2017/06/01

「2017夏UQ発表会」~ちょっと期待外れ?機種変更は対応せず…

2017年6月1日11時から行われた「2017夏UQ発表会」ですが、個人的には期待外れと言うか、現在のUQの問題・課題は改善・解消されたとは言いづらいのかな…と思いました。

20170601_uq_hapyokai280c.jpg

基本的には昨年の「秋冬発表会」に比べると、小粒感が否めない発表会だったように思いました。

目玉になるサービスの登場や改善が1つ(UQmobileとして)というのは寂しいですよね。

私的には「シェア」という観点では一応かすった感じですが、データ量のシェアという事ではなく、家族割引に留まったのは残念でした。

スポンサーリンク

UQ家族割 月額1,480円

今回の目玉というか、唯一のサービス改善と言える施策で、2回線目の契約に対して月額500円の割引が行われる新サービスです。

20170601_uq_kazokuwari001.jpg

家族である事については、「同一住所」「同一姓」である事で割引対象とするようで、住所が異なる等の場合には「健康保険証」「住民票」等の証明書が必要となるようです。

例えば家族4人で家族割を適用する場合、親回線となる1回線を「Mプラン」、残り3回線を「Sプラン」で家族割を構成した場合、親回線は割引が適用されず初年1,980円、他の3回線は月額500円の割引になるので、家族合計のコストは、初年7420円/月となります(間違っていたらごめんなさい^^;)。

20170601_uq_kazokuwari002.jpg

4人家族で月間1,500円、年間で18,000円の割引はかなり大きいと感じますが、2年目との落差が大きすぎるような…^^;

上記事例だと、1年目は家族4人分で7,420円ですが、2年目になると12,920(2,980x3+3,980)円と4割増…( ;∀;)です。

mineoの家族割/複数回線割引が50円ですので、10倍の割引額でインパクトは大きいように思います(ただしmineoは家族に限らず契約期間ずっと適用できます)が、家族割が1年で終わる…というのは少々違和感あるんですが…。

まあ、何にしても割引してくれるなら、してくれないよりマシですけれど(≧▽≦)

なお、親回線は変更可能なので、親回線を解約する場合には別の家族割適用回線を親回線に変更して、残りの家族で家族割を継続する事は可能です。

私としてはあまり歓迎できない内容でしたねえ…^^;

我が家的に見ると、家内は「ぴったりプラン」ですが、私は「データ高速プラン」なのでそもそも家族割引が適用されませんし、現行ルールでは、「データ高速プラン」から「ぴったりプラン」への切替ができません(一旦解約するしかない)ので、プランを切り替えて家族割を適用されることもできません。

割引も大事ですが、私としては自分が購入したデータ容量を無駄なく効率よく使い切りたいと思うので、シェアプランというか、SIM複数枚発行というか、そういうサービスを望んでいたのですが、叶いませんでした( ;∀;)

「データ高速プラン」には全く触れられず終いだったので、そのうち廃止になっちゃうかも…とちょっと不安を感じます^^;

UQmobile
家族割をチェックする

新端末追加

国産のAndroidスマホが2機種投入される事が発表されました。

20170601_uq_aquos.jpg

20170601_uq_digno.jpg

2機種それぞれに、UQオリジナルカラーをラインナップしており、キャリアぽいなあ…と感じました^^;

この2機種を加えて、現行ラインナップは12機種との事でした。MVNOとしてはかなり多い方ではないでしょうか。

UQmobile
端末ラインナップを見る

その他のサービス

従来のサービスを拡大・拡充が発表されていました。

UQあんしんパック

従来からの「UQあんしんサポート」に、新たに「クラウドバックアップ」と「SNSセキュリティ」を加えて「UQあんしんパック」にリニューアルされました。

20170601_uq_anshin_pack.jpg

「クラウドバックアップ」に関する野坂社長の説明「端末を変更した際のデータ移行がスムーズになる」には苦笑してしまいました。

UQ内で端末が購入できないのに、機種変更を前提としたサービスをやるんかぃ!と突っ込みたくなりますが、逆に言うと、これって近い将来の機種変更・端末購入への足がかり・布石になるのかも?なんて期待も持ってしまいますが、果たしてどうでしょうか(≧▽≦)

各サービスの単品料金の合計は1,000円になりますが、パックだと半額の500円と言うのがウリのようです。

家族みまもりパック

位置情報共有サービスである「みまもりサービス」と、SNSの安全利用を助ける「Filii」をセットにして、「家族みまもりパック」として提供されます。

20170601_uq_mimamori_pack.jpg

個別契約だと500円のところ、パック契約だと380円で利用可能です。

ポータルアプリ機能追加

高速⇔低速切り替えや、残量確認のアプリに「データチャージ履歴」と「(ターボの)タイマー機能」が追加になります。

チャージしたデータ量の詳細が分かり、ターボが機能する時間を制限する事ができるようです。

20170601_uq_appli.jpg

6/20からの実効になるとの事です。

UQmobile
お勧めポイントをチェック

2017夏UQ発表会 まとめ

前述の通り、発表内容は満足できるものではありませんでした^^;

私が今現在ユーザーとして感じている不満や不便を解消するものはなく、大きな問題を先送りにしただけ…という印象が強かったです。

ただ1点、注目したいのは、野坂社長のサービス紹介の言葉の中でも、「質疑応答」の中でも、「(UQmobileは)速度はきちんと出す」「(ユーザーを遅い速度で)イライラさせない」と明言していた事です。

前回「秋冬発表会」でも、「UQは速度にこだわってゆきたい」 と述べる等、通信速度には非常にこだわりがあるようで、その点に関してだけは、今後も心配いらなそうだ…と安心した次第です。

「質疑応答」では、他社MVNOからの不満もあるようだが…という質問者の言葉に対し、他社には一切触れずに、ただ「ウチとしては速度に頑張ってゆきたい」と述べた事に、私的には並々ならぬ自信が窺えたと思いました。

機種変更・端末購入をはじめ、重要な事案の改善・施策は全くありませんでしたが、このままで済む訳がないので、次回、「秋冬」に期待かなあ…、ギリギリまで引っ張るなあ…という印象でした。

UQmobile公式サイト

今回は、2017/06/01に行われた「2017夏UQ発表会」について、取り急ぎ内容をまとめてみました。

前記事で期待した事の1つも実現しなかったので残念でしたが、それでも基本性能(通信速度)がしっかりとしていて、今回もまた社長自ら速度に関して言及するUQmobileがお勧めMVNOである事は変わりません。

より良いスマホライフを!

発表会の模様はこちら

2017夏UQ発表会

関連記事

コメント

非公開コメント