2017/05/15

MVNO各社の「料金シミュレーション」を使ってみる

MVNOに乗り換える際に各社のWEB上に設置されている「料金シミュレーション」を使って「最適(かもしれない)プラン」を探した事ってありますか?

20170515_shindan280.jpg


ワタクシの場合、実はこれまで1回も「料金シミュレーション」を使った事がありません。


というのも、最初にMVNOに乗り換えた理由が「月額料金を安くしたい」のは当然ながら、接頭語的に「とことん」が付いたから…なんです(笑)。


最初は「1GB」プランを契約して、さすがにこれでは足りず、現在はメインのUQmobileで3GB、サブのY!mobileで1.5GB(Enjoyパック分込)、IIJエコプランで1GB(1GBしか使わない)で、トータル5GB程度をほぼ使い切る程度ですが、自分で使っていて徐々に増えてきたので、シミュレーション機能を使った事はありませんでした。




ふと、「あれって、自分の想定通りの結果を出してくれるのか?」と思ったんです^^


自分はもちろん知人・友人の相談にも乗るわけですから、だいたい「こういう使い方なら何GBプラン」的な事が分かっているはずですから、逆に、「…なはず」という条件入力をすれば、想定したプランに導かれるはずですよね(*´▽`*)


そんな訳で今回は、ネタ切れ気味💦の中、MVNO各社のシミュレーションを使って、想定したプランが出てくるのか…を試してみました。




スポンサーリンク





想定した条件


契約内容は、通話機能なしのデータ専用SIMで、SMS機能なしとし、端末購入はせず、手持ちの「SIMフリー端末」を使う、その他オプションもなし…という条件にしました。


使用端末を入力する際には、SIMフリーiPhone6sとしました。


導き出す想定プランは「1GB(あるいは最少データ)の高速通信」のプランとしましたが、自分でデータ量を指定するのではなく「診断」できる場合には利用しました。


主な診断項目は、メール/SNSは「50通以内」、WEB閲覧は「1時間以内」、動画視聴は「しない」としています。



以下は実際に各社のシミュレーションを利用した結果とワタクシの感想です。





スポンサーリンク





mineo(マイネオ)




まずは人気が高く、ユーザー満足度が高いとされる「mineo」の料金シミュレーションを使ってみました。


mineoの「料金シミュレーション」は、WEBサイト冒頭のメニュー「料金」の中にあります。


まずは、現在の料金額の入力からスタート。


デフォルトで6,500円が入っていますが、変更する事も可能ですので、今回は7,000円にしました。


「端末購入」「利用端末」と続き、「データ容量診断」へ進みました。


メール/SNSは想定の「50通以下」がありましたが、WEBは1時間がなく「2時間以下」に、動画視聴は「しない」がなく最少で「10分以下」とした結果、導き出されたお勧めプランは『3GB』になりました。


20170514_mineo_004.jpg


診断項目で、WEB閲覧を30分以下にすると、「1GB」プランがお勧めとなりました。


感想としては、診断項目が少々アバウトかな…という気がして、もう少し選択肢を増やした方がユーザーの実際の利用に近いシミュレーションができるのかな…と感じました。


特に違和感という程の事もないのですが、少しだけ想定と結果のズレを感じました。


mineoのシミュレーションは、ユーザーの実際の利用に合うプランを提案する…というよりは、大手キャリアより割安である事を見せる事が主眼なのかもしれません。

mineo




IIJmio




mineoと並んで非常に人気や満足度が高い「IIJmio」の料金シミュレーションは非常にシンプルというか、簡素というか…。


専用ページすらありません^^;


WEBページの右下隅に現れる「料金シミュレーション」のタブをタップすると、シミュレーション画面がポップアップします。


一応、小さいながらも「データ量診断」がありますが、「動画視聴」「音楽配信」「超過あり/なし」の簡素な選択肢です。


IIJmioは最少プランが3GBなので、当然ながら3GBプランに導かれました。


20170514_iij_001.jpg


最少3GBだと、あまり細かい診断は必要ないのかもしれませんが、これだと、自分が月間でどの程度の容量を持っていれば良いのか…は分からないですね^^;

IIJmio




DMMmobile




では「IIJmio」をMVNEにする「DMMmobile」のシミュレーターを使ってみました。


DMMmobileは、プランが細分化されており、ユーザーに合わせた最適プランがチョイスできると言われています。


WEBトップメニューのすぐ下に「簡単料金シミュレーション」に進みmまずは現在の料金を入力、「SIMor端末セット」「SIM種類(音声/データ/SMS)」を選択、「容量診断」に進みます。


「容量診断」は、mineoと全く同じで、WEB閲覧に「1時間」がなく、動画視聴に「しない」がありませんでした。


メール/SNSを50通以下にすると、WEB閲覧2時間で「7GB」、WEB閲覧30分以下で「3GB」に。


メール/SNSを10通以下にすると、WEB閲覧2時間で「2GB」、WEB閲覧30分以下では「ライトプラン」になり、高速通信でさえなくなってしまいました。


色々なパターンで入力してみましたが、高速通信の最少プラン「1GB」には導かれませんでした。


20170514_dmm_004.jpg


プラン自体は細かく分けられているのに、シミュレーションはアバウト気味でちょっと勿体ない印象でした。

DMMモバイル




U-mobile




最近、ワタクシの中でポジションアップの「U-mobile」のシミュレーターを試してみました。


「簡単料金診断」のリンクは、WEBページ中ほどのプラン一覧の下にあり、ちょっと見つけにくいかもしれません。


診断に進むと、まずはお約束の現在の料金を入力すると、診断項目が現れますが、イイ感じに細かいです(笑)。


これぐらいだと自分の使っている状況に近い項目入力ができそうです。


20170514_umobile_003.jpg


私の項目入力は

  • メール/LINE…20通未満
  • Facebook/Twitter…30分未満
  • ゲーム…しない
  • WEB…1時間未満
  • 動画…見ない

で表示されたデータ量は「0.8GB」でした。


表示されるのが「プラン」ではなく、入力した診断項目に必要な「データ量」が表示されるのが良いですね(≧▽≦)


最後に「通話」に関する選択肢を選んで最終結果で、お勧めプランに導かれます。


20170514_umobile_004.jpg


わたくしに提案されたプランは、「ダブルフィックス」でした。


最大容量900円/3GBですが、680円/1GBと900円/1GB超の「2段階料金制」のプランです。


U-mobileのシミュレーションは、感覚的にワタクシの想定とぴったりフィットしていました。


他の診断入力も色々と試してみましたが、概して必要データ容量の表示は少な目で、不必要に大容量に誘導するような印象はありませんでした。


提示されるプランが適切かどうかは別にしても、この診断を1度は利用して必要データ量を把握しておくとよいのかな…と思いました。

U-mobile




UQmobile




どう見てもキャリア寄りの感が否めない「UQmobile」にも診断メニューがあります。


UQの場合は、「ぴったり診断」と「料金シミュレーター」が別々にあって、「ぴったり診断」の方は最適プランを診断する事が目的、「料金シミュレーター」の方は、契約内容ごとの必要料金を計算するのが目的です。


今回の主旨から使うのは「ぴったり診断」ですが、如何にも名称からして導かれる先が見えるような気がします(笑)。


「ぴったり診断」へ進むと、「UQWiMAX」と「UQmobile」を選択するのはUQらしいですね。


端末購入の有無の先へ進むと、一応使い方のような記載はあるものの、既存のプランのデータ容量を選ぶ方式で、ある程度自分の使い方やデータ量を把握している前提のチョイスのような印象です。


2GBなら「S」へ、3GBなら「データ高速」へ、6GBなら「M」へ、それ以上なら「L」へ…と言うだけで、これでは診断した事になりません^^;


一応、1GBで可能な使い方の併記がありますが、あまり役には立たないかも…。


「ぴったり診断」という名称から、すべからく「ぴったり/しゃべりプラン」に誘導されるのかと思いましたが、一応「データ高速」プランへの誘導もあったので杞憂でしたが、診断の機能としては全然ダメダメです(笑)。

UQmobile




楽天モバイル




楽天モバイルの料金シミュレーションは現在の料金の入力はなく、SIM/端末セットの選択から始めます。


SIMの選択では、音声/データともう1つ、「050データ」という楽天モバイルだけのSIMを選択できますが、他社でいうSMS機能付きのデータSIMの事ですが、「Viber」にIP電話番号を付与したSIMで、データSIMでIP電話が利用できるのが最大のポイントです(余談でした)。


あまりデータ量を使わないような診断入力をすると、ベーシックプランがお勧めになってしまいますが、このプランは低速での通信のみなので、果たして同列で誘導して良いモノかどうか…。


あまり詳しくない方が診断した場合に、速くて安いSIMと勘違いしないか心配です。


その辺はしっかり注釈を付けるなり、診断結果とは別枠にする等した方がよいように思いました。

楽天モバイル




今回は、何社か代表的なMVNOの料金シミュレーション・プラン診断を使ってみました。


しかし、あまりしっくりくる診断はありませんでした(≧▽≦)残念。。。


1社、「U-mobile」の診断は、自分の使い方だと何GB必要なのかを把握するにはいいかもしれないなあ…と思いました^^

U-mobile料金診断

関連記事

コメント

非公開コメント