FC2ブログ

2020/09/14

マスク着用時のApple Payは、Watch決済がおすすめだよ

ついに、日本でもApple Watchの心電図機能が医療機器として承認されました。心房細動で救急搬送された経験を持つ身としては、嬉しい限りと言うか、心強く感じるものがあります。そんなApple Watchですが、コロナ禍の下での支払いが楽で助かっています。

* * * * *

コロナのせいで、外出時はほとんど常時マスク着用が当たり前になりました。

元来忘れっぽい自分は、スーパーなどに買い物に行った際に、マスクをし忘れて慌てて車に戻って着用する…って事が結構あるのですが、そんな時のすれ違った方の、射るような視線が怖いです^^;;

例の、ピーチ機が新潟に緊急着陸したそもそもの原因もマスク非着用ですもんね(マスクを着用しないから緊急着陸した訳ではないみたい)。

で、日ごろの生活の中で、マスク着用が大きな影響を受けたのが、スマホのロック解除じゃないでしょうか。

指紋認証から顔認証が主流になって、iPhoneなんて指紋認証機能を落としてしまいましたから、マスク着用のままロック解除するのはちょっと時間と手間がかかります。

Appleの方でiOSを改修してくれて、マスク着用時のパスコード入力画面への切換えが早くなりましたけど、顔にしろ、指紋にしろ、ワンアクションでロック解除できていたものが、ツーアクションになったわけで、いくら早くなってもそれはあくまで「対処」であって、機能改善ではないですもんね。

外出時に、ワンアクションでロック解除できない事に、毎度毎度、ちょっとイラっとしているワタクシです^^;;

[Sponsored Link]

それでも、ロック解除だけならまだ我慢できるのですが、買い物をした際のApple Pay支払いで、また顔認証→ダメならパスコードで…という流れをもう1度経ないと支払えない事で、イライラはピークになってしまいます。

「そんなに大して時間も手間も増える訳じゃないでしょう?」

元来のんきな奥さんはそんな事を言いますが、どうにも納得がゆかないんです。

だって、「顔認証がダメならパスコードで」という動きは、「失敗」の動きじゃないですか。

顔認証に失敗したときの動きなんですよ。

この感じ、わかります?

顔認証に成功して、次のステップでパスコードを入力するオペレーションであれば気にしないのですが、失敗の際の回避行動を毎回させられる事にイライラしている(んじゃないかと自己分析)んです。

つまり、毎度毎度、失敗を繰り返しているって事で、そのストレスが溜まってゆく感じが嫌で堪らないだと思います。

そういうの、ないですか?

レジ前で…ですよ、スマホを取り出し、まずロック解除の際に顔認証に失敗してパスコード入力に回避して、続けて、Apple Payの支払いで、また顔認証に失敗してパスコード入力に回避して…って。

文字にして書いているだけでイライラします(笑)。

[Sponsored Link]

でもね、気づいちゃったんですよ(というか忘れてる方がおかしいですけど)^^

Apple Watchなら顔認証ないって事に。

Apple Watchのサイドボタンをダブルクリックすると、Walletが立ち上がり、その時点でメインカードに設定されているクレジットカードの板面が表示され、そのカードで問題ないなら、読み取り機にWatchを近づければ支払いが完了します。

ダブルクリックした際に、別のカードで支払いたい場合には、右にフリップする事で登録済みのカードが表示され、使いたいカードが表示されている状態で読み取り機に近づければ、任意のカードで支払う事ができます。

この一連の動作の中に「失敗動作」がありません。

なんと気持ちよく支払えるのでしょう^^

この気持ちよさは、少し多めに支払ってもよいぐらいですが、そう思っても、デジタルにはそんな「斟酌」はありませんので、残念ながら気持ちよかった事への「心づけ」はできません。

支払い方法がSuicaならもっと簡単です。

起動させるためのダブルクリックさえ不要で、Watchを読み取り機に近づけさえすれば、支払いが完了します。

駅の改札と一緒ですね。

心電図機能が医療機器として承認されたというニュースは、「やっとか」と思い、心臓に不安を抱える自分としては非常にありがたい承認ですし、心強いモノを感じます。

そもそも、今のSeries 4を購入したのも、心電図機能は使えなくとも心拍数のカウントだけでも…と思ったからです。

我が家は夫婦二人世帯で、自分は自宅事務所での仕事、奥さんは勤め人なので平日のほとんどは、私は一人でいるわけで、何かあってぽっくり逝ってしまった際に帰宅するまで予備知識なく見つけるより、iPhoneの緊急連絡で何かあった事ぐらいは分かって帰宅した方がよいだろう…とか。

よく目にするiPhoneやApple Watchに命を救われたという外国のニュースばりに、私も辛うじて助かる可能性があるといいんですが。

その前に、オートロックを突破できないかも…ですけどね^^;;

今日は、心電図機能が承認された件と、ロック解除+Wallet認証の失敗→パスコードへの回避をしなくて済むApple Watchについて、思いつくまま書いてみました。

では、今日はこの辺で。

[Sponsored Link]

関連記事

コメント

非公開コメント