2017/11/05

LINEモバイルで分割払い購入が可能になった!

待ちに待った…という感じで、LINEモバイルにおいて、待望の「分割支払い」が可能になりましたね。通信やサービスは良いんだけど、端末は一括支払いのみ…という、案外高い壁が取り外されました^^

20171105_line_top.jpg

LINEモバイルは、2016年9月の開業以来、ドコモ回線MVNOとしては比較的通信速度が速いと評判な上、LINEを始めとするSNS通信料が課金されない「カウントフリー」制度など、独自のサービスを提供して人気を博してきました。

筆者も、2回(笑)も契約して実際に利用しましたが、開業当初ほどの通信速度は影を潜めたものの、それでも、MVNEであるOCNの技術力もあってか、使い勝手のよいSIMという印象です。

しかし、数少ないデメリットというか、契約障壁だったのが「端末一括支払い」でした。

===目 次===

1.LINEモバイルの分割払いとは?
2.人気端末の価格をチェック
3.1周年記念キャンペーン
4.LINEモバイル分割購入まとめ

スポンサーリンク

LINEモバイルの分割払いとは?

LINEモバイル公式WEBに、「分割支払い」が可能になる旨と、各端末の分割購入時の月額コストが明示されました。

それによると、LINEモバイルの端末分割購入のルールはこうです。

  1. 分割支払いは24回払いとする
     └24回以外の分割はない
  2. 回線契約終了(解約等)以降も残債の支払い義務がある  └残債の分割払い継続か、一括支払いかを選ぶ事ができる
  3. 端末分割購入の途中での残債一括支払いは11月中旬以降提供される
  4. 端末分割購入の支払方法はクレジットカードのみ
  5. 分割支払いは端末が手元に届いた翌々月から発生する

という事で、分割購入での特殊なルールはなさそうですが、1点気になる事があります。

それは、一括支払い時と、分割購入時の総支払額が異なる点です。

例えば、「ZenFone™ 4 Selfie Pro」の場合の一括支払い額は「43,800円(税込時47,304円)」ですが、分割購入時の支払い額は2,040円/月で総支払額は48,960円になります。

注釈には「端末によっては24回目の最終支払いの金額が1~23回目と異なる場合がございます」との記載がありますが、この端末の詳細ページには、最終回の支払額が異なる旨の記述は見当たりませんでしたので、24回全てで2,040円なのだろうと理解するしかありません。

そうすると、48,960円-47,304円=1,656円の差額は何?という事になりますが、金利?としか考えられませんよね。

もしかすると、LINEモバイルも楽天モバイル方式で、クレジットカードの分割購入を利用しているのかもしれませんが、そうだとすると金利はもっと大きな額になるはずなので、この差額はちょっと謎です^^;

やはり最終回に同額に調整するのでしょうかねえ。

LINEモバイル公式サイト

人気端末の価格をチェック

分割払いが可能になったという事で、人気端末の実質的な支払額をチェックしてみましょう。

ZenFone™ 4 Selfie Pro(ASUS)

ASUSのAndroidスマホです。

主なスペックは、

  • OS…Android7.1.1
  • CPU…Qualcomm® Snapdragon™ 625(オクタコア)
  • ROM:64GB
  • RAM:4GB
  • 液晶…5.5インチ
  • メインカメラ…1,600万画素
  • バッテリー…3,000mAh

5.5インチのスマホって、私は持ったことがないのですが、相当に大きそうですね^^;

この「ZenFone™ 4 Selfie Pro」をLINEモバイルで一括購入した場合の支払額は「47,304円(税込)」、分割購入時の支払額は2,040円/月、総額48,960円となります。

最も一般的な「LINEコミュニケーションプラン3GB+音声」で利用する場合の支払額は以下の通りとなります。

初期費用 3,400円+税 3,672円
プラン月額
3GB+音声
1,690+税 1,825円
端末代金 2,040円(税込) 2,040円
月額合計 3,730+税 3,865円
2年総額 89,520円+税 92,760円

P10(HUAWEI)

MVNO各社で発売されて人気を博している「HUAWEI P10」もLINEモバイルで分割購入が可能になりました。

HUAWEI P10のスペックは…

  • OS…Android7.0
  • CPU…HUAWEI Kirin 960 オクタコア
  • ROM:64GB
  • RAM:4GB
  • 液晶…5.1インチ
  • メインカメラ…1200万画素
  • バッテリー…3,200mAh

Leicaダブルレンズカメラが気になりますね。写真をよく撮る方にお勧めの1台です。

一括購入時の価格は66,744円(税込)とかなり高額となっており、iPhoneに迫る中華スマホとは思えない価格設定となっています。

「LINEコミュニケーションプラン3GB+音声」プランとの組み合わせで2年間利用した場合のコストは以下の通りとなります。

初期費用 3,400円+税
プラン月額
3GB+音声
1,690+税 1,825円
端末代金 2,890円 2,890円
月額合計 4,580+税 4,715円
2年総額 109,920円+税 113,160円

MediaPad T3(HUAWEI)

LINEモバイルではタブレットも分割購入可能で、こちらはHuaweiの8インチタブレットです。

8インチという液晶サイズは、あまり大きいとは言えませんが、持ち運びも考えるとバランスの良いサイズ感です。

MediaPad T3の一括購入価格は「21,578円(税込)」と、2万円そこそこでタブレットが購入できるのは嬉しいですね。

タブレットなので通話機能は必要ないという事で、「LINEフリープラン1GB」プランとの組み合わせで2年間利用した場合のコストをシミュレーションしてみました。

初期費用 3,400円+税
プラン月額
3GB+音声
500+税 540円
端末代金 940円 940円
月額合計 1,440円+税 1,480円
2年総額 34,560円+税 35,520円

LINEモバイル公式サイト

スポンサーリンク

1周年記念キャンペーン

現在(2017/11月)、LINEモバイルでは「1周年記念選べるキャンペーン」を実施しています。

これは、この夏に実施していた「選べる! 夏のトリプルキャンペーン」のリニューアル&期間延長版で、新規契約/MNP転入ユーザーで「通話SIM」契約者向けのキャンペーンとなっています。

で、何が選べるのかというと、こちら↓

  1. LINE STOREコース

    こちらのコースは、契約するプランごとにオンラインストアで使える「クレジット」が貰えるコースです。

    LINEフリープランなら1,500クレジット、コミュニケーションプランと、MUSIC+プランの場合には4,000クレジットが付与されます。

    付与されたクレジットの有効期限はなく、好きな時に利用する事ができます。

  2. LINEポイントコース

    こちらのコースは、AmazonギフトやLINE Payに交換できる「LINEポイント」が貰えるコースです。

    LINEフリープランなら1,000P、コミュニケーションプランと、MUSIC+プランの場合には2,000クレジットが付与されます。

    付与されたポイントの有効期限はありませんが、半年以上、新規のLINEポイント取得がないと失効してしまうので注意が必要です。

すでにLINEモバイルを利用している既存ユーザーは対象外で残念ですが、

「分割購入できるならLINEモバイルにしようかな」

というユーザーには絶好のキャンペーンとなっています。

LINEモバイル分割購入まとめ

実は、「2回線目の契約時の登録事務手数料」に関する改善が地味に行われ、通話SIMを追加契約する場合には、初期費用の3,000円+税が不要になる等、コツコツとサービス改善を続けているLINEモバイル。

開業当初ほどの驚くような快速ぶりではなくなってしまったものの、通信の安定性や混雑時間帯からの速度普及が早いなどの美点が多く、また、LINEやFacebook/Twitter/instagram等のSNS通信料がカウントされない等のメリットで、未だに高い人気を得ているLINEモバイルに、ついに待望の端末分割購入が可能になった…というニュースをチェックしてみました。

もしラインナップに欲しい端末が見つかったら、分割購入を利用して月額コストを抑えて格安SIMライフを開始できそうですね。

LINEモバイル公式サイト

スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント