2017/11/30

NUROモバイル~ついにエクスぺリア発売!専用帯域オプションも!

NUROモバイルはSONY系の通信会社「So-net(ソネット)」が運営する格安SIM(MVNO)ですが、これまでは、不思議な事にソニーグループの看板スマホである「エクスペリア(Experia)」をラインナップしていませんでした。

20171130_expe310.jpg

ごく一般的に考えて、同じ系列グループ会社が製造するスマホを、同じ系列の通信会社が取り扱わない…というのは、少々違和感がありますが、実は、SONY系のMVNO「NUROモバイル」は、SONYコミュニケーションズ製の「エクスペリア」をラインナップしてきませんでした。

不思議だなあ…と思っていたのですが、このたび、晴れてエクスペリアをラインナップする事となりました。

しかも、さすがSONYと言うべきか、単純に端末をラインナップするだけでなく、選べる機種は最高峰のトップグレードで限定13,000台、さらに、エクスペリア購入者だけが利用できる「専用帯域」まで新設して、いざ扱うとなれば、相当な力の入れようが見て取れます。

今回は、そんなNurOモバイルの「エクスペリア」についてチェックしてみたいと思います。

===目 次===

1.XperiaXZプレミアム
2.UQmobile iPhone6sと比較
3.エクスペリア専用帯域とは
4.料金プランをチェック
 ├リーズナブルプラン
 ├ベーシックプラン
 └ベーシックPlusプラン
5.XperiaXZプレミアムまとめ

スポンサーリンク

エクスペリアXZプレミアム

20171130_nuro_xperia.jpg

ついに登場したエクスペリア・ブランドのスマホ「エクスペリアXZプレミアム」。

その特徴をざっと並べてみると…

  • 鏡面仕上げのプレミアムボディ
  • 4K HDR対応505インチ液晶
  • Motion Eye™カメラシステム
     スーパースロー撮影他
  • 3D撮影
  • 長寿命・長持ちバッテリー
     STAMINAモード搭載
  • ハイレゾ音源再生
  • 高速CPU&4GBRAM
  • ストレージ・内蔵メモリ自動最適化
  • IPX5/8防水機能
  • 指紋認証

ざっと挙げただけでも、これだけの機能を有するスペシャルなエクスペリアが、スマホ本体価格99,800円(税別)で販売されます。

これだけの高額端末となると、さすがに24回分割では4,000円/月超になってしまうため、分割払いは36回が想定されており、初回5,819円(税別)+2回以降2,685円(税別)x35の支払額で購入する事ができます。

これに通信回線や通話機能、オプションの選択で料金が決まります。

セットする回線がデータ専用の場合はそのままですが、通話機能付きの回線をセットで契約した場合には、初年1,105円/2~3年目105円が月額利用料から割引になります。

この辺りの料金設定は、Y!MobileやUQmobileなどのサブブランド系の初年-1,000円と似ている感じがします。

UQmobile iPhone6sと料金比較

最新鋭の国産モデルであるエクスペリアXZプレミアムと、2年落ちのiPhone6sの価格を比較するのも無意味な気もしますが、実際のユーザーにおいては、同じ俎上に挙げて悩む場面があるかもしれません。

以下は、UQmobileでiPhone6sを購入した場合と、NUROモバイルでXperiaXZプレミアムを購入した場合の総支払額・月額平均額の比較表です。

UQmobile
iPhone6s
128GB
NUROモバイル
XperiaXZ
Premium
本体価格 72,684円 107,784円
分割初月 2,052円 6,284円
2回以降 1,944円
(23回)
2,899円
(35回)
6GBプラン+通話 3,218円x12
4,298x12
1,620円x36
かけ放題 込み 864円x36
割引額 -1,080円x24 -1,193円x12
-113円x24
総支払額 136,956円 180,145円
月額平均 5,706円/月 5,004円/月
※価格は全て税込みです

端末価格の差が3,5000円程あり、支払期間もNUROの方が1年多いので、総支払額いではNUROの方が43,000円ほど多くなっていますが、1か月の平均支払額に換算すると、料金プランが安いこともあり、NUROモバイルの方が700円ほど安い支払額となりました。

このシミュレーションには、エクスおエリア専用帯域の利用量は含めていませんので、専用帯域を利用すれば2,160円/月だけ上乗せになってしまいますが、最新鋭のトップエンド機を6GBデータで運用し、月額5000円で利用できるのはリーズナブルと言えるのかもしれません。

NUROmobile XperiaXZ Premium を見る

エクスペリア専用帯域とは

エクスペリア専用帯域とは、NUROモバイルで「XperiaXZプレミアム」を購入して回線契約したユーザーだけが利用できる専用帯域で、月額2,000円のオプションとなっています。

20171130_nuro_taiiki.jpg

帯域とは、通信で利用できる回線の領域の事で、「エクスペリア専用帯域」の場合、他のユーザーが利用する一般回線(帯域)と異なる回線(帯域)が提供されるという意味で、簡単な言えば、混雑する一般向け通路とは別の「VIP用通路」が用意されている…といった理解で良いと思います^^

当然、「エクスペリア専用帯域」を利用する事で、より高速通信が可能になりますが、加えて、「アゲ放題」という事で、画像や動画のアップロードが高速通信データ量にカウントされないので、スマホで撮った写真をその場でSNS等にどんどんアップしても料金がかかりません(データ量にカウントされない)。

「XperiaXZプレミアム」では、スーパースロー動画が撮影できますが、こうした大ファイルの画像・動画をアップする際に、データを食わない…という訳です。

いわゆるカウントフリーを採用する通信会社は様々ありますが、私が知る限りでは「アップロード」に焦点を当てたカウントフリーは初めてではないかと思いますが、写真撮影にこだわるエクスペリアならではの施策なのかもしれません。

ただし、契約したデータ量を下り通信で使い切ってしまうと、「アゲ放題」も機能しなくなるので注意が必要です。

NUROmobile XperiaXZ Premium を見る

料金プランをチェック

「XperiaXZプレミアム」で利用できる料金プランは主なもので3タイプ用意されています。

全てのプラン共通で、XperiaXZプレミアムの36回分割払い(初回:5,819円/以降2,685円)が含まれます。

リーズナブルプラン

「プレミアム帯域」や「かけ放題」などのオプションを利用しない2GBのリーズナブルなプランです。

20171130_nuro_plan01.jpg

ベーシックプラン

「プレミアム帯域」や「かけ放題」を利用するベーシックなプランです。

20171130_nuro_plan02.jpg

ベーシックPlusプラン

「プレミアム帯域」や「かけ放題」に加え、「端末補償」を加えたベーシックプランです。

高額な「XperiaXZプレミアム」には必要なオプションかもしれません。

20171130_nuro_plan03.jpg

この他、「データ前借り」「繰越し」「ギフト」などの便利サービスは通常プラン同様に利用できますし、10円/30秒で通話できる「NUROモバイルでんわ(プレフィックス電話)」も無料で利用可能です。

もちろん、データ容量を最大10GBまで増やすことができますし、「かけ放題」だけを契約して、「専用帯域」は契約しないなど、プランは自由に組み替えられます。ただし「時間プラン」はチョイスできません。

「プレミアム帯域」「かけ放題」のオプション料金は月額2,800円ですが、セットオプション割引制度があり、初年1,800円/翌年800円の2年間の割引が適用されますので、割安に利用できます。

また、SIMと「XperiaXZプレミアム」のセット契約で、ソニーストアのお買物券1,000円分が貰えるキャンペーンも実施中です。

NUROmobile XperiaXZ Premium を見る

NUROモバイルに乗換えるには

新端末「XperiaXZプレミアム」が欲しい!と思った方も少なくなかったと思いますので、乗換え(MNP)の方法等を簡単におさらいしておきましょう。

乗換えの準備

乗換えの時期

まずは、更新月や最低利用期間の終了月を確認します。

大手キャリアからの乗換えの場合には、料金差が大きいので更新月まで3カ月以上あるなら乗り換えた方がお得…と言われます。

例え、違約金9,500円を取られても、更新月まで高い料金を支払い続けるよりコスト的にお得な場合が多いのです。

逆に、すでに格安SIM(MVNO)を利用している場合には、料金差がないので違約金分を埋める事ができないため、最低利用期間満了まで待った方が良いと思います。

用意するもの

  1. 身分証明書
    運転免許証がベストです。健康保険証で有効期限の記載のない場合は補助書類が必要な場合があります。
    正しく名前や現住所が記載されているか確認しておきます。

  2. クレジットカード
    NUROモバイルは口座振替に対応していませんので、本人名義のクレジットカードが必要です。
    実質家族が支払う場合には、「家族カード」等の用意が必要です。

  3. MNP転出 予約番号
    現在利用中の通信会社から乗換えに必要な「予約番号」を発行して貰う必要があります。
    「予約番号」の有効期限は2週間ですが、NUROモバイルは10日以上の有効期限が必要ですので、他の準備が全て終わってから発行して貰うようにしましょう(ただし再発行は可能です)。

契約内容の決定~申込み

今回は「XperiaXZプレミアム」とプランの組合せでの申し込みですが、他の端末・プランでも同じで、購入したい端末を選び、自分の利用に合ったプランをチョイスしておきます。

端末代金の支払いは「一括」か「分割」か、かけ放題等のオプションを付けるかどうか…等も検討しておき、NUROモバイルの申込みページから申込みを行います(ページ右上に「お申込み」というリンクがあります)。

申し込む時点で、MNP予約番号の有効期限が、10日以上なければいけません。

SIM/端末の到着~切替え

回線切換え

NUROモバイルの場合は、ユーザーが自分で回線切換えを行う必要はありません。SIM/端末到着時点で切替が完了しています。

APN設定

電源がOFFの状態でSIMを装着し、電源ON→WiFi接続後、APN設定を行います。

iPhoneの場合はWiFiに接続し、専用URLからプロファイルをDL→インストールします。
前に使っていたプロファイルがある場合は先に削除してから、NUROモバイルのプロファイルをDLします。

Androidの場合は、SIMを装着したらWiFiがOFFの状態で、「設定」→「もっと見る」→「モバイルネットワーク」→「アクセスポイント名」から設定します。
一覧に「Sony NetworkCommunications」を見つけて選択すればOKです。
一覧が表示されない場合は手動で設定します。「+」から設定します。

・名前:任意(NUROやSo-netなど)
・APN:so-net.jp(すべて小文字)
・ユーザー名:nuro(小文字、自分の事ではありません)
・パスワード:nuro(小文字)
・認証タイプ:CHAPを選択

以上を保存すると一覧に「so-net」が現れるので、チェックを入れてAPN設定完了です。

電波の受信状態を確認して設定完了です。

XperiaXZプレミアムまとめ

過去に1度だけ、Sony製スマホを取り扱ったのは「Xperia J1 Compact」でしたが、久々にエクスペリアがラインナップに復活しましたが、今回の端末は最上位モデルが採用されました。

最近のNUROモバイルは、「時間プラン」「深夜割」などの斬新なプランをリリースしたり、パケットの「前借り」など他社にないサービスを提供、さらには、9月に実施した改善増強以降、通信速度もまずまずの速さを維持しており、お勧め度はアップしている中での今回のプレミアム端末の投入は、さらにNUROモバイルの魅力を高めているように感じました。

端末価格は高額ですが、それだけの価格の内容を持っている端末だと思いますし、金利負担なしに分割購入できるのもMVNOのメリットの1つだと思いますので、Xperiaファンにはお勧めかと思います。

NUROmobile XperiaXZ Premium を見る


スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント