2018/06/14

b-mobileSの切替日を「1日」にするには

初月の料金は無料だったり、日割りだったりと様々ですが多くの格安通信会社は、月初~月末を1か月と定めていますが、b-mobileSをはじめとする日本通信の従量課金プランは、切替えた日が切替日であり、切替日から翌月同日前日までが1か月間となります。

b-mobileSを月初~月末を1か月間にするための、ちょうど良い乗換えタイミングについて書いてみようと思います。

実は、ワタシがUQmobile→b-mobileSに乗り換えたのが12月4日で、毎月4日が切替日になっているんですが、これがちょっと面倒だな…と感じていて、毎月1日から1か月が始まればいいのに…と思っているものですから。。。

従って、いつから1か月が始まっても関係ない…と言う方は、今回の記事は読む必要はありません(笑)。

スポンサーリンク

長年の「慣れ」で、1か月間は月初から始まる意識が残っていて、例えば1GBで収まりそうだけどギリギリ…って容量の場合に、29日とか、30日になると、「ああ、あと1日だな、あと2日で切換えだな」と自然に考えてしまっていて、実は4日まで1週間近くあった…なんて事があるんです。

1GB以内なら990円なのに、うっかり切替日を勘違いして1.1GBで500円上乗せなんて一番腹立たしい課金じゃないですか。

そういう面で考えると、やっぱり1か月はごく普通に月初~月末にしてほしかったなと思います。

まあ、ちょっと珍しいですよね。

偏屈な日本通信(※)らしいと言えば、らしいですが、ちょっと面倒くさい面も否めません。

※あくまで私の勝手なイメージです。Softbankの回線を借りる際にも喧嘩腰でしたし、何かにつけ過激…というイメージがあります(笑)。

でも、実は、切替タイミングから遡って、MNP予約番号を取得する処から計算すれば、案外簡単に1日を切替日にできるんです。

家内の乗換えの際に実線して、家内の契約は1日切替えにできましたので、その辺りをご紹介しようと思います。

まず、MNP時に考えておくべき事は、MNP予約番号には有効期限がある…という事です。

発行から15日間のMNP予約番号の期限までに、乗換え先の通信会社への回線切換えが済ませないとなりません。

一方で、日本通信への申込みの際のMNP有効期限までの日数も制約あって、これは7日間が指定されています。

その7日間に、申込み~SIM発送~到着~切り替え手続きを行って、切り替え手続きが1日でなければならない…という条件です。

ただし、NUROmobileのように、SIMを発送した翌々日には自動的に切り替えが行われる…といった定めはないので、到着したSIMへの切替タイミングは、ある程度の余裕がありますので、タイミングを合わせる事は難しくありません。

切替タイミングは、転出元によって見明に異なります。

20180614_bmobiles_time.jpg

前日の20時以降に切替えを行った場合には翌日に切り替わり、11時~20時の場合には当日中に切り替わります。

スポンサーリンク

これらの条件を網羅した上での、MNP予約番号の発行タイミングは、絶対に2日以降に切替日をズレ込ませたくない場合には、30日月であれば16日、31日月であれば17日にMNP予約番号を発行すれば、嫌でも翌月1日に強制的に切替えが行われます。

ただこの場合、SIMが早めに届いた場合には、最大で5日間ほど旧SIMのまま待たなければなりません。

SIMが届いたら早めに切り替えたいという場合には、私の体験的に言えば、日本通信の営業時間内の申込みであれば、3日前の申込みがギリギリのタイミングではないかと思います。

家内のSIMの申込みの際のSIMの到着は、申込み日の翌々日でしたので、当日夜~翌日日中に切り替えるとすれば、切替日の3か前の申込みとなる訳です。

実際には1日余裕を見て、4日前に申込み、月末の20時過ぎに切替え手続きをし、翌1日の切換えとなりました。

このパターンでのMNP予約番号申込みは、月末4~5日前の取得がギリギリのタイミングとなります。

MNP番号取得 契約申込 SIM到着 切替手続 開通日
30日月 27日 28日 30日 30~翌1日 1日
31日月 28日 29日 31日 31~翌1日 1日

とは言え、ここまでギリギリで行動する必要はないので、1~3日ぐらい余裕を持ちながら進めればよいと思います。

これはあくまで、1日に切り替えられる最終タイミングと考えて頂けばよいかと思います。

MNP予約番号取得前に済ませておく準備も重要です。

  1. MNP予約番号
    有効期限まで7日以上あるもの

  2. 本人名義の有効なクレジットカード
    日本通信は本人名義クレジットカード以外の支払方法はありません。

  3. 本人確認書類
    日本通信が指定する有効な身分証明書を用意しておきます。写真を送信するため、事前に証明書の裏表を撮影しておきます。

  4. メールアドレス
    乗換え後にも使用可能なメールアドレス

  5. 乗換え後に使用する端末
    日本通信は端末のセット販売はありません。手持ち端末を使うか、新たに購入する等で事前の準備が必要です。手持ち端末を利用する場合にはSIMロック解除の可否を確認の上、解除を実行しておきましょう。

  6. WiFi環境
    切り替え手続きはWiFi環境で行います。切り替え手続き自体は旧通信会社のモバイル通信でも可能ですが、切り替え後のAPN設定には必ずWiFi環境が必要です。

    いずれかでも足りないと手続きが進められなくなります。

    1日開通でギリギリのタイミングで動く場合には、何かあった場合の予備日がありませんので、事前の準備は慎重に厳重に行っておく必要があります。

    うまく、1日開通で切り替えられる事をお祈りしています。

    余談:散々書いてから何ですが、1か月が月初~月末でなくて困る事は、冒頭の「勘違い」ぐらいで、何も実害はありません。特にこだわらなくても全く問題はありませので、念のため…(≧▽≦)

    スポンサーリンク

    関連記事

コメント

非公開コメント