FC2ブログ

2019/05/01

LINEモバイル au回線速い!ドコモ・Softbank回線と比較してみた

先日、サービスインしたLINEモバイル au回線サービスですが、早速、データSIMを契約してみました。訳あって、今、LINEモバイルの3回線サービスのSIM全てが手元にありますので、同時に速度計測して比べてみました。

20190501_linem_auline_330.jpg

連休中ですが、特に何もなく自宅事務所でウダウダしております^^

記事執筆の方もそこそこ進めつつ、とは言え、IT関係のニュースも乏しいので数をこなせず…って感じですが、先月末に、LINEモバイルのau回線のデータSIMを契約しまして、なんと、手元にドコモ・au・Softbankの3回線のSIMが全てある…という、なかなかあり得ない状況になっております。

たまたまの巡りあわせで揃ったSIMを、何で比べずに置くものか…と言う訳で、3SIM同時の計測を2日間実施してみましたので、レポートしますね。

計測方法は至ってシンプルです。

朝昼夕の混雑時間帯を狙って、3回線同時に「Ookla」のアプリで計測しました。

残念ながら、同じ端末は持っていないので、計測端末はバラバラです。

ドコモ回線:Zengone 3 Laser
au回線:iPhone7
Softbank回線:iPhone XS
です。

[Sponsored Link]

LINEモバイル Softbank回線の通信速度

まずは、メイン回線(通話SIM)のSoftbank回線の計測結果がこちら。

20190501_linem_speed_sb.jpg

遅いですねえ…^^;

「MVNO最速」なんて言ってたのはどこのどいつだ?ってぐらい遅いです。

遅いってのは、私の基準で…って事です。

世の中にはもっと遅いSIMはざらにありますが、何番目に速いとか、相対評価しても無意味ですので、絶対値として、欲しい速度が出ているか…と言うと、満足ゆく速度ではないです。

時刻とか、細かな1つ1つの計測値は、後で、3回線一覧にしますのでココでは全体的に見て欲しいんですが、いつ計測しても3Mbps出ないってのは物足りません。

逆に、1度も1Mbpsを割らないって言うのも、1つのメリットだと言えますが、それは最低限の部分であって、UQmobile並みとは言いませんが、出る時には、15~20Mbps程度は出て、サクサクっとネットさせて欲しいものです。

Softbank回線って、今のLINEモバイルにとってもメイン回線ですよね、Softbankの子会社なんですから。

言ってみれば、LINEモバイルの「看板」って事です。

その看板がこんな数値じゃ残念過ぎるんじゃないでしょうか。

LINEモバイル ドコモ回線の通信速度

ドコモ回線の計測結果はこちら。

20190501_linem_speed_dcm.jpg

小細工なしに普通に計測した結果なんですが、4/30→5/1に日付が(というか元号が)変わったら、計測値がまるで違っています。

GW中なので、普段の平日と同じではないと思うので、その辺りは割引いて欲しいのですが、一応、カレンダーでは「赤い日」ではない30日~1日に計測したんですが、それにしても、前日1Mbps割りまくりだったのに、朝になったらいきなり32Mbps…。

お、増強したのか?と思いきや、その後の数値は増強したとは思えない速度で、でも前日よりはかなり速い数値…。

訳分かりませんが、たぶん、NTTコムの方で増強したのでしょう。

LINEモバイルが最初にドコモ回線でサービス開始した当時もSIMを使った事がありましたが、その当時は、ドコモ最速なんて言われてましたが、半年ぐらいで落ちてしまいました。

速度低下はMVNOの宿命みたいな部分はありますが、以前のように、多少増強したぐらいじゃ、目に見える速度改善なんてほとんど感じられません。

端末がロースペックな事もあるのかもしれませんが、最低限の実用性もおぼつかないかなあ…という感じです。

[Sponsored Link]

LINEモバイル au回線の通信速度

いよいよ、お待ちかねのau回線の通信速度の計測結果がこちらです。

20190501_linem_speed_au.jpg

さっすが、新規サービスです。気持ちのよい速度が並んでいます^^

昼時以外は、UQmobile並みと言ってもいいかもしれませんが、端末がiPhone XSなので「ギガビット級LTE」で接続しちゃったケースもあるかもしれないので、その辺りは控えめにみてください。

とは言え、UQは速い時の速度はもっと速いですけどね。100Mbps超えますし。

あ、ちなみに、au回線はMVNEの「So-net」が挟まっています。

長ければ半年ぐらい、早ければあっという間に速度は落ちてしまうかもしれませんが、データSIMで快適に使うなら今がねらい目という感じですかね。

でも、早くも昼時には1桁ですので、落ちるの早いかもしれませんね。

でも、残念ながら回線の切換え、未対応なんですよね。

既存のドコモ回線、Softbank回線ユーザーの切換えができるようになるのは少し先のようです。

何か、体制が整わない内に前倒しでサービスインしてしまったような印象を受けます。なんか、不完全過ぎるんですよね。

①年齢認証(iOS)
②データプレゼント
③日次のデータ利用量の確認
 ※月次では確認できます。
④回線変更
⑤機種変更
⑥即日受け渡し店舗での契約

これだけの事が未対応のままサービスインしてしまうってどうなんでしょうね。

それに、5月1日からルール変更が3つありました。

①初月無料の廃止
  これに伴って、最低利用期間が従来より1か月手前までになった
②LINEポイント付与の廃止
  5/1以降加入のユーザーにはLINEポイントが付与されなくなった。既存ユーザーは継続。
③データSIM、データSIM+SMSの「初期契約解除」が廃止
  「初期契約解除」は通話SIMのみになった。

なので、今回のテストの3回線のSIMが揃ったのも、そういう訳なんです。

つまり、サブで持っていたドコモ回線からau回線に切り替えられれば、3回線揃うことはなかった…って訳です。

20190501_linem_speed_all_b.jpg
※単位は「Mbps」

一覧にして速度を色分けしてみると、分かりやすくなりますね。

桃色:1Mbps未満
橙色:3Mbps未満
水色:10Mbps未満
黄色:20Mbps未満
薄緑:20Mbps以上

今回は、LINEモバイルの3回線の通信速度を同時刻に計測してみましたが如何だったでしょうか。

サービスイン直後のau回線が速いのは当然として、ドコモ回線とSoftbank回線、一覧にしてみるとかなり遅くてガッカリです。

自分的には、最低利用期間が終わったら、b-mobileSに乗り換えようかな…と思っています。

「190 Pad SIM」もありますので、10日過ぎたら再計測してみたいと思います。

ただ家内とLINEモバイルを使っていると、容量の融通が利くのはメリットなんですよね。

7月が最低利用期間満了なので、それまでにどうするか考えようと思います。

[Sponsored Link]

関連記事

コメント

非公開コメント