素人目線のスマホライフ 格安SIM篇 > IIJ mio > IIJmio タイプAが速い件~エコプランミニマムを契約してみました

2017/02/04

IIJmio タイプAが速い件~エコプランミニマムを契約してみました

IIJmioエコプランをワタクシ自身でも使ってみたくて契約しました。減算型の従量制プランというべきエコプランは賢いプランです。低速モードを上手く利用して最少500円で利用可能です。

20170204-iij_ecoplan.jpg

今回、IIJmio「エコプラン」を契約しました。

UQmobile以外のau回線を使ったMVNOを一度試してみたかったのと、減算型の従量制(※)が珍しく感じたためです。

※減算型従量制とは、私が勝手に名付けたもので、その仕組みなどは以下解説します。

スポンサーリンク

エコプランのおさらい

最近のIIJは、「5分かけ放題」の電話定額サービスを「10分かけ放題」に拡大したり、同サービスに「家族間30分かけ放題」といった他社にない魅力的な付加価値をプラスする等、独創的なプランやサービス展開で注目しているMVNOの老舗です。

今回契約した「エコプラン」も、従来他社にはない新たなプランとなっています。

「エコプラン」の最大の特徴は、前述の通り「減算型従量制プラン」という事です。

モバイル通信プランは、月間5GB等の使用できるデータ容量の上限が定まったプランを「固定制プラン」と、使った分のデータ量の料金を加算してゆく「従量制」とがあります。

「固定制」は一般的で、契約時に定めたデータ量を使い切ると速度制限を受けたり、それを解除するためには別途データ量を購入する必要があります。

「従量制」は、最少のデータ量と料金が決まっていて、500MBや1GBごとに使った分のデータ量の料金が加算される仕組みです。

固定制は、契約容量を使っても使わなくても料金は変わりませんが、従量制はうまくコントロールして使用量を減らせば少ない料金で済ませることができる反面、上限がかなり高いので、うっかり使ってしまうと高額な料金を請求される危険性を併せ持っています。

「エコプラン」は、この「固定制」と「従量制」のいいとこ取り的なプランで、「エコプランミニマム」ではデータ量の最大を3GB=900円と定めておいて、500MB=100円で使わなかったデータ量分を請求額からマイナスする仕組みです。

つまり、最大に使ってしまっても契約データ量3GBまでに抑える事ができ、例えば1GBの使用であれば500円/月の料金で済ませることができます。

また、「エコプラン」の回線はau回線なので、SMSが付属しているので別途注文は必要ありません。

音声通話を加える場合には月額+700円となります。

また、必ずスマホセットでの申し込みが必要で、現時点ではSIMのみの契約はできません(※)。

※au回線を使用すると使用できる端末・できない端末があるので、トラブルを避けるためにau回線で使用できる端末をセットする事にした…という事のようです。

IIJmio 公式サイト

「エコプラン」の一番の特徴は「使わなかった分だけ安くなる」という単純だけど、非常にキャッチーな仕組みです。

IIJのプランは「バンドルクーポン」という制度で、高速通信を利用しますが、「エコプラン」では使わなかった分のクーポン分の料金を減額して請求するという仕組みなんです。

プラン自体は3GB/7GBの2通りで、データ通信最大3GB/7GBまで使えます。

20170128_iij_ecoplan_3g.jpg 20170128_iij_ecoplan_7g.jpg

しかし、使い切れなかった高速通信を「500MB=100円」区切りで1GBまで減額してくれるので、最少1GB=500円で利用できることになる訳です。

一覧表にするとこうなります。

IIJエコプラン Excite FREETEL
プラン ミニマム
最大3GB
スタンダード
最大7GB
最適料金
プラン
使った分だけ
安心プラン
8GB - - 2,120円 2,140円
7GB - 1,700円 1,900円 2,140円
6.5GB - 1,600円 1,900円 2,140円
6GB - 1,500円 1,600円 2,140円
5.5GB - 1,400円 1,600円 2,140円
5GB - 1,300円 1,450円 1,520円
4.5GB - 1,200円 1,450円 1,520円
4GB - 1,100円 1,150円 1,520円
3.5GB - 1,000円 1,150円 1,520円
3GB 900円 900円 880円 900円
2.5GB 800円 800円 880円 900円
2GB 700円 700円 770円 900円
1.5GB 600円 600円 770円 900円
1GB 500円 500円 630円 490円
500MB 630円 490円
100MB 299円

従量制を提供している「Exciteモバイル」と「FREETEL」の2社とも比較してみました。

「exciteモバイル」は1GB刻み、「FREETEL」は2~3GB刻みとなっており、3GB/5GB等の定額プランに準じた容量では他社と同等な料金になるようにセッティングされていますが、区切りが大きいために中間の容量では割高な料金になってしまっています。

特に「FREETEL」は、例えば3GBであれば他社同等の900円ですが、3.1GBと少しでも超えれば5GBの料金が適用され、「IIJエコプラン」との比較では500円以上の差が生じてしまうんです。

「エコプラン」は、料金が切り替わる区切りが非常に小さく設定されているので、使用量に合わせてきめ細かく料金をコントロールすることが可能です。

月末最終日に容量MAXまで残り200MBと上手にコントロールしたはずが、ついうっかり300MB使ってしまった場合、「IIJエコプラン」なら100円上がるだけで済みますが、「FREETEL」だと一気に500~600円上がってしまう訳です。


これって大きな違いだと思うんですよね。

従量制のスタイルは、加算でも減算でも同じことですが、料金が変わる基準が細かく設定されていて、区切りごとの料金が少なく変動する方が使い勝手がよいのは誰でもわかりますね(≧▽≦)

IIJmio 公式サイト

エコプラン申込み~設定

20170204-iij_ecoplan_moushi.jpg

2月から利用開始したかったので1月30日に申し込みましたが、SIMと端末が到着したのは2/4でした。

UQmobileだと1~2日で届くのでその感覚で申込んだのですが、IIJは都合5日間かかった事になりますね。

IIJの場合、開通日(課金開始日)は宅配便が届いた日で、ユーザーが開通した日や実際に通信が行われた初日ではありません。

箱を開けると…

20170204-iij_ecoplan_pack.jpg

納品書や説明書、そしてsimとセット端末が…。


端末は、「ZENFONE3Laser」をチョイス。

特にコレといって大きな理由はなかったのですが、コストの問題(端末にかけるならSIM契約に使いたい^^;)と、5.5インチ液晶を使った事がなかった事、前回Android機は「Huawei」だったので、今回は「Asus」で…といった感じです。

IIJのエコプランはいつまで利用するか分かりませんが、プランの契約終了後も分割払いは継続できるとの事なので、気長に払います(笑)。

端末の24回分割が月額1,200円、エコプランミニマムの基本料は月額900円ですが、1GBまでに抑えるつもりなので600円、想定月額費用は1,800円です(≧▽≦)

まずはセット端末である「「ZENFONE3Laser」にSIMをセット。

SIMトレーの出し入れが本体スロットに引っかかってスムーズじゃありません^^;こういう処にiPhoneとの質の差を感じてしまいますねえ…。

ま、価格が違うので致し方ないのかもしれないですが「Huawei」と比べても若干質的に差を感じます。

通信や動作に関しては正常である事を確認しました。

すぐにSIMを抜いて、「iPhone7」に…。

ネットからIIJ TypeAのプロファイルを探してDL、通信を確立し早速速度を計測しました。

20170204-iiJ_speed1516.jpg 20170204-uqspeed1516.jpg

IIJタイプAは下り16.64Mbps/上り5.65Mbps(iPhone7)と、まずまずの速度を計測。

下り16Mbps出ていれば十分速いですね(≧▽≦)

しかし、比較したUQmobileは下り37.5Mbps/3.52Mbps(iPhone6s)と、下りに関しては相変わらずダントツの速度。PINも半分ぐらいです…。

UQmobileはこれを見るだけでも、社長がいくら特別扱いはない…と言っても、そんな訳あるか!と突っ込みたくなりますよね^^;


ただ、いつも言っているように速度の比較は「速い方が偉い」的な認識になりがちですので注意が必要です。

この計測値の比較でもそうで、倍近い速度を出したUQmobileが偉いのか…と言えば、10Mbps超の速度を出しているIIJタイプAも実用上ではまったく問題なく高速通信を享受できるはずです。

差が出るとすれば、昼12時台等の最混雑時間に動画を見よう…等の過酷な条件を課した時ぐらいではないのかな?と思います。

正直、IIJタイプAは思っていたより速度出ていて驚きました^^

まだユーザー数少ないからかな…(*^▽^*)

IIJmio 公式サイト


という訳で、今回は「IIJ エコプランミニマム」を契約した件について書いてみました。

「エコプラン」の紹介は公式サイトで確認してください。

IIJmioはドコモ網もau網もどっちも選べる! IIJmioの通話定額オプション登場!何度でもかけ放題

 

関連記事

コメント

非公開コメント