2018/07/14

LINEmobileのお得なキャンペーン!事務手数料無料+2,000ポイント貰える!

通信速度快調なLINEモバイルが、紹介者にも、被紹介者にもお得なキャンペーンを開始しましたので、早速ご紹介します。
キャンペーン内容移行のため追記あり

20180713_linemobile_speed.jpg

いやあ、想像以上ですよ、LINEmobileの通信速度。

こちらの画像は、計測アプリの履歴ですが、速度低下が起こりやすい時間帯ばかりを狙って計測していますが、立派な数値が並んでいます。

Instagramに、計測動画を随時アップしていますが、見て頂くと分かるように、UQmobileやY!mobileと同等の速度が計測されています。

まだユーザー数も少ない事もあるでしょうが、1度でも1Mbpsを割込んだら、ユーザー全員に1GB容量プレゼント!なんて企画をやっていますし、社長自ら「通信速度」に言及する等、この先も速度にはこだわってゆく感じですね。

過去にも、社長が通信速度に言及した事例があります。

UQmobileの「2016年秋冬発表会」において、野坂社長が「UQは速度にこだわってゆきたい」と発言しました。

今でこそ、UQmobileと言えば常時高速安定の通信速度のイメージが強いですが、それまでのUQmobileは、速い時はとてつもなく速いが、ある日突然、タイムアウトになる…といった事が時々あって、非常に不安定でした。

しかし、その社長発言を境に、突然の速度低下や不安定さはピタリと収まり、常に安定した通信速度を維持するようになりました。

私は、社長自ら通信速度に言及するのは、かなり大きなことだと思うので、LINEmobileもちょっとやそっとでは速度低下は起こさないのではないかな~と思っています。

スポンサーリンク

紹介で2,000ポイント貰えるキャンペーン

2018/07/31
以下は、LINEポイント付与が終了しキャンペーン内容が変更になったため、内容を変更しています。

20180731_linemo_campaign00.jpg

そんなLINEmobileが、お得なキャンペーンを実施中です。

その名も「LINEモバイル 紹介キャンペーン」。

既存のLINEモバイルのユーザーから紹介されて回線契約をした場合に、契約時の「事務手数料が(最大)無料」で、さらに全員にLINEポイント2,000Pが貰えて、紹介した方も3,000P貰えるという、かなり太っ腹な内容です。

現在は、LINEポイント付与は終了し、既存ユーザーからの紹介で契約事務手数料が最大無料になる紹介キャンペーンに移行しています。

20180731_linemo_campaign01.jpg

しかし、残念ながら、事務手数料が無料になるのは、通話機能付きのSIMの契約時のみですが、データSIMの場合でも、費用の減額が行われます。

SMS機能付きのデータSIMの場合は、2,500円引きの「500円+税」、データSIMの場合は2,000円引きの「1,000円+税」となります。

スポンサーリンク

紹介コードはこちら

もし、周囲にLINEモバイルをお使いの方が居ない場合は、私の紹介コードをお使いください。

上記の特典が適用されます。

1日1回の発行しかできず、1つの紹介コードにつき、1人の紹介しかできない上、有効期限が24時間という仕組みです。

■紹介URL
https://mobile.line.me/order/beginner/uWnXVuINbgwD4KA4yLH1GyypWn1kaOl3bUtdO9iqU6yGDppy4bySZObc16HdxSwWtf4pIdhAicaVLZvIrxG98XsThFyKch2PUk1n8iSNB0AzMepZ0JezsfhcbvIF7zHy/
(2018年9月20日 23:59まで有効)

紹介URLは↑のみです。本ページ及び、過去記事に掲載のLINEモバイルへのリンクはキャンペーン対象となりませんのでご注意ください。

紹介URLは、日に1人の紹介しかできないため、先にどなたかが利用されている場合は、「有効期限切れ」が表示されるようです。

翌日の午前0時~1時ごろに、翌日分を掲載しますのでお待ち頂ければと思います。

ちなみに、エントリーパッケージを使用した場合には、キャンペーン対象外ですのでご注意ください。

追記2018/07/16

昨日(7/16)から急激に通信速度が低下しています。昼時・夜間で1Mbps割込んでいます。Instagram要チェックです。

追記2018/07/19

7/18夕刻、帯域増強が実施され、通信速度が回復しました。想定以上の申込みがあったためとの事で、今後はこうした事のないようにするとの事です。



こうしてスグに増強できる事は、グループ会社化のメリットと言えるかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

非公開コメント