FC2ブログ

2019/08/20

eSIM、主回線でデータ通信できないエラーが発生していた

eSIMを使い始めて、1か月以上が経過してエラーが発生している事に初めて気づきました。主回線(通話SIM)でのデータ通信が不可である事が判明したんです。

eSIMを使い始めてから1か月になろうか…というタイミングで、実は、私が気づかない処でエラーが発生している事が判明しました。

いやはや、何ともお恥ずかしい…💦

詳しくは以下でレポートいたしますが、やはり、eSIMとMVNOの組合せはまだ時期尚早なのかもしれません。

言っても、まだベータ版ですからね、不具合なんて、あって当たり前です。

正規版が発売される頃には、MVNOとの組み合わせでも問題なく動作するはずですし、3GBや12GBのプランも登場しそうです。

eSIMは8月末で解約、メインSIMは、LINEモバイル→b-mobileS 990ジャストフィットSIMにMNPしようと思っていますので、たぶん、eSIM関連の記事はこれで最後になるのではないかと思いますが、ごく普通に使えているように見えて、実はエラーが発生した事を解約前に報告できてよかったと思います。

[Sponsored Link]

メインSIMでデータ通信できない不具合

20190819_sim_ng_03.jpg 20190819_sim_ng_02.jpg

eSIMを契約以降、こんな設定で利用してきました。

eSIMがデータ専用SIMですので、必然的に音声通話機能を持った普段利用しているSIMが主回線になって、データ通信オンリーのeSIMはデータ通信用になるわけです。

主回線の方の通話SIMの通信速度を計測しなければならなくなって、データ通信に主回線を充ててみて初めて不具合に気づきました。

20190819_sim_ng_05.jpg 20190819_sim_ng_04.jpg

データ通信に主回線を指定してみたところ、通信が確立しないことが判明しました。

20190819_sim_ng_01.jpg

延々、3Gの表示が出続けていますが、データ通信は利用できません。

[Sponsored Link]

通常、データ通信に使用するためにeSIMを契約する訳ですが、今回、主回線の方のデータ通信の速度を計測するというイレギュラーな事がなければ、ずっと気づかないままだったと思います。

あえて情報を隠した訳ではありませんが、たまたま見つけにくい不具合だったため、私自身も今まで気づかなかったことでした。

現時点では、eSIMはまだ「ベータ版」であって、正規サービスになっていませんので、今回見つかった不具合も含め、他にも見えていない不具合やエラーがあってもおかしくないですが、一応、料金を取って提供しているので、MVNOとの組み合わせでの利用については、もう少し強めのコーションを表示しても良いように感じます。

初月は解約できない仕組みのIIJは、初期費用と2か月分の料金で6,000円超のコストがかかる訳ですから、全面的に「ベータだから致し方ない」とは思えないんですよね。

まあ、通常の使い方、つまり、従来の通話SIMで通話、eSIMでデータ通信を使う分には問題なく利用できますし、LINEモバイル以外の音声SIMとの組み合わせは試していないので、あくまで限られた条件内での事ですが、利用を検討されている場合は、そんな事もあると理解した上で利用した方が良いかもしれません。

今回は、気づかなかったeSIMの不具合についてでした。

[Sponsored Link]

関連記事

コメント

非公開コメント