2017/05/22

スピテスアプリ「4GMark」~各社SIMのスコアは?意外な結果が

某WEBさんで紹介されていたスピードテスト用の計測アプリ「4GMark」を早速試してみました!想定通りの結果が出たものや、意外な結果になったSIMもあって、単なるスピードテストアプリとは違った面白さがありました^^

20170522_4gmark_280.png

DIAMOND Online」さんで紹介されていたスピード計測アプリ「4GMark」は、一般的な「PING」「下り速度」「上り速度」を計測するスピテスアプリではなく、これらに加えて動画のストーリーミングや、代表的な複数のWEBサイトへのアクセステストも行ってくれます。

当ブログでも、SIMの速度に関して時々話題になる事が2つあります。

1つ目は、表示速度と実効速度の違い。

これは、現在のルールでは許されているベストエフォート(理論上の最速値)方式で表記された速度と、実際の利用時の速度は全く異なる…と言う事。

これについて総務省は、すでに表示義務を課している大手キャリアに続き、MVNOでも実効速度の表示を求める見解を出していますので、時期は未定ながら、そういう方向へ進んでゆくものと思います。

2つ目は、スピテスアプリでの計測結果と、体感速度が一致しない問題。

これについては、某スピテスサイトさんが、スピードテストアプリ動作時のみ速度を出す「スピードテスト・ブースト」が行われているのではないか…という提言をされて、某社がその疑いがあるとした事を契機に、単にアプリでの計測にとどまらず、ファイルのダウンロードや、動画再生、WEBアクセスなどで、実効速度を探る流れとなっています。

私自身も、過去に利用した複数社のSIMを「通信速度が遅いから」という理由で解約していますし、中には計測値と体感速度の乖離が激しいと感じたMVNOがあったのは事実です。

当ブログは計測が目的のサイトではないので、あまり頻繁には計測を行いませんが、新たに契約した際や、何かの変更・アップデート等があった場合には参考値として、アプリでの計測値を掲載しています。

幸い、何社ものMVNOを渡り歩いた結果、辿り着いた、ある意味ベストチョイスと言える4社のSIMを利用しているため、計測値と体感速度の乖離は感じることなく、平穏に(笑)利用することができています(*´▽`*)

そんな経緯の中で知った「4GMark」には記事を読んで飛びついてしまいました^^;

以下は現在手持ちのSIMの計測値です。

スポンサーリンク

4GMarkで各社SIMを計測してみる

現在利用しているSIMは5社6枚です。

UQmobile/Y!mobile/U-mobileS/IIJmioTypeA/NUROモバイル/0simです。

「0sim」は「NUROモバイル」のサービスなので、5社6枚になります。

アプリは、GooglePlay/AppStoreで無料で入手できます。

20170522_4gmark_001.png 20170522_4gmark_002.png

テスト内容を指定(今回はフルテスト)、計測環境(今回はINDOOR)を指定すると計測が開始になります。

では、テスト結果のスコアを見てゆきますが、テストは一番速度が出やすいと思われる午前10時台に行いました(11時台になったSIMもアリ)。

また、「DIAMOND Online」さんの記事で紹介されているドコモ本家回線のスコア「19,788」を、キャリア品質の参考値としてさせて頂こうと思います。

Y!mobileのスコア

テスト端末は、「Huawei Y6」です。

20170522_4gmark_ymobile1108.png

PING値も下り速度も優秀ですが、普段よりは上り速度が芳しくないようです。

参考値のドコモのスコアに迫る数値が出ていますが、WEBアクセスのテスト結果が橙色になっています。

電波状況が悪かったんですかね?

下り速度も普段より若干遅めに感じました。

もう少しスコアが伸びても良いように感じました。

Y!mobile公式サイト

U-mobileSのスコア

次は、Softbank回線を使った、初の汎用MVNO-SIMの1つである「U-mobileS」です。

テスト端末は、「iPhone7」です。

20170522_4gmark_umobiles_10.png

おー、スコアがドコモの数値を上回っていますね^^

もちろん、場所も時間帯も異なるので同条件の比較にはなりませんが、かなりの好結果ではないでしょうか。

まだサービスインから時間が経っていないので、ユーザー数が少ないというプラス要因はあるでしょうが、かなり使い勝手が良いのは私も体験済です。

下り30Mbps超の実測値は、なるほどそれぐらいは出ているかな…と思え、体感との一致がありました。

U-mobileS公式サイト

UQmobileのスコア

次はau回線のSIM2枚で、まずは「UQmobile」です。

テスト端末は、「iPhone6s」です。

20170522_4gmark_uq_1037.png

とてつもないスコアが出ましたね(≧▽≦)

「U-mobileS」が、ドコモのスコアを上回って驚いたのですが、「UQmobile」はさらに遥か上のスコアを叩き出してきました^^;

なんだか尋常じゃないですよね、最近のUQって(笑)。50Mbps近い下り速度は圧巻です^^

上り速度があまり速くないのはau回線の宿命ですが、もう少し欲しい処ですね。

UQmobile公式サイト

IIJmio TypeAのスコア

続いてもう1枚のau回線SIM「IIJmio TypeA」です。

テスト端末は「ZENEFONE3 Laser」の1stスロットです。

20170522_4gmark_iij_1056.png

ちょっと思っていたよりスコアが悪いですね^^;

実際の数値を見てみると、PING値は悪くありませんし、下り速度も17kbps超は出ているのでWEB閲覧等でモタ付くことはないはずですが、日ごろ、使い勝手がいいな…と思って利用していたので、感覚と若干一致しない感じがありました。

下り速度が芳しくないのはau回線の弱点です^^;

IIJmio 公式サイト

NUROモバイルのスコア

次はドコモ回線SIM2枚で、まずはNUROモバイルです。

テスト端末は「ZENEFONE3 Laser」の2ndスロットです。

NUROモバイルは、5時間プランをリリースするなど、今までにないプランで注目を集めましたが、通信速度については私は正直あまり良い印象を持っていません。

20170522_4gmark_nuro_1119.png

スコアとしては「IIJmioTypeA」を下回っていますが、参考サイトさんのドコモMVNO-SIMのスコアと同等か若干上回っているので、そう悪い数値ではないのかもしれません。

実測値では、PING値が大きいのは反応の鈍さに繋がるので気になりますが、下り速度は10Mbpsを超えており十分に実用域の速度ですし、上り速度はau系を上回っています。

NUROmobile公式サイト

0simのスコアは

次はもう1枚のドコモ回線SIMで、NUROモバイルの「0sim」です。

テスト端末は「ZENEFONE3 Laser」の2ndスロットで、NURO本回線との差換えです。

スゴイの…、出ちゃいました( ;∀;)

20170522_4gmark_0sim_1113.png

下り0.4Mbps/上り0.7Mbpsで、スコア「28」って…^^;

1,000切っちゃうかな~と思って心配していましたが、ブッチぎりのダントツスコアを出してくれました。

PING値が、NUROモバイル本回線より若干良いのが救いですが、誤差範囲でしょうかねえ^^;

まあ、完全無料で使える…というのがウリですからね、その辺はあまり突っ込まなくても良いのかな…という気がします。

4GMark計測結果まとめ

計測結果を一覧にまとめてみます。

スコア PING 下り 上り 動画 WEB
Y!mobile 18,149 35ms 37.8M 4.0M 2.07s 6.47s
U-mobileS 21,699 52ms 34.8M 11.14M 1.68s 4.61s
UQmobile 27,895 63ms 48.2M 2.57M 3.45s 3.02s
IIJmioA 9,471 56ms 17.0M 1.3M 2.48s 4.14s
NURO 7,813 115ms 13.2M 6.9M 2.13s 5.37s
0sim 28 83ms 0.4M 0.7M - 5.26s

PING値が最もよかったのは「Y!mobile」で、スコアと下り速度は「UQmobile」が最もよい数値でした。

「U-mobileS」も健闘して、動画ストリーミングとWEBアクセスで最高値を出しています。

と言う感じですが、このアプリをまだ使い始めたばかりで、正直、スコアの数値をどう判断していいのかがよく分かりません(≧▽≦)

平均的な数値と言うか、基準値というか…が分からないので、出たスコアの良し悪しの判断ができないので、基準としたドコモスコアと同等かそれ以上の「Y!mobile」「U-mobileS」「UQmobileは問題なく優秀…と言えるのだと思いますが、7,000~10,000ぐらいのスコアの「IIJmioA」と「NUROモバイル」が果たして良いものか悪いものか分かりません(苦笑)。

でも、こうして単純に比較してみると、やはり「UQmobile」と「Y!mobile」は他社MVNOより頭1つ抜けている印象ですし、まだユーザー数が少ない「U-mobileS」も、現時点では両社に匹敵するパフォーマンスである事は分かりますね^^

具体的な数値の意味や基準が分かるともっと分析が進むのかもしれません。

ちょっと勉強しないと…ですね^^;

今回は「DIAMOND Online」さんの記事で紹介していた計測アプリを早速使って、手持ちのSIMを比較してみました。

こうなると、LINEモバイルの再契約したくなりますねえ(*^▽^*)

それにしても、「UQmobile」のスコアと、「0sim」のスコアには驚きましたね^^;

参考記事:au/Softbank回線 格安SIM5社のスピードテスト(4GMark使用)2017年6月7日版

より良いスマホライフを!

関連記事

コメント

非公開コメント