2017/12/05

UQmobile→b-mobileS乗換え~990ジャストフィットSIMの使い勝手は?

昨年6月から1年半に渡って利用してきたUQmobileから、b-mobileSに乗り換えました。契約したのは、11月から新たに登場した「b-mobileSジャストフィットSIM」です。乗換え手順や通信速度、使い勝手等レポートします。

20171204_justfit_top.jpg

乗換え理由は「使ってみたかったから」です(笑)。

MNP予約番号取得の際に、UQのサポートのアンケートでも答えましたが、UQmobileには全く不満はありません。

私が契約していたのは、UQのメインプランとも言うべき「おしゃべり・ぴったりプラン」ではなく、何も特典が付かないシンプルな「データ高速+音声通話プラン」でしたが、不満がないどころか、非常に満足度は高くUQの事だけ考えれば、全く乗り換える理由はありません。

ですから、今でも私の一押しMVNOは「UQmobile」です。

じゃあ何故?

って事なんですが、理由は2つです。

理由その1

3GB容量を使い切れず勿体ない。通信速度を犠牲にせずに、もう少し小さな容量で安い料金のプランを探していたら、「990ジャストフィット」が発売された…って事です。

私が毎月使用するパケット量は、ほとんどの場合1~2GB程度で、たまに3GB使い切ることはあっても、前々月の繰り越し分を使い切らずに月を超すので、毎月の月初は倍量の6GBスタートが続いていましたので、1,680円の料金でも無駄を感じていました。

理由その2

私の事務所がauの電波があまり芳しくないんです。通信は窓際で3本、デスク周りで2本立つので何とか実用にはなりますし、WiFi環境なので、事務所ではモバイル通信はほぼ使いません。

しかし、通話がダメなんです。

同じ基地局でも、通信と通話は別らしく、通話は着信と同時に圏外か、アンテナ1本になってしまい、大抵の場合、切れてしまうんです。

元々、通話が多くない人ですので大した問題ではなかったのですが、新たな仕事を受ける事になり、電話の頻度が上がってしまい従来のように「通話はいいや」とはゆかなくなってきました。

といったような、「まあ何とかなるんだけど、改善できるならできた方がいいかな」程度の、あまり重要度は高くない理由しかありませんでしたが、そんな時に「990ジャストフィット」が登場した事で、従量制料金で1~2GB利用ならUQより若干安くなる事や、私の事務所はSoftbankが最も感度が良いことなどもあり、「使ってみたい」という個人的な興味もあって乗換えを実行してみた次第です。

今回は、新たにメイン(通話)回線を移した「b-mobileSジャストフィットSIM」についてレポートします。

===目 次===

1.事前準備と予約番号取得
2.b-mobileSに申込み
3.APN設定と回線切換え
4.b-mobileSの通信速度
5.990ジャストフィットSIMまとめ

スポンサーリンク

事前準備と予約番号取得

乗換えに当たって、事前準備が必要です。

身分証明書の準備

今年の夏に免許証の更新があったので、iPhoneに保存してある画像は無効ですので、新たに撮影し直しました。

氏名・住所・生年月日などの記載が切れないよう全てを画面内に収めるように撮影します。

ピンボケにも注意し、表裏両面(裏面に記載がなくても)を撮影しておきます。

身分証明書詳細

クレジットカードの準備

毎月の料金を決済するクレジットカードを用意します。有効期限内かどうか確認しておきます。

b-mobileでは口座振替は利用できません。

メールアドレス・WiFiの準備

私はMVNO→MVNOの乗換えなので、メールアドレスはすでにキャリアメールではないのでそのままで大丈夫ですが、大手キャリアから乗り換える場合には、キャリアメール以外のアドレス(GmailやYahoo!メール等)を用意しておく必要があります。

また、SIMの開通のための設定で通信環境が必要となりますので、WiFi環境を用意します。

MNP予約番号の取得

ここまでの準備を終えてから「予約番号」の発行を申し込みます。

「予約番号」には15日間の有効期限があり、乗換え先のMVNOでは1週間~10日ほどの有効期限残を求めているのが普通ですので、準備が整わない間の予約番号発行は、有効期限が足りずやり直しになる可能性があります。

メールでも知らされますが、電話口で案内された予約番号もしっかりメモしておくようにします。

b-mobileSに申込み

「b-mobileS」の申込みWEBから書式に従って必要事項を入力し、申込みを行います。

「身分証明書(スマホ撮影画像)・クレジットカード・MNP予約番号を傍らに用意してから入力します。

もし、Amazon/楽天市場/Yahoo!ショッピング等で、ギフト券やポイントをお持ちの場合には、事前にパッケージを購入しておくと、契約事務手数料がかかりません(私はAmazonで購入しておきました)。

個人情報や支払情報など必要事項の入力後、身分証明書のアップロードをして、申込みは完了です。

あとは、日本通信からSIMが送られてくるのを待ちます。

b-mobileS 990ジャストフィットSIM

スポンサーリンク

APN設定と回線切換え

日本通信から送られてきた設定の解説を読みながら進めれば難しい事はありません。

まずは、SIMをまだ装着しない状態で、マイページ(※)にアクセスし、回線の切換え操作を行います。

※マイページは、最初にb-mobileIDを作成した際に案内されます。

回線切換えが済み、少し待っていると「回線切換え完了」のメールが届くので、iPhoneの電源を一旦切り、SIMを装着します。

その状態で電源を入れると、SMS(電話番号宛のメッセージ)が届くので、再度電源を切る→入れるを繰り返し、自局電話番号が表示されるかを確認します。

その後、説明書に記載の「プロファイル」をインストールし、4G通信が確立したら設定完了となります。

私の場合は、3Gのままで4Gにならなかったので、一旦機内モードにしたところ、4Gでの通信が可能になりました。

切替えに要する時間は、説明書では0:00~11:00の申込みは12:00ぐらいまで、11:00以降の申込みは、切り替え手続きから約1時間…との事でしたが、20分ほどで切り替え完了のメールが届きました。

必ずしも…ですが、思っていたより早めに切替え完了となりました。

b-mobileS 990ジャストフィットSIM

b-mobileSの通信速度

通信が確立したところで、早速、ご挨拶代わりの速度計測です。

SIM到着は午前中でしたが、あえて昼12時台を待って回線切換えを行いました。

昼12時台の通信速度

切替直後、一発目の計測値。

20171204_justfit_speed_1242.jpg

もっとも混雑し速度低下が起こりやすい時間帯ですが、下り31.67Mbps/上り11.97Mbps出ています。

今や、本家auをも凌ぐ速度を叩き出す事も珍しくないUQmobileと比べると、若干控えめですが、WEBでも動画でもストレスなく閲覧できる快適速度です。

au回線が苦手な上り速度は、完全にb-mobileSの方が凌いでいます。

インスタなどへの画像のアップロードはb-mobileSの方が有利になりそうです。

夕方18時台の通信速度

続いて、通勤通学の時間帯当たる夕方の混雑時簡18時台の計測値です。

20171204_justfit_speed_1818.jpg

夕方でも通信速度は全く問題なく、大ファイルのWEBでも動画でもストレスなく閲覧可能だと思います。

上り速度も上々で、この点ではUQの倍以上の速度を確保できています。

夜間21時台の通信速度

続いて、多くのユーザーが自宅で寛ぎ、動画再生が最も多くなる夜間の時間帯の計測値です。

20171204_justfit_speed_2134.jpg

そんな時間帯でも、逆に速度を上げてきました。

体感上はWEB閲覧時のサクサク感等に現れる数値:PING値も「26ms」と非常に速い数値を計測しています。

ちなみに、こちらは昼12時台のUQmobileの計測値です。

20171204_uq_speed_1220.jpg

同時間帯での比較では、数値上は下り速度で10Mbps近い差があるのですが、実際の体感上ではUQmobileとの速度差は感じられませんでした。

また、この時の上り速度は特別に遅く、普段は5~7Mbps程度は出る事が多いのですが、それでも、b-mobileSと比べると半分程度の速度しか出ておらず、上り速度はau回線は苦手…という事が実測値で見る事ができます。

ただ問題は、b-mobileはSoftbankグループではない(つまり実質サブブランドという立ち位置ではない)ので、従来のau回線MVNO「IIJmio」「mineo」等と同様に、いずれユーザー数が増えてくれば速度低下を起こす可能性がある事です。

ただ一方では、日本通信福田社長が「1GBあたり500円を頂戴することで、お客さまが増えても常に快適で安定したサービス品質を維持できるように設計いたしました」と語っており、ユーザー増加による通信速度の低下は織り込み済みで、他のau回線MVNOよりも高速な状態を維持できる可能性もある事から、今回の乗換えに踏み切ったという裏事情もあります(笑)。

「b-mobileS990ジャストフィットSIM」の最低利用期間は5か月間に設定されていますので、そのぐらいなら「遅くて使えない」という状態にはならないのではないか…という期待です。

関連記事:b-mobileS 990ジャストフィットSIM 登場~速くて安いSIMはこれ?!

990ジャストフィットSIMまとめ

実は、プランのリリース当時にはなかった機能として、11~15GBのデータ量の追加や、ユーザー側で使用するデータ量の上限を設定できる機能などが追加されており、世に出て間もないプランながら、すでに改良も加えられています。

データ量の上限は、マイページから簡単に設定できますが、残念なのは、設定できる最少容量が5GBからである事です。

月間1~2GBしか使う気のない私にとっては、逆に少ない容量で制限がかけられてナンボの機能ではないかと思うので、さらなる改良がされると良いのですけれど。

そんな私個人的な要望は別にして、全体的には、まだ使い始めたばかりで全ての機能・性能を試せたわけではありませんが、第一印象的に言えば、使い始めてスグに分かるような「あ、ここはダメ」といった部分は見当たりません。

というより、速度も充分速くて使いやすいSIMと言う印象です。

今後の速度低下や機能改善、利用上のメリット・デメリットなど、継続してレポートしてみたいと思います。

b-mobileS 990ジャストフィットSIM

スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント