが取り扱うのは、海外版の「iPhone6」「iPhone6Plus」と「iPhoneSE」です。

何処の国や地域で販売されているモデルなのかは明らかにされていません(複数あるようなニュアンスですね)が、少なくとも、ドコモ回線を使っている「BIGLOBE LTE・3G」で利用可能な端末である事は保証されているようです。





スペック比較表
iPhone6 iPhone6Plus iPhoneSE
製品発売日 2014/9/19 2016/3/31
プロセッサ A8 A9
メモリ 16G
ディスプレイ 4.7inch 5.5inch 4inch
カメラ(外/内) 800/120万画素 1,200/120万画素
付属品 Lightningケーブル(純正品)
イヤホン(純正品) ・マニュアル(海外版)
SIMカード挿抜ピン(純正品)
ACアダプタなし
月額料金 2,700円 2,080円
1月特典 2,500円 1,880円



如何でしょう?

目ぼしいスペックと、価格を比較表にしてみましたが、アナタならどちらをチョイスされますか?

あるいは、いずれもチョイスしないとすれば、その理由は何でしょうか…。




ワタクシ的にはお勧めしませんっ



端末のスペックだけで比較するなら、「6/6Plus」よりも1世代新しい「iPhoneSE」(中身はほぼ「6s」)です。

昨年の春に発売されたばかりのかなり新しいiPhoneですから、「Y!mobile」や「UQmobile」で販売されている「5s」なんぞよりもはるかに良さげに見えますが、じゃあ「お勧めか?」と問われれば、答えは「NO」です。

なぜ?

BIGLOBEで取り扱う外国版(新品or整備品 16GB)の価格は、1月中契約特典の月額200円割引を受けた場合でも、合計額は45,120円になります。

割引を受けない(2月以降の購入)場合だと、49,900円になるんですが、日本版のSIMフリー端末が64GBで49,800円で買えてしまうから…です💦

BIGLOBEと同じ16GBであれば、44,800円で買えますし、ACアダプタも日本用の新品が付属します。


わざわざ割高なコストをかけて、ACアダプタが付属しない海外版を購入する必要はないと思うんです。

しかもAppleのSIMフリー機は当然の事ながら未開封の真っさらの新品ですが、BIGLOBEの場合は「新品」であっても開封され、ACアダプタが取り除かれていますし、メーカーで整備した製品と言えど、下手したら中古品が届くわけで、契約者は選べないんです。

選べないと言えば、ストレージは16Gのみ、カラーはゴールドのみ…と、ストレージも色も選べませんが、国内版SIMフリーの方は、ストレージは16or64GB、カラーは4色から自由に選べます。

何かメリット、ありますかね?



20170120_biglobe_iphone.jpg

そして、何より気になるのが、納品時の姿…。

「6/6Plus」も「SE」もこんな姿で届くんですよ( ;∀;)

iPhoneを始め、スマホには「開封の儀」なる言葉が存在するほど、新しいスマホが届くことは感動的な出来事ですし、期待に心躍る瞬間でもあるわけで、ワタクシは、こんな姿で新しいiPhoneが届いたら悲しいです( T_T)

もし仮に、BIGLOBEのiPhoneの方がスペック的にも価格的にも優位だったとしても、ワタクシなら、この姿で届くというだけでも二の足を踏みますね💦二の足と言うか、絶対に嫌ですっ!(きっぱり)(笑)




スポンサーリンク





では、「iPhone6」 の方はどうでしょうか。

正直、「Y!mobile」「UQmobile」の「5s」を購入されるよりマシだとは思いますが、それでもやはりお勧めできる端末ではありません。

BIGLOBE「iPhone6」の条件は「SE」とほぼ同等です。

海外版である・中古の可能性あり・ストレージ/色を選べない・ACアダプタなし/開封品…等々のデメリットやリスクを背負った上で、国内SIMフリー版より割高です。

分割支払額2,700円×24=64,800円になりますが、国内SIMフリー版は32GBのストレージで61,800円です。

未開封の新品で、ストレージや色も選べ、ACアダプタも付属…と言う事を勘案すると、残念ながら「BILOBE iPhone6」の方をチョイスする理由は見当たらないように思います。


余談的に付け加えれば、Appleローンは3/31までの申し込み分は、24回分割まで「金利0%」で購入する事ができます。



唯一、検討しても良いかも…と思ったのは「iPhone6Plus」で、端末代金が「iPhone6」と同じに設定されているため、若干の割安感があります。

分割支払額2,700円×24=64,800円に対して、SIMフリー版は71,800円(32GB)と、7,000円の差額です。

しかし、やはり海外版・中古の可能性あり・ストレージ/色を選べない・ACアダプタなし・開封品といったデメリットやリスクは同じなのに比べ、SIMフリー版は新品未開封・ACアダプタ付属に加え、ストレージが32GBである事を考えれば、7,000円差はないに等しいような気もします。

よって、「iPhone6Plus」もお勧めとは言い難い…という事になります。




今回、BIGLOBEが「iPhoneSE」を国内MVNOで初めてラインナップに加えた事は評価しますが、「iPhone6/6Plus」も含め、海外版・中古の可能性・ストレージ/色を選べない/ACアダプタなし/開封品…等々のデメリットやリスクを背負った上に、国内SIMフリー版より割高…ってあり得ませんし、何よりもあの姿が…💦

決して安くない買い物をしたユーザーの「気持ち」というか、「嬉しさ」「ワクワク感」「満足感」みたいなものに、もう少し思いを馳せればあんな姿で商品を納品しないと思うのですよね。

例えばブランド店で買い物をすると、箱や手提げまで高級で、白い手袋をした綺麗なお姉さんが大事そうに扱ってくれて、購入後は店外までお見送り…なんて、気恥ずかしくなるぐらい買い物の「嬉しさ」や「満足感」をくすぐってくれますが、その対極にあるような、このぞんざいな扱われぶりは、ワタクシは許容できません。

なるほど、BIGLOBEと言う会社は、ユーザーをそういう扱いをする会社なんだな…としか思えないんですよね。

こういう事って、料金プランがどうの、通信速度がどうの…って問題じゃないと思うんですよね。

もしかすると、元箱に戻さない何か事情や理由があるのかもしれませんが、それならそれで、こうした姿で納品せざるを得ない理由を説明すべきだと思います。

ACアダプタを取り出したから…では、あの姿の説明には足りない気がしますので、事情や理由を慮ったとしても、ワタクシは許容はできないです。

(ちょっと大げさかな^^;)



価格の点で付け加えるなら、国内SIMフリーiPhoneのリセールバリュー(再販時の価値)が高い事も考えれば、その差は実際の価格差よりもっと大きいと思います。



唯一、選択する理由となり得るのが、対象スマホセットで契約の場合、プラン月額料金から毎月1,000円×6か月間の割引が行われることでしょうか…。

う~~ん、6,000円の割引で乗り越えられますかねえ~~💦


やはり、基本料金の割引を含めても、ワタクシとしてはBIGLOBE 「iPhone6/6Plus」「iPhoneSE」は、絶対にお勧めできないです。

というか、1人のiPhoneファンとして勧めちゃいけない気がします(笑)が、これはあくまでワタクシ個人の感想に過ぎない事を前提にお読みくださいね^^

「あり」or「なし」

あなたなら如何ですか?



BIGLOBE 「iPhone6/6Plus」「iPhoneSE」の詳細に関しては、BIGLOBE公式サイトでご確認ください。


BIGLOBE公式サイト


関連記事

コメント

非公開コメント