2017/11/11

iPhone5s バッテリー交換!iPhone5sは現役復帰できたのか?

Softbak版のiPhone5sのバッテリーが瀕死です^^;Amazonの汎用バッテリーを購入して、自力で交換してみました。果たして、iPhone5sは復活できたんでしょうか!?

20171111_5s_battry001.jpg

iPhone5sも発売から4年、そろそろバッテリーがお亡くなりになっても無理もない時期になってきました。

私のiPhone5sもかなり劣化しています。

バッテリー消耗レベルが58%という事は、42%の容量しかないという事なので、現時点のバッテリーでは満充電しても650mAh程度しかない事になります。

4年経つと、半分以下なんですね^^;

また、バッテリー劣化の影響なのか、そうでないのか分かりませんが、時々、液晶の操作(特にスワイプ)が無反応な事があり、電源を落とせない事があります。

そんなiPhone5sのバッテリー交換にチャレンジしてみました。

スポンサーリンク

事前にiPhone5s用の交換バッテリーを購入しておきました。

今回選んだのは、「DIGIFORCE(デジフォース)」という処の工具付き交換バッテリーです。

届いたバッテリーはちゃんと箱入り^^ セット内容はこんな感じです。

20171111_5s_battry002b.jpg 20171111_5s_battry003b.jpg

ドライバーが2種類、ピンセットやヘラ、両面テープなどがセットされていました。

まずは、裏ブタを外すところから開始しました。

20171111_5s_battry004b.jpg

と文字で書けば簡単ですが、これがなかなか外れない^^;

中身がどうなっているのか分からないので、無暗に力任せに引っぺがして、断線とかさせてしまっては元も子もありませんので、自ずと慎重になります。

なんとか、爪を入れるだけの隙間ができたので、後は、爪をスライドさせていけば簡単でした。

最初の隙間を作るのに四苦八苦…でした^^;

裏ブタが剥がれたら、繋がっている配線が切れないよう注意しつつ、ホームボタンのTouchIDの配線を外します(緑○)。

20171111_5s_battry005c.jpg

写真の上側の部分を支点に、下側がカチッとはまっている構造なので、下側を起こすような感じで外します。

次に裏蓋を起こして、スマホ上部右手にある(緑○)部分のネジ4本を外します。

20171111_5s_battry006.jpg

裏ブタを外したドライバーとは先が異なるので、交換しましす。またこの4本のネジは、全部、太さ長さが異なるので、どれがどこだったか分かるように保管する必要があります。

また、4本のうち1本(赤○)は磁石になっておらず、ドライバーの先にくっつかないので紛失や機体内に落とさないよう注意が必要です。

ネジを取り、金属パネルを外し、コネクタを(3つが重なっているので慎重に)獲ると裏蓋が本体から離れます。

20171111_5s_battry007.jpg

次に本体中央部にあるバッテリーのコネクタを外します。

20171111_5s_battry008.jpg

外れたら、いよいよ最難関のバッテリー剥がしです^^;

20171111_5s_battry009b.jpg

まずは、両面テープの端っこが↑の部分に、本体下側に折りたたまれているので、それをピンセットで引っ張り出します。

でその端っこを真ん中で切って(切れ込みを入れる)、全力で引っ張ります。

要は、両面テープを力づくで引っ張って、本体とバッテリーの間から抜き取ってしまおう…という意図です。

初めバッテリーの短い辺の部分から引っ張り始め、赤矢印のように徐々にバッテリーの長い辺の方に寄せてゆきますが、私の場合、両面テープを抜ききる前に切れてしまいました。

そうなると、もう何かを差し込んで力づくで剥がすしかなく、しっかりくっついているので、金属製のものを差し込んで剥がすしかないんですが、バッテリーが変形するので、非常に怖かったです(≧▽≦)

結局、バッテリーに付属の工具では間に合わず、厚みのあるペーパーナイフを使って、ようやくバッテリーを剥がす事ができました。

20171111_5s_battry010.jpg

こんな風に変形しちゃいました。怖すぎます^^;

作業開始から30分程度ですかね、バッテリーが綺麗になくなりました。

20171111_5s_battry011.jpg

スポンサーリンク

新しいバッテリーに付属の両面テープを慎重に貼ります。

私の場合、何も考えずに剥がしたので、一部がテープどうしでくっついてしまいました。慎重に、慎重に。

新しいバッテリーを所定の位置に貼り付けたら、分解と逆の順番でコネクタを指し、ねじ止めをして元の状態に戻します。

20171111_5s_battry012.jpg

バッテリー下部の両面テープの端が真っすぐではありません。失敗の証拠です^^;

見た目綺麗ではありませんが、まあ固定はできたので「よし」とします。

テープの端を外側に向けて二つ折りにして、バッテリーと本体の隙間に押し込んでバッテリー装着完了です。

ちなみに、本体上部の3つのコネクタは、液晶の表示に関わるものらしく、組み上げて電源を入れた際に、液晶に黒や白のストライプが出たら、このコネクタのどれかがちゃんと刺さっていないんだそうですので、元に戻って確認~やり直しです。

私も、バッテリー装着完了時点(裏ブタを戻す前)に電源を入れてみた処、白い縦線が出たので、コネクタを確認。

3つのコネクタのうち、一番下がちゃんと刺さっていませんでした。

刺し直した処、綺麗に表示できるようになりました。

最後に、TouchiISのコネクタを接続、止める金具を元に戻し、裏ブタを着けてねじ止めすれば交換作業終了です。

いや~~、思ったより面倒だし、力やコツも必要な作業でした。

でも、これを見ると、やってよかったと思います。

20171111_5s_battry010b.jpg

新旧バッテリーを比較すると、旧バッテリーの膨張がよくわかります。

まだ本体からフタを押し上げてしまう程ではありませんでしたが、このままなら、近々そうなっていたかもしれません。

そして、バッテリーの状態を確認すると、

20171111_5s_battry013.jpg 20171111_5s_battry014.jpg

劣化なしの「完璧」表示になりました(*^▽^*)

容量も、最大量1,550mAhを保持しています。

現在、交換から2日、経過していますが、バッテリーの異常や動作の不具合も発生していません。

なんとかうまくいったようです^^

冒頭に書いた、スワイプの動作不良も今のところ出ていません^^

バッテリー交換と関係あるのかないのか、分かりませんが、結果オーライです(笑)。

また経過観察して、何かあれば追記します。

この5sはSoftbank端末で、SIMロック解除できませんので、バッテリーが復活した事なので、「b-mobileS 990ジャストフィットSIM」に乗換えて、この5sを使おうかな…なんて思います(笑)。

やっぱりiPhoneは小さくないと…と、改めて思います。

b-mobileS 990ジャストフィットSIM

今回は、手持ちのバッテリーが劣化したiPhone5sのバッテリー交換をやってみました。

見事に復活してくれて、かなり嬉しいです(*´▽`*)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント

Re: No title

ご訪問&コメントありがとうございます。

> バッテリー診断のアプリは何をお使いですか?

AppStoreからDLした無料アプリです。
何かありますでしょうか?

No title

バッテリー診断のアプリは何をお使いですか?